2021年05月17日

緑・緑の太巻き寿司

東海地方も平年より20日以上も早いまさかの梅雨入り。
想像だにしない梅雨入りに、収穫間近に迫った畑の玉ねぎが目下のところの悩みの種。

日曜日からの長雨が予想される前日土曜日、早朝6時前に畑に行き最低限の夏支度を済ませてきたとは言え、止む気のなさそうな現在の雨空が少々遺憾なのであります。

と、それはさておき。
当日畑の帰り道、早朝7時から営業しております近所のマックスバリュに寄って久しぶりの実店舗でのお買い物。
開店時間とは言え店内はまだ陳列準備中、買い物客もまばらでスタッフ方もどこかのんびりムード、久しぶりに主人と一緒のお買い物はやはり楽しいものです。

レジの方とものんびりポイント情報交換をし、有意義な土曜の早朝でありました。
そして久しぶりの実店舗で食材調達を済ませた割には、代わり映えしない在庫食材に週の始まりからはてと首を傾げるのです。

冴えない食材を前に、今朝は久しぶりに太巻き寿司など拵えてみましたよ。

20210517 00006.png

品揃えには文句なしのイオンネットスーパー。
比較的実店舗と同額に設定されてはいるのだけど、それでもやはり野菜の類は実店舗に軍配が上がるのはそのお得感からでしょうか。

あら、アボカド安い、あら、キウイ安い、そう普段ネットスーパーで注文しているものばかり実店舗でも買っている自分に帰宅後ちょっと笑ってしまいました。

イオンネットスーパーよりぶっちぎりお買い得価格になっていたアボカド、たっぷり使った本日のお昼ご飯は久しぶりの太巻き寿司。

どうせならばちょっと遊んでテーマを決めましょう、と、緑の野菜を冷蔵庫から寄せ集めてグリーン・グリーンな太巻き寿司に。
大葉の緑、アボカドの緑、そしてニンニク醤油に漬け込んだ大葉とパクチーの緑、緑・緑な野菜の太巻き寿司。

20210517 00001.png

いくらテーマが緑だからと言って、大葉とパクチーを合わせるなんてお互いの絶大な存在感が喧嘩するのではないかしら?
そんな不安をあっさり覆す意外なほどの好相性。
パクチーって意外と和食にもイケるのかも、そんな風に思わせてくれるこの組み合わせ。

いつもの欲張り具沢山な太巻き寿司も好きですが、たまにはこんなシンプルな断面も良いものです。

20210517 00007.png

わずかに収穫して参りましたスナップエンドウもそろそろ終盤。
時間差で種を撒いた後輩スナップエンドウも順調に成長しておりましたが、この梅雨入りで、やれやれ今後が懸念させるところであります。

ま、それでも野菜の入手方法は選り取り見取り、予期せぬ梅雨入りもどんと受け入れてしまいましょう。

20210517 00004.png





パクチーがぐっと和食に近づく大葉との組み合わせ。

なんてことはない、葉っぱの部分だけを刻んだパクチー、千切りにした大葉を保存容器に合わせ、ひたひたにお醤油を注いでおろし生姜、おろしにんにくを加えるだけ。

20210517 00008.png

炊き立てご飯に寿司酢(☆彡)を加えて酢飯にし、海苔の上にひろげたら大葉、アボカド、そしてパクチーと大葉の醤油漬けをたっぷりと。

20210517 00002.png

ラップごと切り分けて出来上がり。

20210517 00009.png





il-plants125-thumbnail2.gif





そろそろ現役降板なスナップエンドウ早蒔き組。
僅かではありますが、器量のよいものはさっと下茹でして色合いを活かしたお浸しに。
そうでないものは、揚げ油を使わずオーブントースターで仕上げる簡略版かき揚げ風に。

20210517 00005.png





筋を除いたスナップエンドウ、面取り人参の切れ端、ついでにパクチーの茎部分をビニール袋に合わせ、米粉を全体にまぶしましょう。

片栗粉・極少量のだし汁、同じく少量のマヨネーズ、胡麻油・お塩を合わせて衣にし、米粉をまぶしたスナップエンドウ他をここに加えて絡めましょう。
お魚焼きホイルの上に小ぶりにまとめたら、200℃程度のオーブンで焼きましょう。
うっすら焦げ目がついてきたら温度を上げ、かりっと焼き上げ出来上がり。

20210517 00010.png20210517 00011.png
20210517 00012.png






il-plants125-thumbnail2.gif





大葉パクチー醤油は朝の納豆にも。
月曜日の朝は出来立ての納豆、ホカホカとまだ少し温かみの残る納豆を食べられる特別な日です。

パクチーだけでは納豆すら降参してしまいそうなその風味。
大葉がしっかり緩和してくれて、うん、納豆ともなかなかの好相性です。

畑でぼちぼち群生の兆しのパクチーが、この長雨でぐんとたくましく育ってくれることを期待してしまいます。

20210517 00003.png

グリルパンの扱いにもようやく慣れ、朝の焼き魚がパリッと焼き上がるようになりました。






明日は多少の晴れ間は期待できるとか。
流石に玉ねぎの収穫は無理ですが、クーラー稼働の準備くらい出来ると良いのだけれど。



illust-rainydaybk-thumbnail2.jpg





posted by しんさん at 15:17 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

もっちりそば葛餅、おまけのアーモンドミルク葛餅〜冷やしぜんざい風

今週末は、まるで梅雨の到来を想わせるような雨続きの予報。
そして辛うじてお日さまが透けて見える本日金曜日、風はあるもののその風が湿気を帯び蒸し暑さを感じます。

5月も半ば、まだまだ梅雨には早いと思いつつ、蒸し暑さを覚えると食べたくなるのが『葛餅』
そば粉と合わせて、そば葛餅など拵えてみましたよ。

20210514 00003.png

もっちりとして、それでいてお口に入れるとふわりとひろがる蕎麦の風味。
甘さをぐっと抑えた小豆餡を添え、そば葛餅の冷やしぜんざい風といったところでしょうか。

小豆餡は圧力鍋で、しかも茹でこぼしなしの簡略版も簡略版。
ですが気楽でないと、繰り返し拵える気にもなりませんものね。
本当に美味しい小豆餡や見目麗しい葛餅はプロに任せ、気楽に美味しく栄養無駄なく、これが私の信条です。
20210514 00001.png

そうそう、無駄なくと言えば・・・

昨晩のプロテインに使用したアーモンドミルクが少量残っておりましたので、小豆餡に使用しました。
ついでにジャーの底には、そば粉でなくアーモンドミルクver.の葛餅が潜んでおります。

そば粉の葛餅とアーモンドミルクの葛餅、双方全く異なる食感もまた楽しいのです。

20210514 00002.png





◆材料(作りやすい材料)


 ◆そば粉葛餅
  • そば粉 30g
  • 本葛粉 20g
  • お水 300t
  • 生砂糖 5g
 ◆アーモンドミルク葛餅
  • アーモンドミルク 180cc
  • 本葛粉 18g
  • 生砂糖 5g

 ◆圧力鍋で作る簡略版茹で小豆
  • 乾燥小豆 250g
  • お水 500t強




◆作り方

  1. 先ずは小豆を茹でて小豆餡を拵えます。

    小豆を洗って水を切り、圧力鍋に移しましょう。
    弱火でじっくり、全体がさらりとするまで乾煎りします。

    お水を注ぎ、加圧すること15分。
    今日使わない分はこの段階で冷凍保存しましょう。

    20210514 00009.png20210514 00010.png


    後は適当にアーモンドミルクでのばし、お好み量のお砂糖(今日はココナッツシュガーを使いました)を加えて扱いやすい状態になるまで煮詰めます。

    20210514 00011.png

    仕上げにお塩をひとつまみ。

    20210514 00008.png

  2. そば粉と葛粉を使ったそば葛餅、とにかく混ぜる、1も2もなく混ぜる、が唯一のポイントです。

    お鍋に葛粉とお水を合わせてよく混ぜ、葛粉のかたまりをなくしましょう。
    ここにそば粉を加え、泡だて器でダマにならないようよく混ぜます。
    ダマになりやすいので、泡だて器を使うのがお勧め。

    中〜弱火で絶えず混ぜながら沸騰するまで加熱します。
    混ぜながらしばらく煮たてた後、火からおろして更に艶やかに練り混ぜましょう。

    卵豆腐型をさっとお水にくぐらせて葛生地を流し入れ、ラップを密着させて表面を平らにならします。
    冷蔵庫で冷やしかためると食感に支障がでるので、氷水で冷やします。
    お弁当で持ち歩くことを前提に、私は氷水すら端折って室温で乗り切ってしまいますけどね。

    20210514 00012.png20210514 00013.png


    アーモンドミルクver.も手順は同じ。
    アーモンドミルクと葛粉をよく混ぜ、葛粉のかたまりをなくしてから徐に火にかけぽってりするまで加熱し、その後しっかりと練り混ぜます。

    20210514 00014.png

  3. かたまった葛餅2種を包丁で切り分けましょう。

    20210514 00015.png

    気持ち良いくらいにツルンっと型から離れますよ。

    20210514 00007.png

  4. ジャーの底には、アーモンドミルク葛餅とデーツシロップ。

    20210514 00016.png

    その上に小豆餡をぽってりと盛り、そば葛餅をコロコロと散らしましょう。
    そば葛餅の上にも小豆餡を少々。
    きな粉をふって、クコの実と昨日のビーツピクルス液を有効利用したキャラメルナッツ(☆彡)を添えて出来上がり。

    20210514 00017.png






il-plants5-thumbnail2.gif





先日イオンさんに届けて頂いたレッドキウイ、ゼスプリ・レッド。
バナナと同じ袋に入れて追熟させておりましたが、他のキウイよりひと足早く追熟を果たしたようです。

何はともあれ食べてみたい、そんな逸る好奇心で拵えた本日のお菜、ゼスプリ・レッドとその他在庫野菜のサラダ。

20210514 00005.png




千切りにした人参、薄切り玉ねぎをボールに合わせ、お塩を適量ふってしばらくおきます。

その間に、縦半分に切って種を除いたパプリカをオーブントースターでこんがり焼いておきましょう。
旨味が落ちてしまわないよう、断面を上にして焼きます。

焼き上がったパプリカは果汁もドレッシングの一部に。
勿体ないので皮もむきません。
蒸し大豆やミニトマト、肝心のゼスプリ・レッド等を足し、お酢、生砂糖、黒胡椒等を加えて丁寧に和えれば出来上がり。

20210514 00018.png






il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は鶏粥です。
鶏ささ身の茹で汁で炊いたお粥、週にいちどのペースで食卓に上る我が家の定番です。

そして、イオンさんのイワシも週にいちど。
イオンプライベートブランドのイワシの生姜煮、これがお手頃価格で抜群に美味しい。
常備してある数少ない市販のお惣菜です。

20210514 00006.png

今朝は余裕で時間を熟す予定でおりました。
が、その余裕が故、つい在庫野菜で拵えてしまった作り置き料理。

ピーマンの煮びたし、そして茄子の煮びたし。
別々に加圧して、最後は同じ容器で保存するのだから何か意味はあるのだろうかと疑問を抱きながら。

20210514 00004.png

夏になると途端に食べたくなるピーマン、そして茄子の煮びたし。
加圧はそれぞれ2分、そしてこうして冷蔵庫に入れておけば、どんどん味がなじんで美味しくなる夏のお惣菜。

昨晩は久しぶりにお酒を控えましたからね。
今日は4時半からのスタートでしょうか。

茄子とピーマン、これで主人の食欲にも備えられるハズ。


kit32.gif








posted by しんさん at 14:17 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

ピクルス液の有効利用、全粒粉パウンドケーキ

今朝は、大迫力なパウンドケーキを焼いてみました。
しっかりとバターを使用した、ですが出来るだけお砂糖は控えた全粒粉パウンドケーキを。

20210513 00008.png

全粒粉生地とは言え、アーモンドプードルを多めに加えた生地はしっとりした焼き上がり。
そして生地にはたっぷりのドライフィグ。

実は今朝焼いたこのパウンドケーキ、自家製ビーツを漬け込んだピクルス液の有効利用。
お塩をほとんど加えない、じっくりとオーブンでグリルした甘いビーツを漬け込むシンプルなピクルス液だからこそのこの力業。

お酢と同量のお水、そして極少量のお塩、シナモンやコリアンダーシード等のスパイスを合わせただけのピクルス液。
ビーツを食べてしまった後のこのピクルス液に、ドライフィグを漬け込んでたっぷりと生地に混ぜ込みました。

20210513 00009.png

いえいえ、ビーツのピクルス液の有効利用はそれだけに止まらず。
てんさい糖や蜂蜜をピクルス液に足して、ナッツ類を艶々にキャラメリゼして仕上げにたっぷりケーキの上に。

キャラメルナッツに迫力すら感じる大迫力なパウンドケーキここに、といった感じでしょうか。

20210513 00003.png

ビーツのピクルス液に漬け込んだふっくらドライフィグに加え、つぷつぷしたフィグの種の食感を楽しめるようそのままのドライフィグもたっぷりと生地に混ぜ込みました。

なので、どこを切ってもフィグがぎっしりですよ。

全粒粉生地のお砂糖は出来るだけ量を控え、その分キャラメリゼに使うお砂糖は惜しみなく。
結果、甘さも程よい、その上しっかりと発酵バターの風味も楽しめる美味しいパウンドケーキが焼き上がりました。

そう、そして何よりこの味を喜ぶのは主人であること、これもまた明確なのです。

20210513 00004.png





◆材料(底辺約200×70・H60のパウンド型に1本分です)

  • 全粒粉薄力粉 70g
  • アーモンドプードル 30g
  • コーンスターチ 10g
  • ベーキングパウダー 5g

  • 無塩タイプの発酵バター(室温に戻しておきます) 90g
  • てんさい糖 45g
  • 蜂蜜 10g

  • ビーツのピクルス液 大さじ2
  • 卵(室温に戻しておきます) 2個
  • ドライフィグ 6個(3個はビーツのピクルス液に数日間漬け込んでおきました)



    ◆仕上げのキャラメリゼ用

  • ビーツのピクルス液 たくさん
  • てんさい糖 適量
  • 蜂蜜 適量
  • 胡桃、アーモンド、カシューナッツ等お好みのナッツ類 適量

    20210513 00010.png





◆作り方

  1. 予め室温に戻しておいた発酵バターをクリーム状にしっかりと練りましょう。
    てんさい糖と蜂蜜を加え、白っぽくふんわりとするまで泡だて器で撹拌してしっかりと空気を含ませます。

    予め軽く溶きほぐしておいた溶き卵を少しずつ加えては、分離しないようその都度しっかりと泡だて器で撹拌しましょう。

    20210513 00011.png20210513 00012.png


  2. 粉類を合わせて目の細かなザルでふるって1のボールに加えますが、粉を少しだけ残しておきましょう。
    泡だて器をスパチュラに持ち替え、練らないようさっくりと混ぜ込みます。

  3. ピクルス液に漬け込んでおいたドライフィグ、とそうでない普通のドライフィグ、どちらも刻んでおきます。
    漬け込んでやわらかくなったドライフィグは、そうでないものより大きめに。

    2で少しだけ残しておいた粉類に刻んだフィグを加え、全体に粉をまぶしておきます。

    20210513 00013.png

    粉っぽさがまだ若干残る状態でボールに加え、粉類と一緒にさっくりと混ぜ込みます。

    20210513 00014.png

  4. オーブンシートを敷いたパウンド型に流し、底を軽く打ちつけて生地の中の空気を抜きます。
    表面を平らにならし、200℃に予熱したオーブンへ。

    20210513 00015.png

    設定温度を180℃にして35〜40分。

    20210513 00016.png

  5. オーブン稼動中にキャラメリゼナッツの準備をします。

    ビーツのピクルス液をフライパンに移し、嵩が半分程度になるまでしばらく煮詰めましょう。
    嵩が減ったら蜂蜜とお砂糖を加え、とろりとするまでしばらく煮詰めます。
    ここにナッツ類を一気に加え、全体にとろりと絡めましょう。

    ケーキも熱々、キャラメリゼナッツも熱々、な状態でたっぷりとケーキの上に流します。

    20210513 00017.png20210513 00018.png
    20210513 00006.png


  6. しばらくおいてキャラメル生地が少し落ち着いたところで、徐に型から出してオーブンシートをそっと剥がしましょう。

    20210513 00007.png

    しっかり冷やしてキャラメルを固めてから、やや厚めに切り分けます。

    20210513 00020.png

    ピクルス液を有効利用して拵えたキャラメルナッツ。
    副産物としてのキャラメルナッツはまた後日、有効利用の有効利用と致しましょう。

    20210513 00019.png

    それまでは冷蔵庫で眠っていてもらいます。

    20210513 00021.png






table_s.gif





お酒を控える日を週に2回、いえ、日曜日を合わせて週に3回設けております。
ことごとく破られることが多いとは言え、理想は週に3回の休肝日。

その休肝日に、以前は夕食としてささっとお料理しておりましたこんにゃく麺。
今はすっかりプロテイン+アーモンドミルクやオーツミールに落ち着いてしまいましたので、大量に常備してあるこんにゃく麺をどうにかせねばなりません。

定期的にお弁当にも取り入れることと致しましょう。
鶏ささ身の茹で汁を使ったあっさりスープのこんにゃく麺。
スープジャーに入れてお弁当に致します。

20210513 00001.png





こんにゃく麺はさっと下茹でしておくのがお勧め。

鶏ささ身の茹で汁、オリーブオイルに漬け込んだセミドライトマト、自家製塩レモンペースト、オイスターソースやナンプラー、先日拵えた自家製スィートチリソース等を合わせてさっとひと煮たち。
マイタケや下茹でしたこんにゃく麺を加え、再度煮立てば出来上がり。

20210513 00022.png







もう少し気温が上がれば、スープジャーにこんにゃく麺の冷麵など詰めて持っていくのでしょうね。

20210513 00005.png





table_s.gif





今朝の主食は伊勢うどん、もっちりとした伊勢うどんの釜玉うどん風です。
まだまだ我が家においては伊勢うどんブームが継続中、いえ、衰える気が致しません。

20210513 00002.png

それにしても・・・今朝の金太郎イワシ。

焼く向きを間違え、盛り付けもそれに伴い金太郎の顔が反対側を不満そうに睨みつけております。
お魚の向きが違うだけでこうも気持ちが悪いものなのですね。

さ、今日は、今日こそはお酒を控えて高品質な睡眠を。
二日続けて休肝日を破っております。


col68-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:07 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

セミドライミニトマトとチーズがたっぷり・全粒粉パン

昨日のレアチーズケーキ風ジャースィーツ(☆彡)に使用した水切り豆乳ヨーグルト。
その副産物でもあります豆乳ヨーグルトのホエーを使って、いつもは木曜日に焼くパンを今週は本日水曜日に焼きました。

丸パンをほんのちょっとアレンジした全粒粉パンです。

20210512 00005.png

お水を使わず、豆乳ヨーグルトのホエーと豆乳で捏ねた全粒粉生地の中にはセミドライミニトマトがぎっしり。
そのトマトの隙間を埋めるように、粗く砕いたペコリーノロマーノをたっぷりと詰めました。

甘味がぐっと増したセミドライミニトマト、トマトを漬け込んだエルブ・ド・プロヴァンス風味のオリーブオイル、そしてペコリーノロマーノの食感がさっくり、とても美味しいもっちり全粒粉パンが焼き上がりましたよ。

20210512 00006.png

いつもより少々かためな上、成型時に言うことを聞かない全粒粉生地に手こずりも致しましたが、そこは自慢の松永製作所のマフィンパン。

何故だかパン生地同士のくっつきが悪く、オリーブオイルに漬け込んだトマトが上手く包めず雲行き怪しくなるも、予定になかったマフィンパンを使うことで問題解決。
マフィンパンから零れ落ちそうな元気な、ほんのりトマト風味の全粒粉パンが誇らし気です。

20210512 00003.png

このダイナミックなほど大きさがバラバラなのもまたご愛敬、当人にしてみれば愛らしいのでございます。

もちろん、前日の夕方にビニール袋で生地を準備し、ひと晩ゆっくり発酵を促し翌朝焼くいつものオーバーナイト発酵スタイルですよ。

20210512 00009.png





◆材料(松永製作所のマフィンパンに大きさバラバラな6つ分)

  • 全粒粉強力粉 200g
  • スキムミルク 15g
  • てんさい糖 10g
  • インスタントドライイースト 2g

  • 水切り豆乳ヨーグルトのホエー 93g
  • 豆乳 42g
    (ホエーと豆乳を合わせて135g)

  • お塩 2g
  • オリーブオイル(セミドライトマトを漬け込んであったオイルです) 10g


    ◆フィリングその他

  • セミドライミニトマトのオリーブオイル漬け(☆彡) 適量
  • ペコリーノロマーノ 適量
  • そば粉 適量

    20210512 00010.png






◆作り方
  1. 先ずは前日の生地の準備から。

    全粒粉強力粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるように振り混ぜましょう。

    ホエーと豆乳を合わせて計量し、合わせた粉類の半量をここに加えて菜箸でしっかりと混ぜ合わせます。
    お塩、オリーブオイルを順に加え、その都度菜箸でしっかりと混ぜ合わせましょう。

    残った粉類にこれを加え、生地がひとつにまとまるまで軽く捏ねます。
    形を整えてビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留め、ヨーグルトメーカーに入れ40℃で1時間穏やかな発酵を促しましょう。

    その後軽くもんでガスを抜いたら再度形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    保存容器に入れ、野菜室でひと晩発酵を促しましょう。

    20210512 00011.png20210512 00012.png
    20210512 00013.png


  2. 今朝はここからスタート。
    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻しましょう。

    20210512 00014.png

    その後軽くもんでガス抜きをし、包丁で7分割して丸めます。
    15分間のベンチタイムをとりましょう。
    その間にフィリング用のペコリーノロマーノをフォークで粗く砕いておきます。

    20210512 00016.png

  3. ベンチタイムが終了したら、ガス抜きも兼ねて生地を平らにしミニトマトとペコリーノロマーノを包みます。
    この時どうも生地同士がうまくくっつかず、オリーブオイルがはみ出してくる始末。

    20210512 00015.png

    マフィンパンに閉じ口を下にして押し込みます。
    乾燥しないようぬれ布巾とラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能を利用して40℃で40分。

    20210512 00017.png

  4. ハサミで中央に十文字の切れ目を入れ、茶こしを通してそば粉をたっぷりとふりましょう。

    20210512 00007.png

    200℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を180℃にして15分。

    20210512 00008.png

    なんの引っかかりもなくツルンっと型から離れるこの瞬間。
    しみじみとマフィンパンを買い直して良かった、松島製作所のマフィンパンを選んで良かった、そう実感するのです。

    20210512 00018.png







w-line84-thumbnail2.gif





以前は毎週土曜日にイオンネットスーパーに配達をお願い致しておりました。
ですが最近はささやかなお知恵を賜り、ポイントを考慮しながらのお買い物、本日発送分の食材が届くまで我が家の食材事情は貧窮致しております。

そこで頼りになるのは乾物、高野豆腐とひじきのサラダをお弁当のお菜と致しましょう。

20210512 00004.png




  1. 高野豆腐は戻さずそのまま煮ます。
    お出汁にお酒やみりん、お醤油等の調味料を合わせて煮立て、大きなままの高野豆腐をトプンと加えて落し蓋をし、ことこと弱火で15分ほど。

    お出汁を十分に煮含めた高野豆腐をそのまま冷まし、一部は作り置き料理として食べやすい大きさに切って保存容器に。
    一部はお弁当のサラダ用に短冊切りに。

  2. 高野豆腐の煮汁を少しお鍋に残しておき、戻した乾燥ひじき、千切り人参をさっと煎り付けます。
    干しえのきも加えて風味を添えましょうか。

  3. ボールに1と2、刻んだ新玉ねぎ、蒸し大豆、縦4等分したミニトマト、ローストした胡桃と蕎麦の実、パクチー、ついでにパン用に粗く砕いたペコリーノロマーノの残りも加えましょうか。
    ほんの少しマヨネーズを加えて和えれば出来上がり。

    実は今日のサラダ、真ん中の人参サラダを境にささやかな『味変』を施しております。
    いつぞや拵えた激辛スィートチリソース、上半分にはこれでピリ辛風味に。

    20210512 00019.png






w-line84-thumbnail2.gif





今朝の主食は冷凍ご飯を解凍して。
なぜならば、どうしても西京漬けが食べたかったから。

うどんやお蕎麦も多く登場する我が家の朝食ではありますが、はやり西京漬けには冷凍とは言え白いご飯が嬉しいものです。

20210512 00001.png

今朝は銀ひらすを焼きましたよ。

焦がしてしまったり、身が崩れてしまったりと、相当に難儀した西京漬けの扱いではありますが、ここにきてようやく上手に焼けるようになりました。
銀ひらす?どうも馴染みの薄いお魚ではありましたが、いやいや、こんなに美味しかったのかと朝から主人としみじみ朝食を味わいました。





昨晩はついつい日本酒に手が伸び盛り上がってしまった晩酌。
今日は、今日こそはアーモンドミルクとプロテインで済ませ、ゆっくり質の高い睡眠をとりましょう。


illust-moon-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:49 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

チーズケーキ風ジャースイーツ〜たっぷりキウイver.

それまで、キウイの存在は私にとってあってもなくても、正にどちらでも良いものでした。
たまに食べることはあっても頂きものだったり、お買い得価格になって・・・いても手にしない存在、それが私にとってのキウイの立ち位置。

ところがぎっちょん、キウイの魅力に気付いてしまいました。
今日のお昼はキウイのチーズケーキ風ジャースィーツです。

20210511 00005.png

チーズケーキ風、です。
もちろんいつもの『風』

常備していないクリームチーズの代わりに、先週5連休の都合で余りがちになってしまった自家製の豆乳ヨーグルト。
水切りをした豆乳ヨーグルトにちょっと酒粕と甘みを足し、アガーでゆるッとかためたチーズケーキ風です。
台の代わりはグラノーラ、そしてゴールドキウイをたっぷり添えました。

20210511 00003.png

キウイの味はもちろんですが、この、蛍光色と言っても良いほど鮮やかなゴールデンキウイ色にすっかり心奪われた昨今。

事の発端はイオンネットスーパーのキウイキャンペーンでした。
『日本上陸 新品種「ゼスプリレッド」をイオンで期間限定販売!』の謳い文句にあっさり釣られ、先ずは試しにとグリーンとゴールドのキウイを早速注文。

以来我が家のキッチンには、毎朝豆乳ヨーグルトに添えるバナナの隣にキウイ。
甘さをぐっと抑えた水切りヨーグルトとの相性も抜群です。

20210511 00006.png

残念ながらキウイまとめ買いでWAONプレゼントの期間は逃してはしまいましたが、それでもキウイの美味しさに気付いたことが何よりラッキーです。

明日届くゼスプリレッドとやらのお味が、何よりも今楽しみなのであります。





◆材料(245tのメイソンジャーにちょっと多めのふたつ分)

  • 自家製の豆乳ヨーグルト 300g(ひと晩水切りをした状態で195g)
  • 蜂蜜 10g

  • てんさい糖 10g
  • アガー 10g
  • アーモンドミルク 100g
  • 酒粕 20g

  • お好みのグラノーラ 45g
  • ココナッツオイル(湯せんで溶かしておきます) 20g



    ◆トッピング用

  • ゴールドキウイ 1個
  • 胡桃 適量
  • ドライブルーベリー 適量

    20210511 00008.png

    ※ヨーグルト生地にレモン汁 大さじ1を加える予定でおりましたが、すっかり忘れてしまいました





◆作り方

  1. 豆乳ヨーグルトは前日からゆっくいひと晩かけて水切りをしておきます。

    コーヒーフィルターに豆乳ヨーグルトを入れ、ふわりとラップをかけてひと晩冷蔵庫へ。
    水切りしたヨーグルトは室温に戻しておきましょう。

    20210511 00009.png20210511 00010.png


  2. 湯せんで温め液状に溶かしたココナッツオイルとグラノーラを合わせ、ジャーの底に敷き込みます。

    ヨーグルト生地の間に挟む分、トッピング用に少し残しておきましょう。

    20210511 00011.png

  3. 乾いたお鍋にアガーとてんさい糖を合わせてよく混ぜ、少しずつアーモンドミルクを加えてはそっと混ぜてアガーを溶かします。
    酒粕もちぎって加えてから、徐に弱めの中火にかけ混ぜながら沸騰直前まで温めましょう。

    火を止めて蜂蜜を加えてよく混ぜ、更に水切りヨーグルトも加えて滑らかに混ぜ合わせます。

    20210511 00012.png20210511 00014.png
    20210511 00013.png


  4. ジャーの底に敷いたグラノーラの上に、皮をむいたキウイの端っこを並べます。
    ヨーグルト生地をそっと流し、その上に残しておいたグラノーラを散らしましょう。

    20210511 00015.png

    残りのヨーグルト生地を流して表面を平らにならし、しばらく冷蔵庫で冷やしかためましょう。

    20210511 00007.png

    無理に詰め込もうと思えばヨーグルト生地全部を詰め込めますが、そこは無理せず。
    残ったヨーグルト生地は朝食のヨーグルトの底に。

  5. 真ん中あたりの見栄えの良い部分のキウイを飾り、残しておいたグラノーラとドライブルーベリーを添えて出来上がり。

    キウイのこのみずみずしさ、素敵じゃありませんか?

    20210511 00016.png






table_s.gif





日中は暑い日もあるとは言え、スープジャーはまだまだ活躍します。
今日は久しぶりにカボチャのポタージュなど拵えました。

20210511 00002.png
煮物用に皮を少し残して冷凍してあったカボチャ、昨日開封した豆乳、そして週末パスタのためにすりおろしたペコリーノロマーノの残りもここで有効利用。
押し麦のプツプツ食感が食べた感につながります。




  1. 圧力鍋にオリーブオイル、つぶしたにんにく、たっぷりの薄切り玉ねぎを合わせてじっくり炒め合わせましょう。

  2. 冷凍かぼちゃを凍ったまま加え、スープストックをひたひたに注ぎます。
    押し麦も加え、加圧すること2分強。

  3. 豆乳を注いでナツメグをすりおろし、お塩、白味噌を加えてバーミックスで撹拌します。
    温める程度に加熱してジャーに分け入れ、黒胡椒を挽きます。
    ローストした胡桃とコリアンダーを添えて出来上がり。

    20210511 00018.png20210511 00017.png







明日イオンさんが届けて下さる期間限定ゼスプリレッド、はてさて一体どんなお味なのかしら。

20210511 00004.png





table_s.gif





今朝の主食は、大根おろし多過ぎなおろし蕎麦です。
鶏ささ身の茹で汁を少し使ったおつゆで、主人好みにささやかなアレンジ。

そして今朝の焼き鯖は最高の焼き具合でした。

20210511 00001.png

たまにあるのです、鯖の焼き具合にうっとりする朝が。
今朝がまさにそれ。





結婚して以来ずっと使用していなかったお魚焼きグリル。
小物入れ状態となっておりましたお魚焼きグリルに火がともったのは、主人が気の迷いで取り寄せた特大イワシがきっかけ。
以来、今は毎朝お世話になっております。

たまにね、実店舗で旬の入梅イワシなど買ってはお酢煮にしておりました数年前を懐かしくも思います。
が、やはり我が家は今がいちばん楽しい。

さ、今宵はお酒を控えてアーモンドミルクとプロテイン、そして高品質な睡眠を楽しむ火曜日ですよ。
只今シーツの乾燥終了のブザーがなりました。



col32-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:11 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする