2021年01月08日

ほんのり“きな粉”な全粒粉マドレーヌ〜黒豆お片付けver.

昨日拵えたお正月のお片付け料理、特に煮汁を使った黒豆リメイクパフェ(☆彡
例年は黒豆を多めに煮るので、ちゃんと卵を使用した正真正銘黒豆プリン等リメイク料理も存分に楽しめるのですが今年はささやかなもの。

いよいよ最後となりました黒豆で今朝はマドレーヌ、焼いてみましたよ。

20210108 00003.png

気泡がふんだんに入った器量の悪いマドレーヌですけどね。
昨日使用して中途半端に残ってしまった小豆餡も一緒に生地に埋め込んでみました。

我が家は真っ白な薄力粉を常備しておりませんので、ちょっと色黒な全粒粉生地。
その上きな粉も加えましたのでますます色黒マドレーヌではありますが、想像以上にきな粉の存在感漂う私好みのマドレーヌです。

20210108 00004.png

ただ、どうしても私は生地をもりもりに流し入れてしまう傾向にあるようで。
控えめに絞り出したつもりの生地ではありますが、欲張って小豆餡やら黒豆やらを押し込むものですから、焼き上がりはご覧の通りむっちりデブっちょ。

20210108 00006.png

それでも型を裏返すとコロりと零れ落ちる松永製作所のマドレーヌ型。

レギュラーサイズとミニサイズをそれぞれ1枚ずつ持っております。
今朝はレギュラーサイズの8個分のパンを使用したのですが、これならもう少し生地の量を減らしてきっちり8個分焼けば良かったと反省致しております。

まぁそんな反省とは別に、マドレーヌを焼くたび少々値の張るこのマドレーヌ型を選んで本当に良かったと実感するのです。

20210108 00007.png





◆材料(松永製作所のマドレーヌ型 8P使用)

  • 全粒粉薄力粉 40g
  • きな粉 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

  • 卵 1個
  • 蜂蜜 10g

  • てんさい糖 35g
  • レモン汁 小さじ1/2

  • 無塩タイプの発酵バター(湯せんにかけて溶かしておきます) 40g
  • バニラビーンズペースト 小さじ1/2


  • 小豆餡・黒豆 各適量




◆作りかた

  1. 型にバターを薄く塗り、茶こしを通して薄力粉(共に分量外)を振りかけ余分な粉をしっかりと落としておきます。
    出番まで冷蔵庫へ。

    湯せんで溶かしたバターにバニラビーンズペーストを加えておきます。

    20210108 00009.png

  2. 卵・蜂蜜をボールに合わせて泡だて器でそっと混ぜ合わせましょう。
    てんさい糖とレモン汁を順に加え、その都度合わせて泡だて器で優しく混ぜ合わせます。

  3. 薄力粉・きな粉・ベーキングパウダーを合わせて2にふるい入れ、相変わらず泡だて器でそっと混ぜ合わせます。
    溶かしバターも加えて混ぜ合わせれば生地の出来上がり。

    絞り出し袋に移し、冷蔵庫で30分以上休ませておきます。

    20210108 00008.png20210108 00010.png
    20210108 00005.png


  4. 休ませた生地を準備した型に絞り出しましょう。
    相当控えめに絞り出したつもりでおりましたが、小豆餡と黒豆を押し込んだらこの状態。

    20210108 00011.png

    こんなことならしっかり8個分焼けたのに。

    200℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を180℃にして10分強。
    熱いうちに型から出して網の上で冷まします。

    20210108 00012.png

    相当不細工なマドレーヌではありますが、焼いたマドレーヌがポロりと型からこぼれ落ちる爽快感はまた格別です。





table_s.gif





この状況ですから我が家では乾物はもちろん、比較的日持ちする食材が昨今の食材調達の中心となっております。
主人が昨年取り寄せてくれたカツオのなまり節もそのひとつ。

今回はちょっと冒険し、いつも取り寄せている業者さんと異なるなまり節を取り寄せた主人。
一般ウケの良いそのなまり節は主人の好みには少々反していたようではありますが、しっとりしたその食感はお料理にも使いやすく私は密かに喜んでおります。

そんななまり節もいよいよ賞味期限、しっとり角煮にしてお片付け。
生のお魚で拵える角煮よりずっと簡単、メイソンジャーに詰め込んでサラダ風にしましたよ。

20210108 00013.png





  1. なまり節は適当に切ってザルに移し、たっぷりの熱湯を回しかけておきます。

  2. お醤油・お酒 各大さじ2
    みりん・てんさい糖  各大さじ1
    お水 大さじ4

    以上をお鍋に合わせ、角切りにしたなまり節を加え千切り生姜をたっぷりと。

  3. 中火で煮立て、後は火を弱めて時々全体に煮汁が行き渡るようお鍋を傾けながら煮汁がなくなるまで煮詰めれば出来上がり。
  4. アボカドは適当に切ってみじん切り玉ねぎと合わせ、柚子胡椒の副産物でもある自家製柚子塩麹で和えるだけ。

    なまり節の角煮、アボカド、塩茹でブロッコリー等を順に詰めれば出来上がりです。

    20210108 00014.png20210108 00015.png
    20210108 00016.png







黒豆リメイクマドレーヌ、主人にはふたつが割り当てられました。

そしてお昼のメッセージ。
『美味しい!マドレーヌの餡子サンド!』
。。。

20210108 00001.png






table_s.gif





今朝の炊き粥は海老芋入り。
昨年取り寄せた海老芋、皮をむいて冷凍しておきましたのでそれを使って。

鶏ささみの茹で鶏とその茹で汁を使ったほのかな塩味に和みます。

20210108 00002.png

主人のお正月休み中、1日も休まずお酒を楽しみましたからね。
昨日は久しぶりの、本当に久しぶりの休肝日でありました。





もちろん今日は飲みますよ。


daisy2-thumbnail2.jpg






posted by しんさん at 14:04 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする