2020年10月07日

ほっこり酒粕プリン

今週末に届く京都の老舗酒蔵 招徳酒造さんの酒粕2キロ。
酒粕の到着を前に冷凍庫から発掘された昨年の酒粕、当然の流れで今週は酒粕強化週間と相成りました。

昨日は酒粕をたっぷり使用したゴツいパウンドケーキ(☆彡
休日ならば問題ないのですが、平日、しかもお昼ご飯ですからね、酒粕はしっかり加熱してアルコール分を飛ばすのが大前提。
お弁当が原因で主人が飲酒運転では文字通り元も子もないもの。
ですが酒粕好きとして、出来れば酒粕の風味は残っていてほしいものです。

酒粕の風味がほっこり漂う酒粕プリンなどいかがでしょうか。

20201007 00003.png

プリンとは言っても、蒸さずにアガーでかためたお手軽プリン。
弱火で、ですがしっかりとアルコールを飛ばした酒粕に豆乳を合わせ、アガーでツルリとかためました。
お砂糖を使用せず、みりんと蜂蜜で甘みを添えたほっこり和む酒粕プリンです。

少々物足りない甘みを補うため、生姜風味のデーツシロップを添えたところ、これが大正解。
どっちつかずな甘みを、生姜のパンチが効いたデーツシロップがキリリと引き締めてくれましたよ。

マーブル模様ととれなくもない佇まいも気に入っております。

20201007 00002.png

食感のアクセントを期待し、ナッツとドライフルーツをたっぷりトッピング。
ナッツのオイリーなサクサク感、バナナチップスの軽いサクサク感、ドライマンゴーのもっちり食感、うん、美味しい。

20201007 00004.png

もともと黒蜜にも似たデーツシロップの風味ですもの、生姜風味と相性が良くないはずがありませんものね。
我が家においてはますます手放せない調味料となりそうなデーツシロップ。
意外なものが品薄になる昨今、お願いだからデーツシロップだけは品薄にはならないことを願います。

20201007 00006.png





普段ですと、ギリギリふるっとかたまるアガー使いが好みなのですが、今日は少々弱気になりました。
いつもよりはずっとしっかりとしたかたまり具合。
ですがこれはこれで良い感じです。


◆材料(3〜4人分はあるかと思います)

  • 酒粕 60g
  • みりん 20g
  • お水 20g

  • 豆乳 450g
  • アガー 10g
  • 蜂蜜 15g



    トッピング用

  • デーツシロップ
  • 生姜のしぼり汁


  • アーモンド
  • 胡桃
  • クコの実
  • パンプキンシード
  • バナナチップス
  • ドライマンゴー

    各適量





◆作り方

  1. みりんとお水を小鍋に合わせ、ここに酒粕をちぎり入れます。
    極弱火でゆっくり加熱して酒粕をほぐし、ペースト状になったらいったん火を止めましょう。

  2. 1に豆乳と蜂蜜を加えてなじませます。
    だまにならないようアガーを少しずつふり入れてよく混ぜましょう。
    よく混ざったところで中〜弱火にかけ、絶えずそっと混ぜながら沸騰直前まで温めます。
    容器に移し替えて冷やしかためましょう。

    20201007 00011.png20201007 00012.png
    20201007 00013.png


  3. かたまった酒粕プリンをスプーンですくって容器に分け入れます。
    生姜汁とデーツシロップを合わせてよく混ぜ、上からたっぷり垂らしましょう。

    20201007 00007.png

  4. アーモンドと胡桃は予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしてから粗熱をとり粗く刻みます。
    バナナチップスはざっくり砕き、ドライマンゴーはさいの目に切りましょう。

    20201007 00014.png

    クコの実やパンプキンシードも合わせ、たっぷりトッピングして出来上がり。

    20201007 00008.png







table_s.gif





今、我が家では野菜のお取り寄せが大流行。
コロナ渦以降、産直アウルさんに野菜はお世話にはなっていたのですが、最近のお気に入りはもっぱらイオン。
おうちでイオン、イオンネットスーパーを巧みに使い分け、快適なお取り寄せ野菜生活を満喫致しております。

今週末には北海道産の野菜3種が届きます。
と、その前にいつぞやイオンネットスーパーでお願いしたじゃが芋がまだ1個2個残っておりましたね。
久しぶりにじゃが芋のポタージュなど。

20201007 00010.png
数年前、じゃが芋ばかり10キロ20キロ頂く機会があり、以来どうもじゃが芋とは疎遠になっておりました。
ですがようやくその記憶も薄れ、最近ようやくじゃが芋を自分で買うという当然と言えば当然の行為が復活。

アンチョビで旨味を加えたじゃが芋のポタージュ、マイタケも加えてぽってり感倍増です。
圧力鍋でちょちょいのちょい。




  1. アンチョビ・アンチョビを漬け込んであったオリーブオイル・ニンニク・薄切り玉ねぎを圧力鍋に合わせてじっくり加熱します。
  2. じゃが芋・マイタケ・キューブ状に冷凍してあった鶏がらスープを加え、加圧すること5分間。
  3. 豆乳を少し加え、オイスターソース、隠し味の白味噌、少量のお塩で味付けをしてバーミックスで滑らかに撹拌します。
    お好みの状態になるよう豆乳でのばし、沸騰直前まで温め火を止めます。

    器に盛って青味(自家製分葱をネギ代わりに使っております)を散らし、黒胡椒を粗めに挽いて出来上がり。

    20201007 00015.png







今日から主人のスープジャーが新しくなりました。
以前使っておりましたオレンジ色のスープカップ、私がまだ仕事と家事を両立していた頃にプレゼントして以来ずっと使っていたので・・・えっと・・・10年なんてものではありませんね。

主人がスプーンでガシガシ引っかくものだから、キズも目立っていかにも引退の潮時。

お買い得になっていた評判の良いスープジャーを選んで主人にプレゼント致しました。
届いた品を見て、私もどうしても同じスープジャーが欲しくなって悩むこと数日。
そして私は主人にプレゼント、主人は私に色違いでお揃いの赤いスープジャーをプレゼント、理屈が通っているようで通っていないお買い物が成立したのです。

お揃いのスープジャーでお昼ご飯を迎えるのは間もなくですね。

20201007 00005.png





table_s.gif





以前のように農協直売所に行かなくなったからと言って、我が家は何の不都合もありません。
すっかりイオンさんのお世話になっております今、昨日は岩手県特産の二子さといも 3キロが届きましたよ。

20201007 00001.png

昨日は早速きぬかつぎにして、自家製柚子胡椒で頂きました。
主人は日本酒に流れるつもりでいたようですが、そこは見事な私の手綱さばきで阻止致しました。
もともとはきぬかつぎが大好きな主人のために取り寄せたさといもですが、昨日のきぬかつぎほど美味しいものは食べたことがありません。

どこかに出かけずとも、誰かに合わずとも、我が家はなかなか楽しくやっております。





そして今朝はこの二子さといもを使って迷うことなく粕汁です。

20201007 00009.png

アウルさんで取り寄せた蓮根、イオンネットスーパーでお願いした大根や人参、そもそも我が家のお味噌は白・赤・麹味噌どれをとっても主人が厳選した取り寄せ品ですからね。

次に狙うのはイオンの株かしら。





さ、昨日我慢した分今日はしっかりお酒を頂きましょう。
今日はワインでもいいかな?
それとも、もういちどきぬかつぎ?そして日本酒?

ライフ360の主人はまだまだ動きがありません。


daisy2-thumbnail2.jpg










ラベル:酒粕プリン
posted by しんさん at 15:46 | Comment(1) | ほろ酔い お酒のお菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする