2020年09月03日

洋梨と葛カスタードのデザートフォカッチャ

どうも今年のオーロラはあまり品質がよろしくなくて。
毎年取り寄せている洋梨、ルレクチェやラフランスより一足早く旬を迎える農園さんお勧めのオーロラですが、どうも今年の品質は今一歩、というより相当悪質。

毎年オーロラを楽しみにしている主人には気の毒ですが、お望み通りシンプルにそのまま頂くにはあまり最適ではないと密かに判断。
全粒粉のフォカッチャ生地の上に並べ、じっくり加熱してみましたよ。

20200903 00001.png

水分多めの全粒粉生地の上にたっぷりのオーロラ、生砂糖とバターを散らしてオーブンへ。
何をもってフォカッチャと言うのかはよく存じませんが、なんとなくこの感じがフォカッチャかな?と。

20200903 00005.png

先日拵えた豆乳と葛粉のカスタード(☆彡)をたっぷり生地の上に絞り出し、それをオーロラで覆うようにたっぷりと。
甘さを控えた豆乳カスタードクリームですもの、上にも生砂糖を散らしてみました。
ナツメグとフェンネルパウダーがふわりと香る洋梨とカスタードクリームのデザートフォカッチャです。

20200903 00002.png

フォカッチャと呼ぶには少々目の詰まった生地ではありますが、とろり豆乳カスタードととろり濃厚なオーロラの組み合わせは思惑通り。
ナツメグとフェンネルの香りが想像以上に活きています。

20200903 00008.png

ひと箱取り寄せたオーロラ、2020年は残念な出来ではありましたがこれも経験。
毎年同じ品質のものが選ばれるわけではないと、よいお勉強をさせて頂きました。

そしてオーロラの質は別として、うん、こんな甘いデザートタイプのフォカッチャもなかなか良いものですよ。
いつもの、前日の夜生地を準備して朝焼くオーバーナイト発酵のフォカッチャですよ。

20200903 00009.png





◆材料(野田琺瑯レクタングルの浅型Sサイズにひとつ分)

  • 全粒粉強力粉 55g
  • 全粒粉薄力粉 55g
  • グラハム粉 25g
  • てんさい糖 10g
  • インスタントドライイースト 1g
  • ヨーグルト(自家製の豆乳ヨーグルト、水分多めのゆるゆるヨーグルトです) 135g

  • お塩 1g
  • ココナッツオイル 10g

  • オーロラ 1個
  • 葛粉を使った豆乳カスタード(☆彡) 適量
  • 生砂糖・フェンネルパウダー・すりおろしたナツメグ・無塩タイプの発酵バター 各適量




◆作り方

  1. 生地は前日の夕方に準備します。

    全粒粉強力粉・全粒粉薄力粉・グラハム粉・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせて振り混ぜておきます。
    ゆるゆるヨーグルトに粉類の半量を加え、菜箸でぐるぐると混ぜ合わせましょう。

    ここにお塩・ココナッツオイルを順に加えてその都度良く混ぜます。
    残った粉類に戻し入れ、ひとつにまとまるまで揉んだらビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    ヨーグルトメーカーに入れ、40℃で1時間。

    20200903 00013.png

    その後軽く揉み直してまとめ、再度ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    保存容器に入れ、野菜室でひと晩発酵を促しましょう。

    20200903 00014.png

  2. 今朝はここからスタート。

    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻します。
    冷蔵庫のカスタードクリームも室温に戻しておきましょう。

    20200903 00007.png

    カスタードクリームをビニール袋に移し、軽くもんで滑らかにしておきます。

    20200903 00011.png

  3. 容器にオーブンシートを敷き込み、室温に戻した生地を軽く捏ね直して敷き込みます。
    霧吹きで数回お水を吹きかけ、ふわりとラップをしてオーブンの発酵機能 40℃で40分ほど発酵を促しましょう。

    20200903 00012.png

  4. カスタードクリームのビニール袋の先端を切り、生地の上に横まっすぐに絞り出します。
    薄切りにしたオーロラを並べ、ナツメグをすりおろしてフェンネルパウダーをふります。
    生砂糖、小さく切ったバターも散らし、210℃に予熱したオーブンへ。

    20200903 00006.png

    設定温度を190℃にして25分。

    20200903 00015.png

    洋梨の水分もあって焼き上がりはとてももろい状態。
    容器のまま粗熱をとってからオーブンシートごと網の上に移して冷ましましょう。
    その後切り分けて出来上がり。

    20200903 00010.png






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





切るオーロラオーロラの断面がこう立て続けに劣化していると、何がどうということもないのですが少々落胆致します。
ましてやアボカドもそうだと落胆ぶりも益々加速。

とりあえずアボカドの黒ずんだ部分を何食わぬ顔でそぎ落とし、作り置き料理と合わせてサラダに。
ひよこ豆やもち麦とアボカドを合わせたサラダに、セミドライトマトのオリーブオイル漬け、自家製ビーツのピクルスを詰め込んだジャーサラダを添えて本日のお弁当に。

20200903 00004.png





rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





朝食用に切ったオーロラもやはり断面が黒ずんでがっかり。
金太郎イワシの干物が上手に焼けたのでそこは救われましたが。
珠玉織姫と主人が淹れてくれるほうじ茶の組み合わせに気分が和みます。

20200903 00003.png

そうそう、和むと言えば。
今朝は未明の西の月がきれいでした。

朝4時に起きてキッチンに行くと、先ずは西の窓を開けます。
昨日の雨が残った雲の多い空ではありましたが、その雲をものともしない力強い月光にハッと致しました。
そして数分後、再度西の空に目をやるとひと筋の雲もない真ん丸なお月様。

昨日9月2日は満月の天赦日(てんしゃにち)だったそうです。
事後報告ではありましたが、それを知っただけでまたオーロラと向き合う気になるのです。
明日は金曜日、白ワインに合う洋梨料理を考えましょうか。



illust-raineyday08-1-thumbnail2.jpg



posted by しんさん at 14:21 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする