2020年09月30日

ラーモニー発、18回目の結婚記念日、

昨日9月29日、18回目の結婚記念日を迎えました。
以前でしたら何となく海外行きといったところでしたでしょうが、今年の結婚記念日は事情が事情だけに国内で。
18年前結婚式でお世話になったラーモニーさん、こうしてここで結婚記念日を迎えるという発想もここ数年はなかった気が致します。

20200930 00007.png

いつものメニューには『祝』の文字。
マスク着用、消毒強化等々色々規制もありますが、外出自粛で得たものも意外と沢山。
少なくとも我が家は以前よりうんと楽しくなりました。
こうして18年前の結婚式のお話をマダムたちと振り返るのもまた外出自粛の副産物なのかも。



アミューズのオイルを名残惜しく目で追う主人。
パンに添える荒技を思いついてご機嫌です。

20200930 00001.png

よく聞かれます。
夫婦ふたり、なにを喋るの?

夫婦ふたり、黙っていることがありません。
喋ってばかりです。

20200930 00005.png

カニのフランに甘いカボチャのピュレ。

20200930 00002.png

お口がいっぱいになる大きなハマグリ、そしてのどぐろ。
柑橘系にエストラゴンを効かせたソース。
チコリが添えてありました。
畑のチコリもそろそろ第2段階に移らないと。

20200930 00003.png

結婚当初は鴨だ仔羊だと迷いもありました。
最近は主人も私ももっぱら牛肉に落ち着いております。

20200930 00004.png

チーズを少し頂いた後、これも加齢の現れでしょう、以前ならばペロリのデザートを辞退致しました。
フルーツでもう精いっぱい。
チョコレートのケーキは袋に入れて頂いてお持ち帰り。


20200930 00006.png

そして最後は18年目の記念写真。
ニューヨークはキャンセルだったけど、ティファニーでお揃いの結婚指輪も叶わなかったけれど、いいじゃん、ラーモニーで祝ってもらえたのですから。

単衣の着物も今年はこれで着納め。
明日からは10月です。
あ、チコリもそうだけど秋撒きのエンドウも忘れずに。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

高野豆腐のサンドウィッチ〜具沢山ヘルシーゆで卵サラダver.

本日のお昼ご飯は量もカロリーもぐっと控えめに。
最近気に入って折を見ては拵えております、高野豆腐のサンドウィッチです。

20200929 00006.png

パンの代わりに高野豆腐を使ったサンドウィッチ。
少々の水気は高野豆腐が吸ってくれるので、食パンほど神経質にならずとも大丈夫。

セミドライトマト、レタス、茹で卵とアボカドのサラダ、意外なほど食パンに勝るとも劣らぬ量の具も挟めます。
そしてついやってしまいがち、欲張って具沢山にした結果の過ぎた満腹感に後悔することもなし。
食後感もすっきりな高野豆腐のサンドウィッチ、優れものです。

20200929 00005.png

我が家はマヨネーズを常備しておりませんが、相手が高野豆腐ですのでそれも全く問題なし。
野菜はもりもり摂取して、それでいてお腹もしっかり満足し、程よい食後感に午後の予定も捗りますよ。

20200929 00007.png





  1. 高野豆腐は60℃程度のお湯で10分ほど戻します。
    煮物にする時は熱湯で戻すことが多いのですが、熱湯だとやわらかくなり過ぎてしまってサンドウィッチには不向きですから。

    戻したら形が崩れないようたっぷりのお水の中で押し洗い。
    お水が濁らなくなるまで繰り返したら、網とバットで挟んでしっかり水を絞りましょう。

    20200929 00009.png

    パンナイフを使って厚さを1/2にします。

    20200929 00010.png

  2. トマトは予めセミドライトマトにし、エルブ・ド・プロヴァンス入りのオリーブオイルに漬け込んで保存してあります。
    輪切りにしたトマトを110℃のオーブンで1時間35分、ぐっと甘みが増して美味しくなるので我が家では生より断然この方法で保存します。

    トマトを漬け込んであったオリーブオイルを刷毛で高野豆腐の両面にぬり、オーブントースターでさっと焼きましょう。

    20200929 00011.png

  3. さっとトーストした高野豆腐にセミドライトマトとアボカドを並べます。

    20200929 00012.png

  4. 残ったアボカドを適当に切り、ゆで卵の卵黄と刻んだその白身、みじん切り玉ねぎ、刻んだ自家製塩レモン、そしてセミドライトマトのオリーブオイルを合わせてゆで卵サラダの出来上がり。

    20200929 00013.png

    隙間を埋めるようにアボカドの上にたっぷり盛りましょう。

    20200929 00014.png

  5. しゃっきりレタスもたっぷり盛って高野豆腐で挟みます。
    形を整えながらぴったりとラップで包んだ状態でしばらくおきます。

    20200929 00015.png

    形が落ち着いたらラップをそっと外し、ワックスペーパーで包みなおしましょう。
    ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。
    ぴったりとラップで挟んで持ち運びも簡単です。

    20200929 00008.png






il-plants5-thumbnail2.gif





今日はお菜の代わりに簡単なイチジクのデザートを添えましょう。
イチジクは予め蜂蜜とレモン汁を振りかけ前日からマリネしてあります。
どれくらい簡単かと申しますと・・・

20200929 00003.png





マリネしたイチジクとヨーグルトを混ぜるだけです。

20200929 00004.png

ヨーグルトにマリネしたイチジクを数個加え、フォークでイチジクをつぶしながら混ぜるだけ。
これを器に盛り、器量の良いイチジクを選んでトッピング。
軽くローストしたアーモンドと胡桃、ドライマンゴー、そして主人がこっそり3枚ほど摘まんで残してあったリッツを飾れば出来上がり。

20200929 00016.png






何このスピード料理、今日は朝から余裕です。

20200929 00001.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は冷凍ご飯を解凍して。
少し余ったご飯は無理して食べず、少量は少量なりに冷凍します。
溜まってきたら数個解凍し、2種盛りご飯としてお茶碗に盛ってしまえばそれで解決。

20200929 00002.png

サンドウィッチのフィリングにしたアボカドサラダは、ちょっと味を足して納豆のお供に。
今朝は主人もゆっくり朝食を楽しんでおりました。
本当はいつもこのくらい余裕をもって主人にも朝食を楽しませてあげたいのですが・・・なかなか、ね。





そう、今日は18回目の結婚記念日。
結婚記念日のお礼がゆっくりゆったりの朝食だなんて、しかも内容はいつもと一緒。

そして間もなく帰宅するであろう主人、お気に入りのバゲットを6本買ってくると勇んで今日は家を出ていきました。
ふたりでダラダラお家で飲むのにバゲットは良いお供になりますからね。
主人が帰宅したら私は冷凍作業に取り掛かります。




2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:44 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

チコリのお花のしっとりアボカドクッキー〜お砂糖・バターを使わないチーズ風味

週末に焼いたザクザクオートミールクッキー(☆彡)とがらりと食感を変え、9月最後の今週はしっとりアボカドクッキーで幕開けです。
アボカドをバター代わりに使ったバター不使用、ならばとついでにお砂糖も使わずに焼いたしっとりアボカドクッキーですよ。

20200928 00003.png

あまり美しく仕上がりませんでしたが、いちどやってみたかったエディブルフラワーのクッキー。
しっとり全粒粉生地の上にペタッとお花をトッピング。
このお花、週末畑で摘んできたチコリのお花です。

20200928 00001.png

今、畑ではバタフライピーのお花が全盛期。
畝をいくつか隔ててどっしり根を張るチコリ、存分にお花を咲かせて種を摂取しようと様子を見ているのですが、一向に枯れる気配がしないなかなかの生命力。

お花は色も含めて本当に繊細で、ちょっとでもガクを傷つけると花びらがバラバラになってしまうので摘み辛いこと摘み辛いこと。
1日くらいならば冷蔵庫で鮮やかな淡いブルーを保ってくれるのですが・・・

20200928 00005.png

この儚いブルーをクッキーに応用するのはなかなかの高難度なようです。
焼きあがったクッキーのチコリはすっかり色あせてしまっておりました。
残念。

20200928 00004.png

まるで何かの化石のような佇まい、そんなチコリのお花をあしらったアボカドクッキーではありますが、材料も材料ですし体はきっと喜んでくれるに違いない。
そう自分に言い聞かせ、今日も主人を送り出します。

20200928 00002.png





◆チーズ風味のアボカドクッキーの材料(13〜15枚分といったところでしょうか)

  • アボカド 1/2個(正味55g)
  • 卵黄 1個分
  • プロテイン(ザバス(SAVAS) ウェイトダウンヨーグルト風味を使用) 30g
  • 自家製豆乳ヨーグルト 60g
  • レモン汁 2g
  • ペコリーノロマーノ 40g

  • 全粒粉薄力粉 70g
  • アーモンドプードル 30g

  • チコリのお花 適量
  • 卵白 適量





◆作り方

  1. アボカド・卵黄・プロテイン・ヨーグルト・レモン汁をボールに合わせ、バーミックスで滑らかに撹拌します。
  2. ペコリーノロマーノは予めミルで粉砕しておきましょう。
    1に加えてスパチュラで混ぜ込みます。
  3. 全粒粉薄力粉・アーモンドプードルを合わせてふるい入れ、スパチュラで混ぜ込みましょう。
    しっとりとした大ぶりなそぼろ状になればOKです。

    20200928 00012.png20200928 00013.png
    20200928 00014.png


  4. 大きめにカットしたラップの上に移し、形を調えながらぴったりとラップで包みます。
    冷蔵庫で1時間ほど冷やしましょう。

    20200928 00011.png

  5. 冷えて扱いやすくなった生地を包丁で切り分け、オーブンシートを敷いた天板に並べます。
    刷毛で卵白を表面にぬり、さっと洗ってスピナーでしっかり水切りをしたチコリのお花を貼り付けましょう。
    上からも卵白を刷毛でぬり、200℃に予熱したオーブンへ。

    20200928 00007.png

    設定温度を170℃にして15〜18分。

    20200928 00009.png

    焼きあがったら熱いうちに網の上に移して冷まします。

    20200928 00010.png






table_s.gif





と、色あせたチコリのお花については少々不本意ではありますがアボカドクッキーそのものはとっても簡単。
実は、生地を1時間たっぷり休ませたのにも訳があります。

どうしても愛用しております『にがり』がオンラインでは納得いく値段で購入出来ない、そこで渋々畑の帰りに寄った久々のマックスバリュ。
新型コロナの一連で車中待機が常だった主人と、久しぶりにふたり一緒にお店の中に行こうと勇んで店内へ。
にがりの売り場も主人に知っておいてもらわないと後々困りますからね。

ふと主人の足が止まった精肉売り場、鶏のレバー。
『鶏のレバー、良いよねぇ、ゴボウと甘辛く煮てさぁ、生姜たっぷりでさぁ・・・』
今週の作り置き料理の一つは鶏レバーとゴボウの甘辛煮と相成りました。

20200928 00006.png

そう滅多にレバーを含め臓物系はお料理しない性分です。
加減というものを存じませんから下ごしらえに時間がかかること。
やれ血のかたまりだ、やれハツモトだとやっている間に、当初30分の予定だったクッキー生地の冷蔵時間は倍に跳ね上がりました。
おかげで余裕のハズだった時間にも追われるハメとなり、いつもはふたつ並ぶお昼のお菜も主人の分だけでギリギリ。

主人は鶏レバーに大喜びですから、ま、結果オーですけどね。
あ、でも、これからは毎週これを作ってと言い始めるまで気に入ってくれるとは予想しておりませんでした。
・・・い・や・で・す。





レバーはひと口大に切って氷水に10分ほど晒します。
ハツはハツモトを切り落として縦に切り込みを入れて開き、中の血の塊を取り除きましょう。
洗ってたっぷりの熱湯でさっと茹でてザルにとります。

お水とお酒、お醤油、みりん、お砂糖を圧力鍋に合わせて煮立て、レバーとハツを加えましょう。
乱切りにしたゴボウ、たっぷりの千切り生姜を散らして加圧すること10分間。
圧が抜けたら蓋をあけて煮詰め、仕上げに濃い口醤油と蜂蜜をちろり。
刻みネギを散らして出来上がり。

20200928 00016.png20200928 00017.png
20200928 00015.png






table_s.gif





主人と一緒に実店舗でのお買い物は本当に久しぶりでした。
そして主人は見逃しませんでした。
私が卵をお買い物かごにそっと入れたことを。

帰りの車の中、いえ、それどころかレジに並ぶ前に主人はもう察しておりました。
『今日卵を買ったってことは・・・だよね?』

20200928 00008.png

食べ物に関してだけは本当に感の良い主人。
主人に言われて思い出しました。
我が家のお約束、卵を買った翌日の朝は釜玉うどん。





秋の空気が漂う畑、日曜日は正に秋晴れでした。
2017年、3年前に収穫したバタフライピーの種を試しに蒔いたところのこの雄姿。

20200928 00018.png

こんもり衝立状態となって畑を区切っております。
お茶用に乾燥させるだけでなく、今年は種もたっぷり収穫出来そう。





daisy2-thumbnail2.jpg


posted by しんさん at 15:16 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

小麦粉、お砂糖、バター使いません〜ざっくざくオートミールクッキー

週末です。
今週頭に明けた4連休中に飲み過ぎた埋め合わせも順調に運び、主人の体重を含め体調は二人ともがまずまず良好。
今宵は金曜日、ちょっとだけお酒を多めに飲むことでしょうし、お昼は軽めのクッキーにしましょうか。

20200925 00005.png

今まででいちばんお気に入りの焼き上がり、ざっくざくのオートミールクッキーです。
小麦粉、バター、ついでにお砂糖を使用せずに焼いたザクザク、そして何より簡単なクッキー。
甘さはぐっと抑えてありますが、じっくり噛むことでドライフルーツやオートミールの素朴な風味が活きる私好みの味に仕上がりました。

20200925 00004.png

あまりに簡単なので今朝はちょっと時間にも余裕がありました。
ちょっと積んでみたりして。

ボールにどんどん足して混ぜていくだけなので本当に簡単ですよ。

20200925 00003.png





◆材料(小ぶりなクッキー7〜8個分といったところかしら)

  • オートミール 40g
  • ナッツ 45g(胡桃・カシューナッツ・アーモンドを各15gずつ使用)

  • 卵 1/2個(よく溶きほぐした状態で30g)
  • ココナッツオイル 大さじ2

  • プロテイン(ザバス〜SAVAS〜ウエイトダウンヨーグルト風味使用) 15g
  • アーモンドプードル 15g

  • ドライフィグ 15g
  • バナナチップス 15g





◆作り方

  1. オートミールとナッツは合わせてローストします。
    予熱なしのオーブン 160℃で10分間、我が家のオーブンではこれがお約束。

    20200925 00009.png

  2. よく溶きほぐした卵にココナッツオイルを2回に分けて加え、その都度泡だて器でしっかりと混ぜ合わせましょう。
    アーモンドプードルとプロテインを加え、スパチュラで混ぜ込みます。

    20200925 00008.png

  3. 1のナッツ類をざっくり刻み、オートミールと一緒に加えます。
    バナナチップス、刻んだドライフィグも加え、スパチュラで混ぜ込みましょう。

    20200925 00010.png

  4. ぎゅっと強く握って生地をまとめてからざっくり成型し、オーブンシートを敷いた天板に上に並べます。

    20200925 00011.png

    200℃に予熱したオーブンへ移し、設定温度を170℃にして30分。

    20200925 00012.png

    焼きあがったらそっと網の上に移して冷ませば出来上がりです。
    ざっくざくですよ。

    20200925 00006.png





line19.gif





1/2個分残った溶き卵、極僅かではありますがボールに残ったオートミールやナッツ類、双方まとめてお片付け。
鯖缶バーグでお片付け。

20200925 00001.png





  1. ボールに蒸し大豆とアンチョビを合わせ、フォークでざっくりとつぶします。
  2. 水を切った鯖缶、粗みじん玉ねぎとマイタケ、乾燥ひじき(戻さずそのまま)、溶き卵、コーンスターチを加えてよく捏ねまとめ、茶こしで米粉をふった青紫蘇の上に。

    20200925 00016.png20200925 00013.png
    20200925 00007.png


  3. フライパンに極薄く胡麻油をすり込み、手でぎゅっと握って青紫蘇を鯖缶生地に密着させながら並べます。
    両面こんがり焼いたら最後は味付け。

    20200925 00014.png

  4. 甘酢漬けみょうがの漬け汁にお醤油・オイスターソースを足して煮詰めます。
    鯖缶バーグに絡めて出来上がり。
    週末恒例のお片付け料理は今宵の日本酒のお供にも。

    20200925 00015.png






line19.gif





今朝は冷凍ご飯でさらに楽をさせてもらいました。
各地から取り寄せては自分たち好みの味を目下探求中のサバ、尾鷲のサバは今日で最後です。

20200925 00002.png

いつもね、サバの向きが気になるのです。
Googleさんに相談してもイマイチ明確な回答は得られません。

毎朝焼き魚を盛りつける際、朝食目前でワクワクが止まらない主人にどちらが良いかを尋ねます。
主人は大抵中骨のない上身を選ぶのですが、今朝、主人はほんのわずかな大小の差に惑わされ中骨のついた下身を本能的に選択しました。

2枚おろしにした上身のサバの盛り付け方。
こんなことも分からないまま半世紀以上過ごしてしまいました。





さ、今日は月にいちど、歯医者さんの定期健診です。
帰りに西友さんに寄って、主人が好きなカツオのお刺身かたたきを調達して参りましょう。
今夜はお待ちかねの日本酒です。



mono122.gif
posted by しんさん at 13:27 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

これで最後、カラフル4色白玉団子パフェ

冷蔵庫の隅で所在なげに鎮座しております資生堂のコラーゲンドリンク、いよいよ最後の1本となりました。
コラーゲンの黄色、バタフライピーティーのブルー、ビーツのピクルス液を使った赤、そしてお豆腐の白、4色の白玉団子もこれが最後。
今日は黒胡麻と豆乳のフルフルブラマンジェと合わせてみましたよ。
最後のカラフル4色白玉パフェです。

20200924 00003.png

発売当初から日々愛飲して参りました同品ですが、些細な不具合によりサントリー製を試した結果あっさり過ぎる鞍替え。
依頼サントリー製のコラーゲンドリンクを愛飲しております。
それに伴い、資生堂製コラーゲンはお片付けしたいものリストの仲間入り。

主人と半分こしてみたりお名残り惜しさもありましたが、コラーゲンが残り数本となったところで白玉団子に使うという荒技を見出しました。
淡い黄色のコラーゲン白玉は味もほんのりピーチ味(かな?)、見た目も味もお気に入り。
4色の白玉団子が並ぶ姿に目を細めるのもこれで最後でしょう。

20200924 00007.png

白玉団子の下には、アガーでフルッとかためた豆乳ブラマンジェ、そして黒胡麻ペーストを加えた黒胡麻ブラマンジェ、2色のブラマンジェが層になっています。

合わせた餡は緑豆餡。
緑豆、もち麦、ココナッツシュガー、ココナッツミルクを使った甘さ控えめの餡を小分けにして冷凍しておきました。
解凍して添えるだけなので楽々です。

20200924 00002.png





◆少々値の張る黒胡麻ペーストはミルで手作り

  1. 黒胡麻と少々の胡桃を合わせ、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストします。
  2. ミルに移し、しっとりするまで撹拌します。
    しっとりしたところで太白胡麻油を少しずつ加えてペースト状に仕上げましょう。

    20200924 00010.png
    20200924 00011.png20200924 00012.png


    黒胡麻ペースト完成、バタフライピーティーの蒸らしも終わりましたよ。

    20200924 00009.png






◆アガーを使った簡略版豆乳ブラマンジェへと進みます。

  1. 乾いたお鍋にてんさい糖 15g、アガー 6gを合わせてよく混ぜ合わせます。
    豆乳 400tのうち、先ずは100t程度を加えてよく混ぜ合わせましょう。
    その後残りの豆乳を注いでよく混ぜてから、徐に中火にかけて沸騰直前までゆっくり混ぜながら温めます。
  2. 出来上がった黒胡麻ペーストを25g程度ボールにとり、豆乳を少量加えてよくなじませます。
    黒胡麻がよくなじんだところで半量程度の豆乳を加え、デーツシロップをちろりと加えてそっと混ぜます。

    20200924 00013.png

    容器にそっと注ぎ、氷水をあてて冷やしかためましょう。

    20200924 00014.png

  3. 黒胡麻ブラマンジェがかたまったら、豆乳ブラマンジェ液をそっと注ぎます。
    お鍋の中でかたまってしまっていたら、軽く温めればすぐ液体になります。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、しっかりと冷やしかためましょう。

    20200924 00005.png

  4. その間に4色白玉団子の準備へ。

    白玉粉と液体は大体同量、1:1ではありますが、液体は僅かに控えめにして様子を見ながら足すのがよろしいかと。
    白玉粉 30gに対し、コラーゲン・バタフライピーティー・ビーツのピクルス液は各25g加えて先ずは捏ねます。
    その後極少量ずつ液体を足して程よいかたさに仕上げましょう。

    お豆腐白玉は、白玉粉 1に対してお豆腐 2弱。

    それぞれ耳たぶ程度のかたさにまとめ、包丁で等分して丸めましょう。
    たっぷりの熱湯でそっと茹でて氷水にとりますが、ビーツ白玉だけはいちばん最後に。
    色移りしてしまいますからね。

    20200924 00016.png20200924 00015.png
    20200924 00017.png


  5. 2食の豆乳ブラマンジェもかたまり、緑豆餡も解凍完了。
    これで準備完了です。

    20200924 00008.png

    後はブラマンジェの上に白玉団子を並べ、中央に緑豆餡を盛って出来上がり。
    いつもならば胡桃もトッピングするところですが、今日は黒胡麻ペーストに使用しましたからね。

    20200924 00004.png

     




table_s.gif





黒胡麻ペーストをミルで仕込む前に、毎朝の納豆に忍ばせるチアシートを粉砕しました。
そんな余計なことをしているから時間に追われるのです。

おまけに今朝は何だか不運続き。
せっかくフルッとかたまった黒胡麻ブラマンジェを氷水の中で転覆させてしまうし、豆乳ブラマンジェを注いだ後も派手に氷水浸水の不運。
すべて私が悪いのですが・・・

20200924 00001.png

と、言う訳で今日のお菜は作り置きしておいて助かった人参サラダ、これだけです。





table_s.gif





そう、我が家の食事は絵にかいたような尻すぼまりです。

朝は炭水化物もたんぱく質も発酵食品もがっつり。
お昼は一応炭水化物も少々。
そして夜は炭水化物なし、量も控えめ、主人は寝る前から翌日の朝食を楽しみにしております。

今朝は作り置き料理でもある山芋の漬け活用編。
漬け汁ごとミルでとろろ状にしてお蕎麦の上にたっぷりトッピング、漬け汁もろともお片付けといった塩梅です。

20200924 00006.png

夏の間は平日毎日拵えた茄子のお味噌汁。
胡麻油で焼き色がつくまでしっかり炒めた茄子のお味噌汁が主人のお気に入りでしたが、そろそろ茄子終わり大根に替わる頃合いでしょう。

イオンのネットスーパーでは茄子は品切れ、代わりに青首大根がお手頃価格になっておりました。
今日は木曜日。
3時過ぎたら土曜日の午前中に届けて頂くお買い物を完了しなければ。




daisy2-thumbnail2.jpg





posted by しんさん at 14:14 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする