2020年08月05日

オリーブオイルのお片付けグジェール

もともとトマトは大好きな夏野菜のひとつであります。
が、最近はオーブンでじっくり焼いてセミドライ状態にしたトマトが大のお気に入り。
今シーズンは今のところ生のトマトを食べたことはほぼない、そう言い切っても良いくらいです。

ミニトマトでも普通のトマトでも、予熱なしのオーブン 110℃で1時間35分(これが我が家のオーブンの最低設定温度、最長設定時間なので)でじっくり焼いて、あとはオリーブオイルに漬け込んで保存します。
その時の気分によって、ハーブやスパイス、ニンニクを加えてささやかな応用も。

そのほんのりトマト感その他が漂うオリーブオイル。
パスタに使うばかりでは能がない。
先日不本意な出来に終わったグジェール(☆彡)、今日はリベンジも込めてグジェールでこのオリーブオイルを有効利用。

20200805 00003.png

うん、完璧とは決して言いませんが、まぁこんなものでしょう。
自家製セミドライトマトを漬け込んだ後のオリーブオイルの有効利用、オリーブオイルを使った全粒粉グジェールです。

20200805 00004.png

オリーブオイルにはエルブ・ド・プロヴァンスを加えてセミドライトマトを漬け込んでありました。
ほんのりハーブの風味に加え、チーズとベーコンの程よい塩気が良い感じです。

今宵はワインのおともになるとは言え、塩気が強すぎるグジェールはお家ではちょっと控えたい年齢ですからね。

20200805 00005.png





◆材料(直径4〜5センチのグジェール14個分といったところ)
  • セミドライトマトを漬け込んであったオリーブオイル 50g
  • お水 100g

    ※オリーブオイルはニンニクが入らないよう計量します


  • 全粒粉薄力粉 (ザルでふるっておきます) 40g
  • 卵(室温に戻して溶き混ぜておきます) 2個


  • ベーコン 20g
  • ペコリーノロマーノ 20g

    ※ベーコンは凍った状態でミルで粉砕しコーンビーフ状態に
    ※ペコリーノロマーノは同じくミルで粉砕して粗い粉状にしておきます


  • トッピング用のペコリーノロマーノ、黒胡椒 各適量

    20200805 00009.png20200805 00010.png







◆作り方

  1. オリーブオイルとお水をお鍋に合わせ、中火で煮立たせます。
    全体がしっかり煮立ったところで火からおろし、ふるっておいた全粒粉薄力粉を一気に加えて素早く木べらでなじませましょう。

    生地がひとつにまとまったところで再度中〜弱火にかけ、木べらで練り混ぜながら1分弱加熱します。
    鍋底に白い膜のようなものがうっすら張ってきたら火を止め、鍋敷きの上に移して更に練り混ぜましょう。

    20200805 00011.png20200805 00012.png


  2. 溶き卵を少しずつ、生地の熱で火が入ってしまわないよう素早く混ぜながら加えます。
    最初はツルンッとした感じで分離しますが、徐々に滑らかになってきます。

    生地を木べらで持ち上げてみて、ゆっくりと三角に落ちていくのが理想的。
    卵の量もこれを目安に加減します。

    20200805 00013.png

  3. ミルで粉砕しておいたペコリーノロマーノとベーコンを加えてよく混ぜましょう。

    20200805 00014.png

    1pの丸型口金を付けた絞りだし袋に移して準備完了。

    20200805 00015.png

  4. オーブンシートを敷いた天板の上に十分に間をあけて丸く絞り出します。
    指先をちょっとお水で濡らし、中心の尖った部分を少し押さえてあげましょう。

    トッピング用のペコリーノロマーノを散らし、黒胡椒を挽きます。
    霧吹きで2〜3回お水を吹きかけ、素早く220℃に予熱したオーブン庫内へ。

    20200805 00016.png

  5. 設定温度を200℃にして先ずは15分、その後180℃で10分弱。
    扉を開けず、そのままオーブン庫内で粗熱をとります。

    20200805 00007.png

    昨日もやっぱり拵えたセミドライトマト。
    夜のうちにオーブン庫内へ放り込んで、朝まで放ったらかしで出来上がり。

    20200805 00017.png






il-plants5-thumbnail2.gif





いつだったか、カレーを毎日食べたい一心の主人が衝動的に購入した“パタックスのホットカレースパイスペースト”
瓶詰とは言え、開封してあるので早々に使い切ってしまいたい在庫食材のひとつ。

先日はこれで簡略版ながらモロッカンスパイスミックスナッツを拵えました ⇒ ☆彡 2020年07月31日
いよいよ今日でお片付け完了のカレーペースト、最後は鶏ささみと合わせてみましょうか。

20200805 00001.png

オーブンで仕上げるスパイシーなチキンフライ風の一品。
パン粉があるものだと思っておりましたが、生憎いつぞやのお片付けで我が家の常備からは外された模様。
おやまぁならばと、オートミールを衣代わりに思いつきましたよ。




  1. 鶏ささみは筋を除き、筋の方向に沿って細長く2〜3等分します。

    20200805 00008.png

  2. カレーペースト・ヨーグルト・鶏ささみをビニール袋に合わせてよくもみ込み、30分ほどなじませておきましょう。
  3. オートミールに極少量のオリーブオイルを垂らし、フライパンで乾煎りして全体になじませます。
    これを2のビニール袋に加えてよくなじませ、オーブンシートを敷いた天板に形を整えながら並べましょう。

    20200805 00021.png20200805 00019.png
    20200805 00020.png


  4. 180℃に予熱したオーブンで10分ほど焼き、そのままオーブン庫内で粗熱をとれば出来上がり。
    しっとりスパイシーな鶏ささみのスパイスチキン、食べやすさも魅力です。

    20200805 00018.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝の主食は久しぶりの鶏粥、そう、主人の大好物です。
鶏粥の塩気も考慮し、お魚は塩サバをやめて多少は塩分が低いであろうしめ鯖に。
甘酢漬けミョウガを刻んでたっぷり添えました。

20200805 00006.png

何しろ最近は実店舗での食材調達を完全に拒否しております。
野菜は産直アウルさんでお願い出来るとして、お肉はなかなかの高難度。
まぁ、もともと食材として“お肉”にあまり興味がなかったのが、この状況でひと際無関心になった、それだけのことでしょうが。

ですが、ふと主人に提案しました。
ね、嫌でなければ仕事帰りにいつものお肉屋さんに寄ってきてくれないかな?と。
もちろん主人はふたつ返事で快諾、そしてずっしりと重い程の鶏肉、そしてベーコンを抱えて帰宅しました。

・・・可哀そうに、鶏肉、食べたかったのね。
言えば良いのに。

そんな主人お待ちかねの鶏料理。
さぞやお昼のスパイシーチキン、ささ身ではありますが、お口いっぱいの幸せを噛みしめていたことでありましょう。
夜用に少し残してあるからね。
今宵はグジェールとロゼかしら。
そしてその合間にきっと主人はスパイスの効いたチキンを頬張るのでしょうね。
51歳最後の夜です。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:19 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

プロテインバー 〜 盛夏ver.

ちょっとしたご縁もあり、ハーバライフ社のプロテインを多く頂いた時期がありました。
同社のプロテインを使ったアイスクリーム、プロテインローチョコレート等々、プロテインラボと勝手に銘打って色々楽しませて頂きましたっけ。

ハーバライフ製のプロテインは使い勝手が良く、何より美味しくもありましたが、かと言って日常の食事をたとえ1食でもプロテインに置き換えるという程のプロテイン愛好者ではありません。
それは主人も同じこと。

平日は御覧の通りの食生活を過ごしておりますが、週末、特に畑仕事に向かう前などにあれだけの量をお腹に収めていては返って体にも悪影響。
週末の朝食、ちょっとヨーグルトに添えたりスムージー用の食材の一員にしたり、そんな時にプロテインはとっても便利。
高価なハーバライフ製のプロテインではありませんが、我が家でもプロテインを常備すべくオンラインで注文することと相成りました。

今日はそんなプロテインを使った一品。

20200804 00001.png

ハーバライフ社のプロテインを愛用していた頃にもよく拵えたプロテインバーです。
主な材料はオートミール、ナッツ各種、レーズンその他、豆乳少々、そしてヨーグルト風味のプロテイン。
最近お気に入りの全粒粉ビスケット、プルーン&イチジク風味のGerble(ジェルブレ) を隙間なく並べてみましたよ。

ですが今日のプロテインバー、注目すべきは “盛夏ver.” 、ここがポイント。


20200804 00007.png

プロテインバーやプロテインボールの類を拵える場合、ココナッツオイルを使用するのが常でした。
ですが今の時期、ココナッツオイルを使うのはあまりに無謀。
アイスクリームを持ち運ぶくらいの覚悟で保冷剤を多用せねば、たとえクーラー効き過ぎな主人の車中ですら惨劇は免れませんからね。


20200804 00002.png

盛夏ver.のプロテインバーはアガーを使ってみました。
アガーなのでいちどかたまってしまえば60℃を超えてもへっちゃら、盛夏でも持ち運び可能というわけです。

20200804 00003.png

ココナッツオイルを使用したプロテインバーとは食感も異なりますが、これはこれで上々の出来栄えです。
実際、主人も随分とお気に召したご様子。
もちろんこれがプロテイン、しかもアガーとは気づかなかったようですけどね。
作り方もとっても簡単ですよ。


20200804 00004.png





◆材料(野田琺瑯のレクタングル浅型Sサイズにひとつ分)

  • オートミール 65g
  • アーモンド・胡桃・カシューナッツ 各20g

  • SAVAS(ザバス)ヨーグルト風味 30g
  • アガー 10g
  • 豆乳 200t

  • クコの実・レーズン 各適量
  • Gerble(ジェルブレ) プルーン&イチジクビスケット 5枚

    20200804 00010.png






◆作り方

  1. オートミール、ナッツ類は合わせて予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。

    20200804 00017.png

  2. お鍋にプロテインとアガーを合わせてよく混ぜておきましょう。
    豆乳の半量程度を先ずは注ぎ、ダマにならないようスパチュラでよくなじませます。
    それから残りの豆乳を加えてよく混ぜ、徐に中〜弱火にかけて混ぜながら温めましょう。

    ぽってりと葛餅のような状態になったら火からおろします。

    20200804 00014.png20200804 00015.png
    20200804 00013.png


  3. ローストしたナッツ類とオートミール、レーズンとクコの実を加えてスパチュラでよく混ぜ合わせます。

    20200804 00018.png

  4. オーブンシートを敷いた容器に移して表面を平らにならしましょう。
    オーブンシートで覆い、フライ返しでぎゅっと押さえながら形を整えます。

    20200804 00016.png

    ジェルブレビスケットを敷き詰め、更にオーブンシートで覆ってフライ返しで押さえましょう。
    割れてしまったジェルブレもご愛敬。

    20200804 00008.png

  5. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしかためます。
    包丁でお好みの大きさに切り分ければ出来上がり。

    20200804 00005.png







line01.gif





自主的外出自粛による相変わらずの青果物不足、でも乾物や自家製野菜、おうちでイオンや産直アウルさんらのおかげでストレスなく楽しんでおります。

プロテインバーに添えるはいつものスタイル、ジャーサラダ。
今日はひじきと高野豆腐、蒸し大豆のサラダにザワークラウトを合わせてみましたよ。

20200804 00006.png





梅干しを漬け込んだ際の赤紫蘇、残った分をニンニクと一緒に酢漬けにしてあります。
そのままでは刺激が強くてとてもとても食べられたものではありませんが、極少量、ほんの隠し味程度の使い方ならば奥行きが出てなかなかの優れもの。

タマネギ、酢漬けニンニク、ヨーグルト、ハーブソルトを合わせてバーミックスで撹拌してドレッシングに。
熱湯で戻した高野豆腐、ひじき、市販の蒸し大豆を合わせて乾物のサラダに仕上げます。

ジャーの底には市販のザワークラウト、その上には自家製セミドライトマトのオリーブオイル漬け、乾物サラダをたっぷり盛って出来上がり。

20200804 00011.png







line01.gif





今朝の主食は主人大喜びの釜玉うどんです。
具沢山のお味噌汁もいつものようにお隣に。

お買い物に行っておりませんので、サバの味噌煮やイワシのお酢煮は最近拵えておりません。
が、その分主人が張り切ってしめ鯖や塩サバを取り寄せてくれるので、せっせせっせと冷凍保存。
まもなくイワシが2種届くようですが、冷凍庫の空きは大丈夫かしら。

20200804 00009.png

月曜日の朝に間に合うよう、蒸した大豆と市販の納豆で1週間分の納豆を準備します。
納豆のタレは使いませんが、その時々冷蔵庫の中の食材と相談しては添えております。

今なら先日頂いたミョウガを醤油漬けにしてありますから、それが納豆に添えられること多々。
ですが今日はちょっとお遊び。
先日拵えたピーマンとこどもピーマンの丸煮、その煮汁をアガーでジュレ状にして納豆に添えます。
ほんのりピーマンの風味漂うジュレ、意外とチアシード入り納豆に合うのです。
いつも納豆に垂らすオリーブオイルには今日はご遠慮いただいてあっさりと。





今日は仕事帰りに主人がお肉屋さんに寄ってきてくれるそうです。
我が家の冷凍庫に久しぶりにお肉が追加されることと相成りました。
お礼も込めて、明日の朝は鶏粥にしましょうね。



hana2.gif
hana1.gif







posted by しんさん at 14:08 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

ささやかな自家製ゴーヤ、丸ごとゴーヤの天むす

ボヤくのも忘れてしまうほどの長雨、このまま梅雨明けの発表を聞かないまま2020年は秋になってしまうのかと不安ばかりが募っておりました。
そんな状況での先日 8月1日の梅雨明け、今年の梅雨明けは例年以上に喜びもひとしおです。

ですが災害こそ免れたとは言え、この長雨でさぞや畑も壊滅的な状態に・・・
トマトもズッキーニも下仁田ネギも掘り起こし、畑全体の土を耕して秋に備えるつもりで畑に向かった日曜日。

20200803 00006.png

バタフライピーが可愛らしくお出迎えしてくれましたよ。
もともと、数年前にほんの数株成長したバタフライピーの種を撒く機会もなく保存してあったもの。
発芽するかも怪しんでおりましたバタフライピー、ほぼすべてが発芽して開花にまで至っております。

1週間ずつ小分けにして蒔いたバタフライピーなので、開花時期もバラバラ。
少しずつ花を摘んでは、少しずつ干して、少しずつ保存瓶に移し、地道に在庫を増やしていくつもりでおります。

20200803 00018.png

湿気に強いのがバタフライピーならば、生命力に満ち満ちているのはゴーヤ。
案の定ズッキーニや茄子のほとんどは死滅しておりましたが、ゴーヤだけは多雨をあざ笑うかのように立派な実をつけておりました。

そしてその隣ではひとり生えしたツルムラサキも。
野菜の価格高騰をしばしば耳にする今、畑の野菜がいつも以上に愛おしく感じられます。

20200803 00005.png

そんな貴重な野菜ですもの、ゴーヤだって普段以上に大事に扱いたいものです。
普段は種とワタを除いて氷砂糖漬けにすることが多いゴーヤですが、ふとワタも食べられるという話を思い出しました。

いえ、確か数年前、実際にワタを料理したこともありました。
最近はちょっとゴーヤに慣れてしまったのか、ワタや種を捨てるのに慣れてしまっていましたが、ここでちょっと原点に戻って。
丸ごとゴーヤの天むすなどいかがでしょうか。

20200803 00010.png

ゴーヤを丸ごと唐揚げに。
いや、竜田揚げというのかしら。
ワタも種もそのままのゴーヤを輪切りにし、ほんのりニンニクを効かせた下味をつけた後、米粉を付けてからりと揚げました。

20200803 00011.png

2本収穫したゴーヤのうち、1本は常備菜として干しえのきと一緒に氷砂糖漬けに。
その時除いたワタも単独で竜田揚げにしましたが、ワタはふわふわ、種はサクサクでこれは美味しい。
なぜ今まで捨てていたのか、そう思うほど一品として完成されておりました。

20200803 00009.png

丸ごとゴーヤの竜田揚げ、これは主人も相当お気に召したようですよ。
以降、ゴーヤが収穫出来た暁には丸ごとゴーヤの竜田揚げ、そして天むす、これがお決まりになりそうです。

20200803 00008.png





ゴーヤの竜田揚げの下味に使ったニンニクのペースト。
これも是非常備しておきたい立役者のひとつです。

  1. ニンニクは皮をむき、圧力鍋で15分蒸します。
  2. バーミックスで滑らかなピュレ状にし、ジッパー付き保存袋に分け入れ平らにして冷凍庫へ。

    20200803 00001.png20200803 00002.png
    20200803 00003.png


  3. 少し凍ったところで菜箸を押し当てて筋を作っておきます。
    この状態で冷凍保存し、使う分からパキパキ割って使う分だけ取り出し使います。

    20200803 00004.png





この便利なニンニクピュレを使って、丸ごとゴーヤの竜田揚げ。
とっても簡単。
  1. ゴーヤをきれいに洗って水気をふきとり、1p程度厚さの輪切りに。
    ボールに移し、にんにくペーストとだし醤油を絡めます。

    20200803 00019.png

  2. 米粉を加えてよく混ぜましょう。

    20200803 00020.png

  3. 熱した太白胡麻油でじっくり揚げれば出来上がり。

    20200803 00007.png

    網の上に並べて油をきります。

    20200803 00012.png




十六雑穀を混ぜ込んだご飯、ほんの少しヨーグルトのホエーを足して炊くと驚くほどもっちりと炊き上がります。

20200803 00022.png

ふわりとラップにとり、油を切ったゴーヤの竜田揚げをそっと包み用に握りましょう。

20200803 00021.png

ラップを除き、海苔を巻いて出来上がり。

20200803 00015.png







il-plants5-thumbnail2.gif





最近は農協の朝市にも行かず、もっぱらイオンのネットスーパーかアウルさんで野菜を頼んでおります。
先週アウルさんでお願いした野菜は、カボチャ類以外全てお料理にして冷蔵庫の中。
そろそろ食べてしまわないとよろしくない。

丸ごとピーマンとこどもピーマンの煮物をアガーでかためてリメイク。
室温でも溶けないアガーなら、お弁当でも大丈夫。

20200803 00014.png





丸ごと煮たピーマンとこどもピーマン。
煮汁とアガーを合わせてアガー液にし、何事もなかったかのように容器に注ぎ直すだけ。
後はアガーがかたまるのを待って、ざっくり煮汁を崩してお弁当箱に。

20200803 00023.png







il-plants5-thumbnail2.gif





冷凍塩サバはさっと日本酒を霧吹きで吹いてからお魚焼き網で焼きます。
先週拵えたオクラの胡麻和えは、ちょっと味付けを濃いめにしてから納豆の上に。

畑で分葱が自生しておりました。
先週買った小葱と合わせてお味噌汁の薬味に。
やはりお味噌汁に刻みネギが加わるとぐっと雰囲気がでます。

20200803 00013.png

梅雨明け途端の今朝のこの雨。
早速梅干を仕上げようと張り切っておりました私には少々残酷な気もするのですが、ま、天気に何を言っても適うはずもありませんものね。





リビングでは帰宅した主人が仕事部屋の空きを待っています。
クーラーの冷風も応え始めましたのでお部屋を譲りましょう。
今週は野菜不足な状態でのスタート。
こんなネガティブな状況がやる気を起こさせるのです。


sagi.gif





posted by しんさん at 14:23 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする