2020年06月29日

ふきの葉の豆板醤漬け〜最後のお結びさん

過去に2度ほど、主人に半ば騙され半ば強引に小さなライブハウスに行ったことがあります。
岐阜市のささやかな繁華街、柳ヶ瀬の外れの地下にある小さな、私の意思単独では決して足を踏み入れることはない佇まいのライブハウスに。

開場待ちをする観客の方々は私たちより少し年長といった感じの殆どが女性。
黒づくめのレース生地のロングスカート、ブーツ、そして手には黒いレース生地の扇子といった方々もちらほら。
彼女ら、そして主人が待ち侘びておりました舞台に立つは“face to ace”

聖飢魔Uのギタリスト、真っ赤な軍帽が印象的(主人がそう説明してくれたのでそうなのでしょう)だったエース清水氏、そして主人曰く音楽センスは抜群らしい本田海月氏おふたりによる音楽ユニット。
週末土曜日、彼らの無観客ライブ配信を主人とふたりで鑑賞致しました。

初めての無観客ライブ配信、投げ銭チケット。
最初は正直これに何の意味が?とも思っておりましたが、いえいえ、なかなか快適で魅力的。

狭い天井の低いライブハウスで立ちっぱなしもなければ、タバコの煙に顔をしかめることもなし。
何より地下と閉所が嫌いな私にとって、クーラーの効いたお家でカミュをチビチビ飲みながらのライブは快適そのもの。
途中10分間の休憩もあり、その間に夕食の支度が出来て大助かりなんて声も多々。
子供と一緒に鑑賞しています、なんて声も。
何らかの障害があってライブを諦めていた方もこれなら存分に楽しめるのではないかしら。

画面越しではありますが意外と夢中になった2時間、こんなライブならまた是非主人に付き合ってあげる、そんな気分でした。





さ、週明けの本日、月曜日は慣らし運転といった気楽なお昼ご飯。

20200629 000001.png

5月の半ば、頂いたふきの葉っぱを豆板醤漬けに致しました ⇒ 2020年05月18日
茹でてお水に晒し、アク抜きをしたふきの葉っぱを合わせ調味料に漬け込んだ簡単なふきの葉の保存方法。
お結びにしたり、ご飯の代わりにおからを包んだり、刻んで日本酒の肴にしたりと大変重宝致しました。

が、そろそろお片付けした方が良い頃合い。
最後はやはり定番のお結びに。

20200629 000002.png

ふきの葉と言えば佃煮風のお料理しか思いつかなかった私には目からうろこの豆板醤漬け。
豆板醤がピリッと効いたふきの葉に酢飯、この組み合わせはこの季節の風物詩にもしたい味です。

20200629 000003.png





夏野菜が旬を迎える頃の我が家の作り置き料理、お酢を使ったものが大半を占めます。
今シーズンはトウモロコシのピクルスがヒット。
実家の母親が持たせてくれたトウモロコシ、茹でて冷凍するのも忍びないと初めて試したトウモロコシのピクルス。
茹でたトウモロコシを縦に切って漬け込むだけなのですが、これが美味しい。

トウモロコシを楽しんだ後は、寿司酢として有効利用。
アボカド、新生姜の甘酢漬け、甘酢漬けミョウガを刻んでピクルス液で和え、炊き立てご飯に混ぜ込んで握ります。

ふきの葉っぱで包めば、はい、出来上がり。

20200629 000008.png20200629 000009.png
20200629 000004.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





作り置き料理として、圧力鍋で高野豆腐を煮ました。
やわらかく戻した高野豆腐を少量取り分け、お豆腐・人参の切れ端、ベジミート、なまり節等と合わせてがんもどき風の一品に。
ピクルス液を少し煮詰めて味付けに使います。

20200629 000007.png





やわらかく戻した高野豆腐はしっかり絞って細かくちぎります。
木綿豆腐・刻み人参・ベジミート・なまり節等を合わせて卵を加え、お団子状にして太白胡麻油で揚げましょう。

ピクルス液に薄切り玉ねぎ等を加えて少し煮詰め、揚げたてのがんもどきをさっとくぐらせ網の上に。
ほど良い酸味のがんもどき、お弁当にもぴったりです。

20200629 000011.png20200629 000010.png






地味ですが心和むお弁当です。

20200629 000005.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





日曜日の畑は午前中の大雨のために中止致しました。
それに伴い食材調達もあっさり中止。

そうは言っても、少し前までは農協の直売所に行けないのに多少のストレスを感じておりました。
ですが柔軟性には自信がある性分、『OWL』なるサイトを見つけてからは農協の直売所とも疎遠に。
OWLで最初に取り寄せたのはバラのニンニク。
もともとバラバラにほぐして冷凍しておりましたので、バラして、しかもしっかりと乾燥させてから送って下さるのには大助かり。
しかも、『良いの?』って程のお手頃価格。
やがては農協の直売所に通う日も戻ってくるのでしょうが、取り敢えず今はOWLで大・大・大満足致しております次第です。

20200629 000006.png

日曜日の食材調達を中止致しましたので、今朝のお魚は冷凍しめ鯖。
大好きなアボカドとの組み合わせはいつもの通りですが、今朝は薄切り玉ねぎをピクルス液で和えて添えてみました。
ちょっと胡麻油を垂らしてね。
主人が厳選したお酢を使ったピクルス液ですもの、有効利用しなきゃ申し訳ない。





さ、今日は朝から良いお天気です。
明日からはまた梅雨空に戻るとのこと。
食材調達を兼ねて畑に行ってきましょう。

主人はお家でお仕事していてね。
つなぎもふたり分洗うのは大変なのですから。

kit32.gif



posted by しんさん at 14:21 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする