2020年05月26日

ザっクザク オートミールとプロテインのクッキー

2020年、主人の誕生日の翌日です。
もともとイベントごとに無頓着な性分ですので、お互いの誕生日にどこかで食事とかには拘りません。
そう言うと主人に叱られそうですけど。
『どぅちゃんの誕生日は毎年京都、俵屋さんだもんね』と。

それでも主人の誕生日には何かしらのプレゼントは心掛けております。
今年の誕生日プレゼントはこちら。

20200526 00012.png

1ヶ月以上も前に頼みましたよ、Amazonさんで。
ずっとクローゼットに寝かせておきました。
よくまぁ自分でもずっと内緒に出来たものよと感心致しております。

ふたりで飲むと、出会う前、若い頃の思い出話にたどり着くことも多々。
よく主人が話してくれるのが、学生時代のバイトのお話。
バーでバイトをしていた頃、当時はバブル真っ只中でしたからね、とあるお得意さまがショットグラスにほんの少し、カミュをご馳走してくれたそうです。
それがあまりに美味しくて、と。
今、この歳になった僕が飲んだらどう感じるんだろう・・・そんなお話をね、ふたりで酔いながら云々と。

なのでご用意致しました。
52歳になった主人、年を重ねて飲むカミュのお味はいかがでしたか?
そしてマドレーヌ食べ比べのご感想は?





外出自粛?
出掛けようが出掛けまいが我が家はやはり楽しいのであります。





そんなお誕生日の翌日。
理想的なザクザククッキーが焼き上がりましたよ。
オートミールとプロテインを使ったザックザク食感のクッキーです。

20200526 00001.png

プロテインとオートミール、クッキーの材料としても頻繁に使用する組み合わせです。
ですがいつもはお豆腐やらバナナやらをここに加えるので、どうしてもしっとり食感のクッキーが焼き上がってしまいます。

が、今日は強気に攻めてみましたよ。
まとまるのがやっとな生地を低温でじっくり焼いてみたところ、私好みのザックザククッキーに仕上がりました。

20200526 00002.png

小麦粉、米粉等は使用せず、オートミールとプロテイン、酒粕が主な材料。
バターの代わりはココナッツオイルを少々。
酒粕でやっと生地をまとめるという強気な工程ではありますが、歴としたグルテンフリークッキーですよね、これ。

20200526 00005.png

バラバラとモロく崩れると思いきや、意外やそこはまとまり感を誇った生地。
ヘルシーながらなかなかタフなクッキーに仕上がりましたよ。
もちろんとっても簡単です。

20200526 00004.png





◆材料
  • オートミール 40g
  • アーモンドと胡桃 合わせて20g

  • プロテイン(チョコレート風味) 40g

  • ココナッツオイル 30g
  • デーツシロップ 15g
  • 酒粕 40g
※愛用致しておりましたハーバライフ製のプロテインを使い切ってしまいました。
 アウトレット価格になっておりましたザバス(SAVAS) ホエイプロテインリッチショコラ味をお取り寄せ。

20200526 00008.png






◆作り方
  1. オートミールとナッツ類は合わせて予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきます。
    冷めたら丈夫なビニール袋に入れ、すりこ木等で叩いてざっくりと砕いておきましょう。
  2. ボールにココナッツオイル・1・プロテインを合わせ、デーツシロップを回しかけてスパチュラでなじませます。
    酒粕を細かくちぎって加え、両手ですり合わせるようにしてなじませましょう。
    生地を4等分し、ぎゅっと握って生地をまとめます。

    20200526 00013.png
    20200526 00014.png20200526 00015.png


  3. オーブンシートを敷いた天板に間をあけて並べ、目玉焼きリングを使って生地をのばします。

    20200526 00010.png

    170℃に予熱したオーブンに移し、設定温度 160℃で15〜20分焼きましょう。
    ほんのり表面に焼き色がつけばOKです。
    焼きたては崩れやすいのでそのまま冷ましましょう。

    20200526 00011.png

    粗熱が取れたらオーブンシートごとそっと網の上に移して冷まします。
    完全に冷めれば生地も落ち着いて崩れにくくなりますよ。

    20200526 00006.png






rain13.gif





最近お安くなってきたトマト。
つい買い過ぎてしまいます。

低温のオーブンでじっくり焼いたトマトは甘みが増してそれだけでも本当に美味しい。
自家製スナップエンドウの実やアボカド等々、グリーンの野菜と合わせれば色合いまで魅力的。
たっぷりのお豆腐クリームを添えたジャーサラダに。

20200526 00009.png

我が家にマヨネーズは常備しておりませんので、しばしばこのお豆腐クリームがマヨネーズの役割を果たします。
加える材料は適当でへっちゃら。
酸っぱいの、甘いの、ほんの少しの油、塩気のある食材・・・これらが水切りしたお豆腐と合わされば大抵それらしく仕上がるものです。





お豆腐は熱湯で軽く茹でてから、キッチンペーパーに包んで適度な重石をします。
しばらくおいてクリームチーズ状になるまでしっかり水切りをしましょう。

しっかり水切りをしたお豆腐に今日合わせたのは、面取りした人参の切れ端、白味噌、てんさい糖、干しエノキ、自家製塩レモン、自家製ルバーブの酢漬け、極少量の胡麻油、レモン汁・・・こんなところかしら。
全部合わせてバーミックスで攪拌するだけ。

お手頃価格のエノキは、2パックほどまとめて干しエノキにして常備します。
軽くほぐしたエノキを1日〜2日間天日干しし、水分が抜けてほっそりしたところで110℃のオーブンで20分ほど。
カリカリに乾燥すれば出来上がり。
ゴーヤと一緒に酢漬けにしたり、お味噌汁に加えたり、今日のように水気のある食材のサポートとしても大活躍。

20200526 00016.png
20200526 00017.png20200526 00018.png


いつもなら、輪切りにしたトマトは予熱なしのオーブン 110℃で1時間半、前日のうちにじっくりゆっくりローストしてそのまま放置。
ですが今日は急きょ思い付きでしたので、クッキーの片手間、150℃程度で数十分。
ジャーの底に敷いて塩茹でにしたスナップエンドウをちろり。
アボカドとみじん切り玉ねぎ、レモン汁を合わせ、最後にお豆腐クリームをたっぷりと。

20200526 00019.png






オートミールとプロテインのザックザククッキーに野菜たっぷりのサラダ。
さすがプロテイン、お腹いっぱいになりますよ。

20200526 00007.png





rain13.gif





しばらく主人のお誕生日モードが続きそうです。
昨日の朝、釜たまうどんにするか卵かけご飯にするかで大いに悩んでおりました主人を思い出し、今日は昨日モレた卵かけご飯に致しました。

もちろん主人は大喜び。
ささやかな幸せを噛みしめておりました。

20200526 00003.png

久しぶりの真サバの味噌煮。
2週間ほど真サバが手に入らない週が続きましたので、煮汁の継ぎ足しは止まってしまいましたがそれでもやはり美味しい。





今日からしばらくはハーブティーとスパイスティー週間。
はしゃぎ過ぎた体内アルコール濃度をリセット致します。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:02 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする