2020年05月19日

ネギペーストとマッシュルームのオープンサンド

昨日、久しぶりに近所のマックスバリュに行ってきました。
製菓用のブランデーとレモンを買いにね。

そう、間もなく主人の誕生日。
主人から催促された誕生日プレゼントはオーソドックスなマドレーヌ。
要するに、バナナやらプロテインやら在庫食材を適当に使うな、というのが心情なのでしょう。
しっかりバターを使い、お砂糖を使い、白い薄力粉を使いした余計なことをしないマドレーヌ。
何とか主人を説得し、全粒粉を使うことだけは許可してもらえました。

さて。
久しぶりのマックスバリュは、気のせいか最後に行った時より空の陳列棚が目立っていたような気が致しました。
特に製菓用リキュールのコーナーはそれそのものが存在しない。

仕方なくスーパーマーケットの梯子をし(と言っても2軒だけですが)、手に入れたのはサントリーブランデーV.O
普通に飲むブランデーですが、まぁそう高いものでもなし。
と申しますか、確かに製菓用のブランデーをひと瓶買うより経済的だな、そうブランデーを眺めては納得している次第です。
何が品薄になるのか全く読めない昨今、スリリングです。





在庫食材を使いこなす姿勢が裏目に出た今回の主人からのお誕生日プレゼント申請ではありますが、人の性分はそうそう変わるものではありません。

今日もやっぱり在庫食材に取り組んでおります。
本日白羽の矢が立った在庫食材は、育ち過ぎたネギ、そして収穫した新玉ねぎの葉っぱ。
全部まとめてネギペーストに、そして最近お気に入りのオープンサンドに。

20200519 00001.png

称してネギペーストとマッシュルームのオープンサンドです。

ペコリーノロマーノをたっぷり敷き詰めた自家製ビーツ食パン。
マッシュルームにネギペーストをたっぷりからめたフィリングをたっぷりと。
レモンをぎゅっとしぼって召しあがれ。

20200519 00002.png

新玉ねぎの葉っぱも加えたネギペーストは心も踊る鮮やかなグリーン。
流石に新玉ねぎの葉っぱを使うレシピにはヒットしませんでしたが、ネギベーゼなる素敵なネーミングで市民権も得ているようでございます。

私が拵えたネギペーストは、ネギベーゼのように松の実等は使っておりません。
材料はほぼかたくなったネギ、そして玉ねぎの葉っぱとシンプルです。
なのでその分、使うその都度味付けで遊べるのが楽しくもあります。
なにより相当量の青ネギや玉ねぎの葉っぱがお片付け出来ますものね。

20200519 00008.png

ネギペーストにまとわりつかれ身動きのれないマッシュルーム。

20200519 00009.png

ネギのヌメリもそのまま使ったネギペーストはきっと栄養もいっぱい残っているはず。
分葱でもネギでも、自家製野菜はヌメリまで愛おしいのです。

・・・ただの貧乏性ですけどね。

20200519 00003.png





  1. パンは以前焼いて冷凍しておいたビーツの全粒粉パン ⇒ ☆彡 2019年11月14日
    よくあることですが随分と寝かせましたね。
    自然解凍し、スライスしたペコリーノロマーノを敷き詰めてトーストして冷ましておきましょう。

    20200519 00011.png

  2. ネギと玉ねぎの葉っぱを使ったネギペースト、ネギベーゼを作りましょう。
    それぞれの葉っぱはぶつ切りに。
    玉ねぎの葉っぱの付け根部分は、この後お味噌汁の一員となります。

    20200519 00012.png

    お塩を加えた熱湯で茹でてザルにとります。

    以外ですが、新玉ねぎの葉っぱは意外とすぐにやわらかく茹だります。
    ネギ坊主が咲いたネギの方がなかなかしんなりせず相当な強情者。
    しっかり水を切ってボールに移し、にんにく・白味噌・オリーブオイル・お塩・極少量のお酢を加えてバーミックスで攪拌しましょう。

    20200519 00016.png

    量が量ですのでバーミックスでも大変です。

    20200519 00013.png

  3. 出来上がったネギペーストは、味付けがシンプルですので応用も自在。
    今日はエルブ・ド・プロバンスを合わせましょう。

    縦2〜3等分したマッシュルーム・ネギペースト・エルブ・ド・プロバンスをお鍋に合わせて加熱します。

    20200519 00014.png

    表面をペコリーノロマーノでコーティングした食パンにたっぷりと盛ります。
    お家でイオンでは小サイズしかないマッシュルーム。
    久しぶりのお買物で大きいサイズのマッシュルームを購入して参りました。

    20200519 00015.png

    何分、自家製の食パンですので耐久性もありません。
    すぐにバラバラと崩れてしまうので、ワックスペーパーをひろげての作業です。

    ビーツの抜き菜と蒸し大豆を散らし、レモンを添えて出来上がり。

    20200519 00010.png





table_s.gif





何故かしら?
確かに昨晩は焼酎を飲みました。
ですが主人も私も、暴飲暴食をした訳ではなく肴は新玉ねぎやら薬味をたっぷり乗せた冷奴。
後は作り置き料理のひじきやら、といったところ。

なのに今朝、ふたりとも1キロとは言わないまでもそれに近いくらいの体重増加にしばし唖然。
今日は二人そろってオープンサンドのみのお昼です。

20200519 00005.png

あ、いえ、私はいつものもずくとプルーンが付きますが。
あまりに主人が気の毒でしたので、お家でイオンで初めて買ってみたトマトジュースをそっと添えてみました。

・・・可も不可もなく普通のトマトジュースでした。

20200519 00004.png





table_s.gif





昨日の食材調達で手に入れたイワシ。
早速お酢煮にして朝食に。

そもそもは主人の誕生日プレゼントのマドレーヌを焼こうと行ったお買物。
ケーキには不可欠な卵も買って参りましたので、今朝は主人大喜びの釜たまうどんと相成りました。
主人には嬉しいことが続きます。

20200519 00007.png

今朝からお味噌汁の一員として茄子が初お目見え。
主人は胡麻油で炒めた茄子のお味噌汁が大好き、しかも赤味噌をちょっとだけ混ぜるのがお気に入り。
刻んだ新玉ねぎの葉をたっぷり薬味代わりに盛り付けます。
もちろんネギベーゼには使わなかった玉ねぎの付け根部分もお椀の底に潜んでおります。





毎週火曜日は週の中で特にお洗濯強化の日。
シーツから敷きパッドから何から何までお洗濯をする日と決めております。

が、今日のように前日の雨が残る高湿度の日はお洗濯は中止。
ちょっとラッキーとばかりにのんびり致します。
主人と私、ふたり分とは言え結構な重労働ですものね、出来ることならサボりたい。

そしてその後、主人が出掛けてしばらくしたあたりから空が晴々してくると、ちょっとした良心の呵責に苛まれるのでございます。
ちょっと怠けてしまったな、と。


今、外は良いお天気です。
今年も隣のお庭にツバメが戻ってきましたよ。


sitagi.gif



posted by しんさん at 14:26 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする