2020年04月09日

鶏肉リエットのサンドウィッチ

とてもお美しい所作で拵えた とても美しいお料理を とてもご丁寧にご紹介される『えもじょわ』さん。
パリ在住のプロのお料理人で、YouTuberとしても有名な方。
彼のお料理を見ているだけでも気分が和みます。

さて。
先日えもじょわさんの動画を見ていたら、どうしても作ってみたくなったのが『リエット』
リエットは主人も大好きですし、作っておけば週末ワインのよいお供になりますものね。
冷凍してあるバゲットをカリッと焼き直して、リエットを添えて、黒胡椒をカリッと挽いて・・・

リエット、作らないという選択肢はありません。
早速拵えたリエット、昨日焼いた全粒粉のお豆腐食パン(☆彡)でサンドウィッチに。

20200409 00001.png

そう、私、存じませんでした。
リエットって本来豚肉で拵えるからリエットなのですって。
リエットって、『豚肉の塊』って意味なのですって。
それが徐々に括りが大らかになって鶏肉やお魚で拵えたものもリエット、それらと区別するためにポークリエットなる新語も生まれたとか。

なので、今回私が拵えたコレは本来の意味でのリエットではありません。
我が家の冷凍庫にあるのは大抵は鶏肉。
そう、これ、鶏せせり肉のリエットです。

20200409 00003.png

えもじょわさんがご紹介されていたリエットとは全く別物、ですがこれはこれで美味しいの。
いつもの見様見真似、在庫の材料を寄せ集めて拵えた簡略版リエットではありますが、うん、なかなか私好みに仕上がったとうっとり自己満足感に浸っております。

自家製ビーツのピクルスと一緒に自家製食パンで鶏せせりリエットのサンドウィッチに。

20200409 00004.png

エイっとパンを重ねてから、急きょ自家製(母の)レタスの存在を思い出し、大慌てでレタスを追加した次第です。

20200409 00007.png

たっぷりレタスと鶏せせりリエットのサンドウィッチ。
この有り合わせリエット、簡単ですし材料の応用範囲もひろそうですし、我が家の定番メニューになりそうです。

20200409 00002.png





  1. スーパーマーケットで見かける頻度は低いのですが、お手頃価格でお料理しやすい鶏せせり。
    鶏もも肉のような食感ですが、部位上ひと口サイズなのも扱いやすい優等部位。

    圧力鍋にオリーブオイルを熱し、しっかりと両面焼きつけましょう。
    しっかり過ぎるくらいに焼きつけたら白ワインを注ぎ、鍋肌にこびり付いた焦げ(?旨味)をこそげ取りましょう。

    全体が浸かる量のお水を加え、刻んだニンニク・玉ねぎ・人参・セロリ等の香味野菜を加えます。
    ホールの黒胡椒・ブラウンマスタード・コリアンダーシードも加え、15分間加圧します。

    昨晩主人と飲んだ安ワインの僅かばかりの残りを使って。
    昨日はふたりでほぼ2本空けちゃったものね、休肝日の意味も薄らぐというもの、反省。

    20200409 00009.png
    20200409 00011.png20200409 00012.png


  2. マズいところでありました、焦げて大参事になる直前でギリギリセーフ。
    マッシュルームを加え、鍋肌を綺麗にしながら軽く炒めましょう。
    バーミックスで攪拌して有り合わせ、簡略版リエットの出来上がり。

    あ、念のため、えもじょわさんのご紹介されていたリエットとは手順・材料も含め全くの別物です。

    20200409 00013.png20200409 00014.png
    20200409 00010.png


  3. 予め室温に戻しておいた醗酵バターを食パンにムラなくぬります。
    粒マスタードもたっぷり。
    たっぷりのリエット、キッチンペーパーの上に並べて漬け汁を切ったビーツのピクルス、たっぷりのレタスを重ねて挟みましょう。

    20200409 00015.png

    ラップでぴったりと包んで軽い重石をしてしばらくおき、パンと具がなじんだところで2枚つなげたワックスペーパーで包みます。

    20200409 00016.png

    ワックスペーパーごとパンナイフで切り分けて出来上がり。

    20200409 00008.png






table_s.gif





お菜はコリアンダーたっぷりのスープ。
畑に自生しているコリアンダーを根までしっかりと使います。
コリアンダーの根っこって、葉っぱ以上に香り高くてお料理していると目まいがするほど。
相性の良い生姜もたっぷり使います。

やや水気が少なくて干からびた感じも致しますが、これはスープです。

20200409 00005.png





  1. 圧力鍋に刻んだコリアンダーの根と生姜を加え、胡麻油でじっくりと炒め合わせます。
    香りが十分に上ってきたら、ざく切りトマト・ムングダルも加えましょう。

    トマトを軽くつぶしながら炒め、トマトの水気が上がってきたところでお水を少し足し、コリアンダーの茎部分も刻んで加えましょう。
    加圧すること3分強。
  2. 圧が抜けたら豆乳を注ぎ、コリアンダーの葉部分も刻んで加えます。
    オイスターソースとナンプラーで味付けをして出来上がり。

    20200409 00017.png20200409 00018.png
    20200409 00019.png






table_s.gif





今朝の主食は鶏ささみ多めの鶏粥。
主人の大好物です。
ですがそんな主人の大好物の霞んでしまう鯖の味噌煮。

20200409 00006.png

真サバ限定で拵える鯖の味噌煮は、味噌の煮汁を継ぎ足し継ぎ足しリサイクルしているもの。
こってりした味噌の煮汁を多めに、週末拵えてしっかりと味がなじんだ鯖の味噌煮、いつ食卓に出すかタイミングを見計らうのも楽しみのひとつです。





それにしても昨晩は飲み過ぎました。
お家で主人と飲むお酒、特にワインの日は楽しさも倍増。
さ、リビングで主人が仕事部屋の譲渡を待ちわびております。
はい、只今お譲り致しますからね。

2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:19 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする