2020年03月31日

崩壊〜バナナ・スフレ・パンケーキ

その動画を見ているだけでお料理はもちろん、手つきや音、説明等にまでうっとりしてしまうパリ在住のプロ料理人、えもじょわさん。
YouTuberとしても人気の彼のレシピ動画は本当に音まで美しい。
今でこそ我が家の秋の風物詩となっておりますタルトタタンも、彼の動画に出逢わなかったらいちど焼いておしまいだったでしょう。
実際、彼のタルトタタンの動画を見て私はI型のピーラーを買いましたもの。

さて。
先日、えもじょわさんの素敵なパンケーキの動画を拝見致しました。
ハワイ土産で頂いたハレクラニホテルのパンケーキミックスもあることですし・・・

20200331 00001.png

パンケーキ崩壊の図。

当初予定致しておりました小豆餡のソースとか、デーツシロップとか、そんなもの添える気も失せるこの崩壊パンケーキ。
味だけは美味しいと自分を慰めながら、今日も飽きずに備忘録です。

えもじょわさんのパンケーキは本当に美しかった。
しかも彼の手にかかると、誰でも出来るような錯覚に陥るものだからついね、いつものね、余計なことをね。
生地にバナナとか入れちゃったりしちゃってね、はい。

途中まではなかなか良い感じだったのですけど、ね。

20200331 00008.png

出来上がったのがこれですもの、何度見ても大崩壊、崩壊バナナ・スフレ・パンケーキです。
悲惨な断面を隠すためにワックスペーパーを巻き付けたりと、一応隠蔽工作を施した努力だけは主人にも伝わるのではないかしら。

20200331 00004.png

ですがこれだけは主人にも認めてもらいたい。

完熟バナナ、まだあります。
ハレクラニホテルのパンケーキミックスも然り。
なのでお願い、もういちどだけ焼かせて下さい。
前回のパンケーキ(☆彡 2020年03月26日)と言い、何故わたしはこうパンケーキを焼くのが群を抜いて破壊的に下手なのでしょう。

20200331 00007.png





◆材料(私の基準でふたり分、4枚分です)

  • 卵白 2個分
  • てんさい糖 10g
  • コーンスターチ 15g
  • 卵黄 2個分
  • パンケーキミックス 30g
  • ヨーグルト(自家製の豆乳ヨーグルトを使っています) 35g
  • 完熟バナナ 1本(正味100g弱でした)

    ※えもじょわさんのオリジナルレシピとは分量も所々材料も異なります。
     そもそも、彼の美しいパンケーキにバナナは入っておりません。
     バナナの甘さの分お砂糖も少なめです。

    20200331 00005.png






◆作り方

  1. 卵白をよく冷えた状態で軽く泡立てます。
    分量のてんさい糖を2回に分けて加え、その都度攪拌してしっかりとしたメレンゲに仕上げましょう。
    スフレ状態を保つ為、メレンゲにコーンスターチをふるい入れて更に攪拌します。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20200331 00009.png

  2. 卵黄・パンケーキミックス・ヨーグルトを別ボールに合わせ、完熟バナナをちぎり入れましょう。
    泡だて器で滑らかに混ぜ合わせます。
    卵白→卵黄生地の順なら、泡だて器のアタッチメントは洗わずそのままで平気です。

    20200331 00012.png

  3. 1と2を合わせます。

    先ずはメレンゲを泡だて器にひとすくいとり、卵黄のボールに加えます。
    普通に攪拌したら、今度はスパチュラに持ち替えて再度ひとすくい。
    メレンゲを出来るだけつぶさないよう、底からすくうように生地に混ぜ込みます。

    最後に1のボールに戻し入れ、極力メレンゲをつぶさないようスパチュラで混ぜ込みましょう。

    20200331 00014.png20200331 00015.png
    20200331 00013.png


  4. フライパンに極少量の油を丁寧にすり込み、オーブンシートで手作りした型に生地を上の方からふわりと流し入れます。

    型はオーブンシートをリボン状に切って幅を半分に折り、つなぎ目部分を重ねるようにしてマスキングテープで留めます。
    輪をしたにしてフライパンに並べ、生地を流しました。

    20200331 00010.png

    お水を小さじ1程度隙間に加え、ぴったりと蓋をして弱火で4分。
    その後4分火を止めて蒸らし、表面がふわりとかたまったところで裏返します。
    まだ表面が生の状態ならば、もういちど弱火で4分蒸し焼きに。

    が、良しと判断して裏返したところで崩壊。
    裏面を強火で焼いて焼き色をつける、が本来のレシピの流れです。
    とても画像をここにアップする気にはならない程の崩壊っぷり。
    ですが材料が良いので味は抜群。

    20200331 00011.png






table_s.gif





食材調達は今のところ『お家でイオン』のお世話になっております。
幸い専業主婦という立場上、出来るだけ外出しないのが、被害者のつもりが加害者にならない為の有効な方法だと思うから。

在庫の食材を寄せ集めて拵えたジャーサラダ。

20200331 00002.png





ざく切りトマト・冷凍保存してあるマッシュルームを合わせて煮込み、最後に水気調整のためにベジミートを加えます。
アンチョビと粗挽きガラムマサラの味付けは深みがあって大好き。

畑でひとり生えしていたコリアンダーで1週間ほど前に拵えたコリアンダーソース、みじん切り玉ねぎ・アボカドと合わせましょうか。

賞味期限ぎりぎりにスタッフドオリーブを間に入れ、ジャーに詰めれば出来上がり。
冷凍してあった塩味の蒸し金時豆をカサ増しトッピング。

20200331 00016.png20200331 00017.png
20200331 00018.png







20200331 00003.png





table_s.gif





やはり煮付け用のお魚は店頭で手に取って買いたいもの。
お家でイオンではなかなか勇気を要します。
ですがお願いしましたよ、お家でイオンでイワシの干物。

20200331 00006.png

主人大喜びのイワシの干物、うん、これで良いじゃない。
また近々お家でイオンさんに配達してもらいましょう。
今度はちょっと多めにね。





リビングの換気で窓を開けると見えるお隣の小さな桜。
まだまだ3分咲き程度なのは変わりませんが、それでも着実に開花した桜が目立ち始めております。


kit2.gif





posted by しんさん at 13:38 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

全粒粉のコーヒーバナナケーキ〜ちょこっとプロテイン

週末、主人と一緒に『復活の日』を見ました。
小学生の頃だったかな?上映は。
当時確か中学生くらいだった兄が大変興味を持っていたのを憶えておりますが、そのあらすじは曖昧でした。

そして『復活の日』を視聴したその翌日の朝、私、早速 “おうちでイオン” に登録しました。
要請されずとも自ら進んで外出自粛致します。
同時に、子供の頃は怖くて遠巻きに見ていた兄の愛読書、小松左京作品をちょっと読んでみようかという気になっております。

さて。
長い長いお家引きこもり生活となりそうですが、想えばいつも通りの毎日です。
今週は残り少なくなって参りました“プロテインパウダー”のお片付け週間。
たっぷりのバナナと100%全粒粉、そしてちょっとコーヒープロテイン、そんなパウンドケーキなどいかがでしょうか。

20200330 00002.png

プロテインを加えた生地特有の、ちょっと人工的なツヤっテレっとしたこの生地感。
バターを使った本来のパウンドケーキとはもちろん異なる食感もプロテイン入りケーキの特徴的ではありますが、うん、良い意味で普通に美味しい。

20200330 00001.png

全粒粉100%の生地にベーキングパウダーは不使用。
メレンゲの微力な力ではありますが生地をふくらませてみました。

上白糖は一切使用せず、完熟バナナの甘さを主に、みりんとデーツシロップで甘みを補っております。

20200330 00003.png

使用したプロテインは、いつものハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー。
コーヒープロテインにほろ苦いカカオパウダー、甘いバナナの風味がなかなかの好相性。
この組み合わせ、豆乳を加えて週末の朝のスタートドリンクとしても美味しいのです。

20200330 00004.png

ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー。
パッケージ底のコーヒーカラー、ブランドイメージのグリーン、このカラーコントラストが可愛らしくてお気に入り。





◆材料(底辺約200×70・H60のパウンド型にひとつ分)

  • 卵白 2個分
  • みりん 20g

  • 卵黄 2個分
  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー 30g
  • カカオパウダー 10g
  • 完熟バナナ 2本(正味190g弱)
  • デーツシロップ 15g
  • 全粒粉薄力粉 75g

  • 胡桃 適量

    20200330 00008.png





◆作り方

  1. 卵白をよく冷えた状態で軽く泡立てます。
    分量のみりんを2回に分けて加え、その都度しっかりと泡立てながら強いメレンゲに仕上げましょう。
    出番まで冷蔵庫へ。

    20200330 00009.png

  2. 別ボールに卵黄・プロテイン・カカオパウダー・デーツシロップを合わせ、泡だて器でよくすり混ぜます。
    卵白を泡立てた後のアタッチメントは洗わずそのまま使用して問題なし。
    バナナを適当にちぎりながら加え、滑らかに攪拌しましょう。
    薄力粉も加え、泡だて器で滑らかに攪拌します。

    この工程、一気に材料を合わせてしまっても問題なさそうです。

    20200330 00012.png20200330 00011.png
    20200330 00010.png


  3. 冷蔵庫からメレンゲを取り出し、バナナ生地と合わせましょう。

    先ずはメレンゲの1/3量程度を泡だて器ですくい、バナナ生地に加えて泡だて器で攪拌します。
    更に1/3量のメレンゲを加え、今度はスパチュラで底からすくうように、メレンゲをつぶさないように合わせましょう。

    最後にメレンゲのボールに戻し入れ、出来るだけメレンゲをつぶさないよう底からすくうように合わせます。

    20200330 00017.png20200330 00016.png
    20200330 00015.png


  4. オーブンシートを敷いたパウンド型に流し入れ、スパチュラで表面をそっとならします。
    粗く刻んだ胡桃を散らし、素早く200℃に予熱したオーブンへ移しましょう。

    20200330 00018.png

    設定温度を170℃にし、じっくり焼くこと33〜35分。
    10分ほど焼いたところで、ナイフで中央に軽く切り込みを入れてふくらみをサポートしてあげましょう。

    20200330 00014.png

    焼き上がったしばらくオーブン庫内に放置してから、網の上で粗熱をとります。
    完全に冷めてから型から出してオーブンシートをはがします。

    20200330 00013.png

    やや厚めに切って召し上がれ。

    20200330 00005.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





昨日は雨でしたので畑作業も中止でした。
畑作業は自粛するつもりはいまのところありませんが、やはり週末の畑、その後の農協朝市の野菜調達がないと随分と我が家の食材も制限されて参ります。

ですがそんな状況こそ私の楽しみの場。
プロテインパウンドケーキとは全くなじみませんが、お弁当のお菜は油揚げの福袋。
袋状に開いた油揚げに、卵・お豆腐・ひじき等々を詰め込んでちょちょいと加熱するだけです。

20200330 00007.png





さっと湯通しした油揚げを袋状に開いてひと折り。
お豆腐・卵・戻したひじき・面取り根菜の切れ端・戻した干しシイタケの切れ端・大豆ミート等々合わせて油揚げに詰めましょう。
根菜と合わせ出汁を合わせて煮立てたところに、爪楊枝で縫うように留めた油揚げをそっと加えて加圧5分。
粗熱をとり、爪楊枝を除いて半分に切り分けます。

多めに拵えて今週の常備菜も出来上がり。

20200330 00020.png20200330 00021.png
20200330 00019.png







2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





『おうちでイオン』で主要な生鮮食品も届けて頂けるのですが、やはりイワシのお酢煮や鯖の味噌煮を拵えるような生のマイワシや2枚おろしの真サバは難しいようです。
なのでしばらくはお家にある冷凍食材を使ってやり繰りしましょう。

今朝は主人がいつぞや取り寄せた鰆のたたき。
おぼろ昆布と海苔でくるりと巻いて、柚子胡椒を添えて召し上がれ。
もっちりとした鰆のたたき、あれ?こんなに鰆って美味しかった?

主食は先週作っておいた甘辛お醤油味のお揚げで、即席きつねうどん。
ネギがないのでお味噌汁にはあおさを添えましょうか。

20200330 00006.png

温かくなってきたのも手伝い、我が家も頻繁に室内の換気を心掛けております。

ふと見ると、お隣のお庭に小さな桜の木。
まだまだ3分咲き程度ですが、これから毎朝眺めて楽しめそう。
人ん家の桜でお花見、2020年のお花見は思い出に残りそうです。



2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:34 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

もっちりむっちりパンケーキ

もともとが出不精な上、目下のところ自主的に外出を控えております。
幸い主人も融通が利く環境なので、夫婦ふたり以前にも増して小さなお家でのんびりしております。

テレビもあまり見ない性分、1日の終わりは洗濯機の終了ブザーを待ってワラワラふたりで洗濯物をお部屋干し。
本を読む間もなく睡魔に襲われ、9時過ぎまで起きているなんてまずありません。
お酒は相変わらずですが、睡眠時間と目覚めの良さは自慢出来るのではないかしら。

さて、今日はお弁当用にパンケーキなど焼いてみましたよ。

20200326 00003.png

ちょっとね、形はね、とても自慢できるものではありません。
が、この素敵な焼き色。

主人がハワイ土産にと頂いたハレクラニホテルのパンケーキ、そして同じくハレクラニホテルのクールな泡だて器。
以前これを使ってチーズケーキを焼いた(☆彡)ことはありましたが、ようやくやっとという感じで純粋なパンケーキに到着致しました。

20200326 00001.png

見て下さい、この素敵な焼き色。
自身の重量で少々形が歪にはなっておりますが、このこんがりきつね色で十分心は満たされております。

20200326 00002.png

先程、純粋なパンケーキと申しました。
が、実はいつものようにパッケージ裏書の推奨レシピは無視しての実施。
お水ではなく、豆乳ヨーグルトの乳清(ホエー)でパンケーキミックスを溶きました。

ホエー効果か、もともとがこうもっちりむっちりなのかは不明ですが、兎に角美味しいパンケーキが焼き上がりましたよ。
甘さも控えめなので、たっぷりのサラダを添えてお弁当に。

20200326 00004.png

まるで一時流行った “白いたい焼き”のようなタピオカ粉を使用したかのようなもっちりむっちりパンケーキ。
その食感が特徴的過ぎて、ちょっと笑えるほどです。

この素敵なパンケーキミックス、はてさてなくなってしまう前にいちどでも通常のレシピでパンケーキを焼くことはあるのでしょうか。

20200326 00005.png





通常はお水でパンケーキミックスを溶くようですよ。

◆材料(4枚分)

  • ハレクラニホテル パンケーキミックス 120g
  • 豆乳ヨーグルト(ホエー多めで) 230g程度




◆作り方
  1. パンケーキミックスと豆乳ヨーグルトを合わせて混ぜるだけ。
    豆乳ヨーグルトは最初はホエーだけを使うつもりでおりましたが、分量不足のために豆乳も使用。
    パンケーキミックスですもの、大らかに参りましょう。

    20200326 00008.png

  2. フライパンに極少量のオリーブオイルを丁寧にすり込み、一旦温めたフライパンをぬれ布巾の上で冷まします。
    再度オリーブオイルをすり込んで弱火で温め、目玉焼きリングを使って終始弱火でじっくり焼きます。

    20200326 00009.png

    この目玉焼きリング、少々値が張りますが本当に優れもの。
    小さな蓋もついていて、それでいて生地もくっつかず綺麗に焼けます。

    20200326 00010.png

    両面じっくりと焼いたら、網の上で冷ましておきましょう。

    20200326 00011.png

  3. パンケーキの添えるサラダへと参ります。

    粗くつぶしたアボカド・みじん切り玉ねぎ・オリーブオイル・粗挽きガラムマサラ・お塩を合わせて和えます。
    レモン汁は冷凍保存してあります。
    凍ったまま砕いて少量使えて便利。

    20200326 00014.png

    トマトは厚めの輪切りにし、お魚焼きホイルを敷いたフライパンに。
    モッツァレラチーズをトマトの上に並べ、フライパンの蓋をして蒸し焼きにしましょう。

    20200326 00013.png

    チーズが溶けたら黒胡椒をたっぷり挽きます。

    20200326 00012.png

    市販の蒸し大豆を使ったサラダ。
    大豆をバーミックスで粗くつぶし、ローストして刻んだアーモンド・刻んだドライフィグとレッドチェダーチーズ・オリーブオイル・フェンネルパウダー・シナモンパウダーを加えて和えるだけ。

    20200326 00015.png

    それぞれ順にメイソンジャーに詰めれば出来上がり。

    20200326 00016.png






sitagi.gif





もっちりむっちりのパンケーキと多品目なサラダ。
次回は是非甘いタイプのパンケーキを、とも思いますが、またきっと何かしら余計なことしちゃうんだろうな。

20200326 00006.png





sitagi.gif





お魚は好きですが、お刺身は外食を除いて先ず口にしない性分です。
お刺身好きな主人は、何とか私の興味をお刺身に触れさせようと随分な努力を致しました。

お魚屋さんに行って新鮮なお刺身をひいてもらったり、評判の良い鰆のたたきを取り寄せたり。
ですが努力虚しく、お家でお刺身は諦めたようです。

そこで先日主人が取り寄せたのは塩鯖。
ジワジワ焼いた鯖は、炊き立てのご飯に本当に良く合います。


20200326 00007.png

さ、明日は金曜日。
歯医者さんの定期健診に行って、帰りにスーパーマーケットに寄ってきましょうか。

お出掛けは最小限に。
電気もガスもネットだって通じているのだもの。
さほど困ることもありません。



sagi.gif




posted by しんさん at 14:01 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

ひじきとレッドチェダーチーズのお豆腐全粒粉パン

最近、週にいちどはパンを焼きます。
もちろん本格的なパンではなく、前日の夜、夕食を拵える片手間にちょちょいと生地を準備してひと晩ゆっくりと野菜室で醗酵を促す所謂オーバーナイト醗酵パン。

当日の朝は生地を休ませて成形した後、40分ほどオーブンで醗酵を促して焼くだけ。
今朝はひじきとレッドチェダーチーズの組み合わせ。

20200325 00002.png

ひじき、干しシイタケ、蒸し大豆、そして胡桃・・・
和風な食材にレッドチェダーチーズを合わせてみました。

特別何か考えがあった訳ではありません。
見切り価格になっていたレッドチェダーチーズを数日前に買い、そろそろお片付け期日が迫ってきたから、それだけの理由です。
ですがこの組み合わせ、うん、なかなかの好相性です。

20200325 00001.png

捏ねないいつものオーバーナイト醗酵のお気軽パンではありますが、折角お家で拵えるパンですので材料は納得したものを使用致しております。

真っ白な小麦粉を使用していないという意味での全粒粉100%はお約束。
気分によってグラハム粉を追加したり、スキムミルクを混ぜ込んだり。
今日はグラハム粉、スキムミルクに加えて白胡麻を混ぜ込んでみました。

最近はお水を使用せず、お豆腐と乳清(ヨーグルトから出た水分、ホエーです)で捏ねるむっちり食感がお気に入り。
全粒粉100%、使用するインスタントドライイーストが極小量でもふっくらむっちり焼き上がりますよ。

20200325 00004.png

ひじき、その他のフィリングに味付けはしておりません。
たっぷりのレッドチェダーチーズ、そしてたっぷり表面に挽いた黒胡椒で十分味覚も満足です。
生地に混ぜ込んだ白胡麻の存在感が効いていますよ。

20200325 00003.png





◆材料(4つ分)

  • 全粒粉強力粉 130g
  • グラハム粉 15g
  • スキムミルク 15g
  • 白胡麻 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト 1g

  • 木綿豆腐(ずっしりとした木綿豆腐、特に水切りはしていません) 130g
  • 乳清(豆乳ヨーグルトから出たホエーを使っております) 40g

  • お塩 1g
  • 胡麻油 10g


  • 艶出し用の卵黄 適量



    ◆フィリング

  • 乾燥ひじき・干しシイタケ(それぞれお水で戻しておきます) 適量
  • 蒸し大豆(市販品) 適量
  • 胡桃(予熱なしのオーブン160℃で10分ローストしておきます) 適量
  • レッドチェダーチーズ 適量
  • 黒胡椒 適量





◆作り方
  1. 生地は前日の夕方に準備します。

    木綿豆腐と乳清を合わせ、バーミックスで滑らかに攪拌しましょう。
    強力粉〜インスタントドライイーストまでをビニール袋に合わせてよくふり混ぜ、この半量をお豆腐ピュレに合わせて菜箸でよく混ぜましょう。

    お塩、胡麻油を順に加え、その都度菜箸でしっかりと混ぜ合わせます。
    これをビニール袋に残った粉類に加え、ひとつにまとまるまで揉みます。

    20200325 00012.png20200325 00013.png
    20200325 00011.png


    生地がまとまったらビニール袋内の空気を抜いて端の方でねじって留め、ヨーグルトメーカーに移して40℃で1時間醗酵を促します。
    その後、再度軽く揉んで生地のガス抜きをし、再度ビニール袋内の空気を抜いて端の方でねじって留めます。
    蓋つきの保存容器に入れ、野菜室でひと晩醗酵を促しましょう。

    20200325 00010.png

  2. 今朝はここからスタート。
    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻します。
    30分はおきましょう。

    20200325 00014.png

    生地を軽く揉んでガスを抜き、丸めて包丁で4等分します。
    それぞれの断面を包み込むように丸め、ぬれ布巾とラップをふんわりかけて室温で20分、ベンチタイムを設けます。

    20200325 00015.png

  3. ベンチタイムの間にフィリングの準備。
    戻した干しシイタケは細切りにし、戻したひじきと合わせて熱湯でさっと茹でてザルにあげておきます。
    蒸し大豆、ローストした胡桃と合わせておきましょう。

    レッドチェダーチーズはさいころ状に切っておきます。

    20200325 00016.png

  4. ベンチタイム終了した生地をラップで挟み、手のひらで平らにのばしましょう。
    合わせておいたひじきその他を中央に置き、生地を半分に折って綴じ目をしっかりと指で摘まんで綴じます。
    綴じ目を下にし、ラグビーボール状に形を整えましょう。

    ぬれ布巾、ラップをふんわりとかけ、オーブンの醗酵機能 35℃で40分間醗酵を促します。

    20200325 00018.png20200325 00019.png
    20200325 00017.png


  5. 生地がふっくら醗酵したら、水溶き卵黄を刷毛で表面にそっと満遍なくぬります。
    中心部分を少し指で摘まみ上げ、ハサミで切れ目を入れましょう。

    20200325 00020.png

    切れ目を少し開き、レッドチェダーチーズをたっぷり押し込みます。
    黒胡椒もたっぷり挽き、220℃に予熱したオーブンへ素早く移しましょう。

    20200325 00007.png

    設定温度を200℃にして15分。

    20200325 00008.png

    素朴な全粒粉の香り、胡麻と胡麻の香り・・・お気楽パンでもパン焼きの醍醐味は十二分に楽しめますよ。

    20200325 00009.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





パンを焼く時、そうは言っても器量良しなパンに仕上がるのは大変うれしいこと、当然ですよね。
そこで欠かせないのが水溶き卵黄。
そして当然、艶出しに極少量使用した卵黄の後の使い道に毎回頭をひねるのです。

・・・それも結構な楽しみのひとつですけどね。

20200325 00005.png

いつぞや拵えた鶏もも肉のピカタは、主人にも好評でした。
残った卵にペコリーノロマーノを足して鶏もも肉にからめ、オーブンで焼くだけの簡単卵のお片付け。
ですが、そうそう我が家に鶏もも肉があるでなし。

今日は残った卵、ついでに戻したひじきも使って福袋に。
そう、油揚げに詰めるだけの簡単料理、圧力鍋でちょちょいのちょい。





干しシイタケの戻し汁にお酒やら白だし醤油やらを足し、面取りした根菜を加えて煮立てます。

面取り野菜の切れ端は細かく刻み、ひじき、溶き卵と合わせます。
湯通しした油揚げを袋状に開いて詰めて楊枝で留め、煮立った中に加えて2〜3分加圧。
粗熱が取れたら爪楊枝を除き、半分に切って詰めるだけ。

20200325 00021.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





朝食は今日も鶏粥。
鶏ささ身を茹でた茹で汁で拵えた炊き粥です。
圧力鍋で10分・・・ですが、今日は水加減を間違えたようで少々焦げ気味。

ですが正に痘痕もナンとか、主人、『今日のお粥美味しい、茶粥?』

20200325 00006.png

煮汁を継ぎ足し継ぎ足し継続しております鯖の味噌煮。
今の時期お手頃価格で出回っております真サバが買える限り続くことでありましょう。

パンに使用したひじき。
乾燥ひじきって、戻す量を見極めるのが難しいのよね。
副菜だけではお片付けし切れず、朝のお味噌汁の具としても大活躍。





昨日は主人の電気毛布を片付けました。
今日は私のひざ掛けを片付けました。
そろそろ浴室のストーブ、可愛らしい黄色のアラジン、少しずつ暖房器具も片付けないと。

お出掛けは控えておりますが、益々お家の中が過ごしやすくなっております。




2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 15:07 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

混ぜて焼くだけ、ほろ苦コーヒー風味のプロテインバー

毎朝、白湯を沸かす間に10分間だけ続けておりますささやかなエクササイズ。

白湯を沸かす10分間、スマホをいじっているよりうんと達成感もあるので随分と長きに渡って続いております。
最近はたった5回ですが腕立て伏せも新たに取り入れ、随分楽に出来るようになったものよとホクホク致しております。

たった10分間の朝のエクササイズでそう効果があるとも思っておりませんが、最近寝るのが楽しくて。
昨晩は8時半に就寝、主人の目覚まし時計で4時半に目が覚めました。
いつもより30分遅い起床、あっという間に出来るプロテインバーをいい加減に拵えてみましたよ。

20200324 00001.png

本当にいい加減です。
中途半端に残っておりましたピーナッツやバナナチップ、キムチを漬けるのに使ったリンゴの残り、蒸し大豆やらオートミールやらをホイホイとフードプロセッサーに放り込んで攪拌、後はオーブンで焼いただけ。

20200324 00002.png

小麦粉は使用致しておりませんので、堂々グルテンフリーと言えるのではないかしら。
もちろんお砂糖は使用せず、極少量に抑えたデーツシロップで甘みを補っております。

ハーバライフ製のハイプロテインコーヒーを使ったプロテインバー。
甘さを控えたほろ苦風味のコーヒー味、ごろごろ入った大豆やピーナッツの食感、ぎゅっと詰まった生地に満腹中枢も大満足です。

20200324 00003.png





◆材料(野田琺瑯のレクタングル深型Lサイズひとつ分です)

  • 卵 1個
  • ハーバライフ製のハイプロテインアイスコーヒー 60g
  • カカオパウダー 15g
  • デーツシロップ 25g
  • 蒸し大豆(市販品) 100g
  • りんご 1/4個(正味80g弱)
  • ピーナッツ 60g
  • オートミール 25g
  • バナナチップ 20g
  • 仕上げ用のハイプロテインアイスコーヒー 適量

    20200324 00005.png






◆作り方
  1. 卵をフードプロセッサーに割り入れ、プロテインアイスコーヒー・カカオパウダー・デーツシロップを加えて攪拌しましょう。
  2. 1が滑らかに混ざったところで、蒸し大豆その他を加えて数秒ずつ小刻みに食感を残すように攪拌しましょう。
  3. オーブンシートを敷いた琺瑯容器にぽってりと移し、表面を平らにならします。
    粘着質の高い生地なので、ラップをかぶせてフライ返し等で軽く抑えるように平らにならしました。
    表面に仕上げ用のコーヒープロテインをふり、200℃に予熱したオーブンへ。

    20200324 00010.png20200324 00011.png
    20200324 00008.png


  4. 設定温度を170℃にして20分。

    20200324 00009.png

    焼き上がったらそのまま冷まし、冷めてから切り分けます。
    なんて簡単。

    20200324 00007.png






sitagi.gif





副菜のスープも、主食のプロテインバーに負けないくらいいい加減。

20200324 00006.png

玉ねぎ、人参、ニンニク等をオリーブオイルでじっくり炒めた後、蒸し大豆の残り、トマト、冷凍保存してあるスープストックを加えます。
蓋をしてじっくり火を通し、トマトが崩れて水気がたっぷり出てきたらマイタケやアボカドを加えてひと煮立ち。
軽くお塩で味付けをして器に盛り、刻んだ新玉ねぎやコリアンダーソースを添えて出来上がり。
正にお片付けスープ。

20200324 00012.png20200324 00013.png






sitagi.gif





お弁当も楽しみですが、我が家の楽しみは何と言っても朝ご飯。
今朝は主人が大好きな釜たまうどんを主食に。
週末に仕込んだイワシのお酢煮も味がなじんでおります。

20200324 00004.png

毎朝毎朝同じメニューの朝食ですが、お味噌汁の野菜の切り方をちょっと変えたりするだけでも味が変わって楽しいものです。
今朝は大根や人参を乱切りにしてみました。
野菜の甘みがぐっと増して、同じ食材・同じお味噌でも仕上がりが随分と変わってきます。





朝は良いお天気でしたのに、随分と影が差して風が強くなってきました。
ベランダでシーツが派手に裏返っております。
主人も帰宅しましたし、仕事部屋を彼に譲って今宵の安眠に備えましょう。



kit27.gif




posted by しんさん at 14:49 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする