2020年02月18日

もっちり和風なお豆腐ブラウニー

大抵朝は4時に自然起床するので、キッチンに立つ頃今の時期、外はまだ真っ暗です。
少し明るくなる頃にカーテンを開けるのですが、積もるほどではないにしろ今朝はうっすら雪化粧。

異常なほど暖かな1月2月のまま春になるのかと思っておりましたので、今朝の雪はどこか安堵するものがありました。
寒い寒いとボヤく例年に相反するこの心情、自分のことながらつくづく勝手なものです。

さて。
お豆腐の使用頻度は高い我が家ではありますが、今週は何故かいつもより多めにお豆腐を買ってしまったようです。
今朝は木綿豆腐を使ったブラウニーなど焼いてみましたよ。

20200218 00001.png

日持ちする充填豆腐は常備するには便利ですが、お味噌汁に入れるにしても冷奴(私は冬でも冷奴派なので)にするにしても断然木綿豆腐を支持します。

どっしりした木綿豆腐を使った気楽なブラウニー。
水切りなど致しません。
ブラウニーとは言いながらチョコレートも使いません。
昨日に引き続き、お正月用に煮て冷凍しておいた黒豆を使った和風のお豆腐ブラウニーです。

20200218 00004.png

お豆腐をたっぷり使用するのだから、ベーキングパウダーも要らないだろうと思い切って省いてみました。
チョコレートは使用せず、その代わりに量を抑えたココナッツオイルとたっぷりのカカオパウダー。
ちょうど豆乳でカッテージチーズを拵えたばかりでしたので、その副産物であるホエーも少々生地に混ぜ込みました。
もうこうなると何が功を奏したのか分かりませんが、とにかくもっちり美味しいお豆腐ブラウニーが焼き上がりましたよ。

20200218 00003.png

お豆腐、酒粕、黒豆、干し柿・・・
思えば和風な食材ばかりのもっちりお豆腐ブラウニー。
材料は色々ですが、どんどん混ぜていくだけなのでとても簡単ですよ。

20200218 00002.png





◆材料(野田琺瑯のレクタングル浅型Sサイズにひとつ分です)
  • 木綿豆腐 水切りしない状態で150g
  • 酒粕 30g

  • デーツシロップ 30g
  • ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム 15g
  • お塩 ひとつまみ
  • ココナッツオイル 10g
  • 餅とり粉(昨日の大福に使った餅とり粉のお片付けも兼ねて) 55g
  • アーモンドプードル 25g
  • カカオパウダー 20g
  • お正月用に煮た甘い黒豆 60g強
  • 黒豆の煮汁 50t
  • ホエー(ヨーグルトからでた水分でも) 大さじ2
  • 干し柿 50g

    20200218 00007.png






◆作り方
  1. お豆腐と酒粕を合わせ、バーミックスで滑らかに攪拌します。
    泡だて器に持ち替え、デーツシロップ・アイリッシュクリーム・お塩・ココナッツオイルを順に加えその都度しっかりと混ぜ合わせましょう。

    餅とり粉・アーモンドプードル・カカオパウダーをビニール袋に合わせてふり混ぜて加え、スパチュラで混ぜ込みます。

    20200218 00013.png20200218 00012.png
    20200218 00011.png


  2. 黒豆とその煮汁、ホエー、さいの目に切った干し柿を加えてスパチュラで混ぜ込めば生地の出来上がり。

    20200218 00014.png

    オーブンシートを敷いた容器に流し入れ、底を打ちつけてしっかり空気を抜きましょう。

    20200218 00015.png

  3. 200℃に予熱したオーブンに素早く移し、設定温度を170℃にして先ずは10分。
    その後160℃にし、更に20分焼きましょう。

    20200218 00016.png

    オーブン庫内で粗熱をとってからそっと容器から出し、網の上で完全に冷ましましょう。

    20200218 00009.png

    完全に冷めて生地が落ち着いてから切り分けます。

    20200218 00008.png

    イチゴの甘酸っぱさと良く合う和風のお豆腐ブラウニー。
    干し柿もしっとり、甘さも十分ですよ。

    20200218 00010.png






rain13.gif





我が家では牛乳より豆乳の使用頻度が圧倒的に高くなりました。
しばしば言いますが、決して健康意識が高いという訳ではありません。
夕食時、何を拵えようか困った時は豆乳とにがりでさっと拵える豆乳豆腐、ただこれだけの理由です。
牛乳でお豆腐は出来ませんものね。

常に2パックは常備していないと不安な豆乳。
ですが一旦開封すればすぐに使い切ってしまわないと不安な足の早さ。
開封してしまった豆乳を即座に使い切るには、豆乳カッテージチーズがいちばん。
今日のジャーサラダは豆乳カッテージチーズのサラダです。

20200218 00017.png





豆乳とレモン汁、お塩だけで出来る豆乳カッテージチーズ、とっても簡単です。
液体時とはまた違うお料理が楽しめるのも魅力的。



豆乳は500t。
お塩 小さじ1/2を加えて弱火にかけ、ゆっくり混ぜながら50〜60℃まで加熱します。
火を止め、レモン汁 30gを加えてそっと混ぜましょう。

我が家ではレモン汁をジッパー付き保存袋で冷凍して保存してあります。
小分けにして薄く凍らせたら、割って必要量だけを取り出す・・・便利です。
今回も凍ったままで豆乳に加えました。

しばらくするとモロモロと分離してきます。
コーヒーフィルターを通し、ゆっくりひと晩冷蔵庫で濾過して出来上がり。

20200218 00018.png




夜のうちに準備しておけば、朝にはしっかり水切りが完了して立派なカッテージチーズ風に。

20200218 00020.png

アボカド・トマト・オリーブのオイル漬け・ドライフィグ・スパイスソルトを合わせてお昼のお菜に。

20200218 00019.png






最近はお昼のジャーサラダがすっかり定着致しております。
お昼は毎日ジャーサラダ、うん、それも良いかもしれません。
朝のお味噌汁みたいにね。

20200218 00005.png





rain13.gif





ちなみに、豆乳カッテージチーズの副産物でもあるホエーは意外と重宝致します。

ホエーでご飯を炊くともっちり炊き上がるし、今朝も本当ならば納豆に添えるチアシードをふやかすのに使用したかったところ。
ですが何分そう大量にホエーが出来る訳ではないので。
今回のホエーは、大根や白菜を漬け込んで水キムチ風の作り置き料理に。

20200218 00006.png

今朝のお魚は週末に拵えておいた鯖の味噌煮。
しっかりとお味噌がなじんだ真鯖は本当に美味しい。





そうね、毎朝のメニューは大抵決まっているのだもの。
主食、お味噌汁、お魚料理、納豆、ヨーグルト・・・
お弁当も毎日主食とジャーサラダ、うん、これ、良いかも。

さ、乾燥器の中のシーツが乾いたようです。
ベランダの洗濯物と入れ替えましょうか。


kit2.gif




posted by しんさん at 14:53 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする