2020年02月07日

ロカボでザクザクなビーツクッキー

秋に蒔いたビーツの種が順調に成長し、昨年のビーツはなかなかの収穫量でした。
当然昨年のうちに殆ど収穫してはしまいましたが、成長具合が芳しくない数株は畑に植わったまま。
あわよくば開花を待って種を取ろうと思っていたのですが、むくっと湧き出た好奇心で2〜3株抜いてみました。

そして本日の食材に。

20200206 00001.png

毒々しい程の赤が印象的なビーツのクッキーです。

20200206 00002.png

植物って本当に偉いものです。
いえ、ビーツって本当に丈夫。

手入れも何もせず畑に放っておいたビーツ、しかも成長不良のビーツが地下ではちゃんと成長しておりました。
もちろん“とう”が立って筋張ってはおりましたが、もともと私はビーツを生食せずじっくり蒸すかグリルするのが大好き。
問題なくあっさり食材として歓迎致しました。

20200206 00003.png

材料の大部分を占めるのはピュレにしたビーツ。
オートミールと量を控えた餅とり粉(昨日に引き続き餅とり粉のお片付け強化週間ですので)を合わせ、ビーツの甘みに頼ってお砂糖は極少量。
コリアンダーシートと干しレモンがアクセントのロカボでザクザクなクッキーが焼き上がりましたよ。

ビーツは既にピュレにして冷蔵庫で保存してあります。
なのでとっても簡単、いわゆるワンボールクッキーです。





◆材料(ちょっと大ぶりなクッキー4枚分)
  • ビーツピュレ 100g強(正確には102gでした)

  • オートミール 35g
  • アーモンドプードル 30g
  • 餅とり粉 30g
  • てんさい糖 10g
  • スキムミルク 5g

  • アーモンド(予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして粗く刻んでおきます) 適量
  • ホールのコリアンダーシード 適量
  • 乾燥ラベンダー 適量

  • オリーブオイル 10g




◆作り方
  1. ビーツは時間のある時にピュレにし、すぐ使わない場合は小分けにして冷凍しておくととっても便利。
    皮つきのままアルミホイルで2重に包み、予熱なしのオーブン 180℃で1時間焼いて冷めるまでオーブン庫内で放置します。

    キッチンペーパーで軽く表面をこすって皮をむき、バーミックス等でピュレ状にするだけ。
  2. 大きめのボールにオートミールから乾燥ラベンダーまでを全て合わせ、よく混ぜ合わせましょう。
    ここにビーツピュレとオリーブオイルを加え、スパチュラでさっくりと混ぜ込みます。

    20200206 00008.png20200206 00009.png
    20200206 00010.png


  3. 天板にオーブンシートを敷き、目玉焼きリングにふんわりと生地を詰めます。
    押さえつけたりせずふんわりと。

    20200206 00011.png

    200℃に予熱したオーブンに速やかに移し、設定温度を180℃にして20分強。

    20200206 00012.png

    網の上で冷ませば出来上がり。

    20200206 00007.png






2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





畑ではコリアンダーが至る所で自生しております。
オリーブの木周辺に生えているコリアンダーはそのままにしておくつもりですが、畑の畝周辺のコリアンダーは放置する訳にも参りません。
掘り起こしてしまうのも可哀そうなので、成長を待って収穫してきました。

ピリ辛なコリアンダーソース、野菜にもお肉にもお魚にも合う万能ソースが我が家ではコリアンダー料理の定番。
今日はアボカドと合わせて簡単なジャーサラダに。

20200206 00006.png





太白胡麻油・生唐辛子・ニンニク・レモン汁(冷凍してありますが)・ココナッツシュガー・ナンプラーを合わせ、バーミックスで攪拌します。
ここに刻んだコリアンダー・松の実・香りつけの胡麻油を加えて混ぜ、アボカドとみじん切り玉ねぎを加えて和えます。
塩茹でにしたブロッコリー・ルッコラ・ビーツの葉っぱと一緒にジャーに詰めれば出来上がり。

コリアンダーは根っこの部分も綺麗に洗って刻んで加えます。
葉っぱよりぐっと香りが良いので是非。

松の実は予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましてから加えます。

20200206 00013.png20200206 00014.png
20200206 00015.png









20200206 00004.png





2018-06-29T14_21_44-08195-thumbnail2.gif





昨日、主人がイワシを買って帰宅しました。
丸々太ってモチモチと脂がのったイワシを沢山。
正直、私が料理に真摯に取り組むのは午前中だけのお話で、夕食時のお料理はいかに手を抜くかが勝負と認識致しております。

なのでイワシを手に、満面の笑みでまるで褒めてもらいたい小型犬のような表情の主人に少々の悪意を抱きました。

20200206 00005.png

が、悪意を抱きながらも昨日炊いたイワシのおかげで今朝は楽々。
ティファニーで朝食を食べている夢の最中に主人の目覚まし時計で起こされ、寝起きいちばんで主人に掴みかかった本日のスタート。
主人の心の広さに今日もすくわれる思いです。





・・・それにしても。
最近、ポットラックランチに持参する実母のご飯が横着極まりないと思うのです。
『今日はじゃこご飯だよ』確か母は手渡してくれた時そう言ったのですが、これは市販の田作をご飯に混ぜただけですな。

何故わざわざ混ぜるのかしら。
添えるだけに止めるという考えはないのかしら。

hituzi.gif




posted by しんさん at 14:41 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする