2019年10月18日

これも高加水パン?〜酒盗と酒粕とお豆腐と

期待に胸ふくらませて主人が取り寄せたかつおの酒盗。
ですが、そのまま頂くのを躊躇するほどの塩気に主人はがっくり。

どうにか有効に利用したまえ、そう主人から任務を授かったのは1週間以上も前のこと。
今週はかつおの酒盗お片付け強化週間と銘打ち、軍艦巻きからフォカッチャパイと我ながらなかなか上手く酒盗を有効利用したと高く自己評価致しておりました。

そして最終日の本日金曜日、かつおの酒盗を使ったお料理もおそらく今日が最後。

20191018 00001.png

・・・かつおの酒盗パンです。
昨日の酒粕と酒盗の組み合わせに気を良くし、全粒粉パンに応用した結果大撃沈致しました。
欲張って酒粕を多く生地に練り込み過ぎたのがそもそもの原因。

塩っ辛いは酒粕フレイバーが強過ぎるはで、これ、あまり美味しくない。
しかも酒粕クリームが多過ぎて、全粒粉生地を突き破る始末。

20191018 00007.png

ですがそこはポジティブに。
当初の目的はかつおの酒盗を使い切ることですもの。
今宵の日本酒の肴を朝から仕込むことにより、見事ビンは空っぽになりましたよ。

20191018 00006.png

・・・これっぽっちも自慢出来ることではありませんけどね。

ですが今週のお題となったこのかつおの酒盗。
いつもなまり節を取り寄せているサイトで見つけたお品だそうですが、とても真面目に作られた高品質な酒盗だと認識致しております。





そこで酒盗のお話はこの際脇に置いておくとして、全粒粉生地のお話。
この配分、以前も確か試して大失敗したことがある生地の配分です ⇒ ☆彡2019年09月12日
だって粉の分量 150gに対し、水分が150g・・・おかしいですよね。

耳にしたことがある“高加水パン”と言っても良いのかしら、これ。

20191018 00003.png

高加水パンがマスターできれば、憧れのリュスティックが焼ける日も来るかもしれない。
なのでそこを踏まえて備忘録。

あ、酒盗と酒粕のペーストをパンに練り込むのは同意致し兼ねます。
なぜなら、流石の主人も今日のパンに関してはノーコメント、スルーでしたから。

20191018 00004.png

もちろん生地はいつものスタイル。

全粒粉100%にインスタントドライイーストは極少量。
前日の夕方、ヨーグルトのホエーを加えてビニール袋でちょこちょこっと生地を捏ねてオーバーナイト醗酵。
翌朝成形して焼く、ざっくりそんなところです。





◆材料(野田琺瑯のスクエアMサイズにひとつ分)
  • 全粒粉強力粉 135g
  • スキムミルク 15g
  • てんさい糖 15g
  • インスタントドライイースト 1g

  • お塩 2g
  • オリーブオイル 15g

  • 白湯 100g
  • ヨーグルトのホエー(ヨーグルトからでた水分、ヨーグルトが少々混ざっても平気) 50g
  • 酒粕 65g
  • 木綿豆腐 65g
  • かつおの酒盗 適量




◆作り方
  1. 強力粉〜イーストまでをビニール袋に合わせ、口をしっかり持ってふり混ぜます。
    白湯とホエーを合わせてよく混ぜたところに粉類の半量を加え、しっかり混ぜ合わせてからお塩とオリーブオイルを順に加えてその都度しっかりと混ぜましょう。

    粉類の半量が残ったビニール袋に戻し入れ、生地がひとつにまとまるまで揉みます。
    ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで口を留め、ヨーグルトメーカー 40℃で1時間醗酵を促しましょう。

    20191018 00010.png20191018 00011.png


  2. 1を軽く揉み、再度ビニール袋内の空気を抜いて端の方で留めます。
    保存容器に入れ、野菜室でひと晩ゆっくりと醗酵を促しましょう。

    20191018 00012.png20191018 00013.png


  3. 今朝はここからスタート。
    先ずは野菜室から生地の入った保存容器を取り出し、30分以上は室温に置きましょう。

    20191018 00014.png

    大きめにカットしたラップの上にデロンッと、それでもそっと生地を出します。
    ラップを使って上下左右に何となく折りたたんで生地をまとめ、ふわりとラップで包んで10分間。
    所謂ベンチタイムを設けてみました。

    20191018 00015.png

  4. ベンチタイムの間に酒盗入り酒粕ペーストの準備。
    酒粕と木綿豆腐をバーミックスでペースト状にして酒盗を混ぜるだけ。
    ソフトタイプの酒粕を使用、木綿豆腐の水切りはしていません。

    20191018 00016.png

  5. ラップの上で生地をのばし、酒粕ペーストをたっぷり前面にぬりましょう。
    ・・・あ、これ、悪い例ですから。
    これだけぬると、主人もスルーするほどの酒粕フレイバーが強過ぎるパンが焼き上がります。

    両端を中心に向かって折りたたみ、短い辺を手前に巻きます。
    巻き終わりを下にし、オーブンシートを敷いた容器に移しましょう。

    20191018 00017.png
    20191018 00018.png20191018 00019.png


  6. 時々霧吹きでお水をふりかけながら、オーブンの醗酵機能 40℃で1時間醗酵を促します。
    頼りなげな生地ですが、しっかりとふくらみますよ。

    20191018 00020.png

    再度霧吹きでお水を吹き、210℃に予熱したオーブンへ素早く移しましょう。
    設定温度を190℃にして32〜35分。

    20191018 00021.png

    焼き上がってすぐに容器から取り出すと、たっぷりの酒粕ペーストのおかげで崩壊します。
    冷めてペーストが落ち着いてから徐に容器から出し、網の上で冷ましましょう。

    20191018 00022.png

    決してお勧めしない高加水酒粕酒盗食パンの焼き上がりです。

    20191018 00023.png





rain13.gif





お菜はジャーサラダ。
昨日の酒盗パイに使ったドライドトマト、刻み玉ねぎ、アボカド、以前拵えたトマト風味のなまり節そぼろ(☆彡)を順に詰め、ビーツグリーンで蓋をします。

作り置き料理を詰め込むだけなのでちょちょいのちょい。

20191018 00009.png

思えば、主人はあまり酒粕が好きではないのです。
酒粕が苦手な主人に今日のこのパン・・・
触れられたくない黒いお弁当歴史となったことでしょう、主人にとっては。

20191018 00002.png





rain13.gif





散々な酒粕酒盗パンでしたが、目の保養に美しいいくらの醤油漬けを画像に残しておきましょう。
主人の職場の方が漬け込んだ美しいいくらの醤油漬け。
こんな弾力のあるいくら、そして程よいお醤油味の醤油漬けは初めて。

20191018 00005.png

最後の最後にコケてしまいましたが、無事酒盗を使い切ることが出来ました。
添加物を使用していない高品質な酒盗、またふたりの味覚がかわったらそのままの味を受け入れる日もあるでしょう。
今更ながらではありますが、ちょっと相性が今のところは合わなかっただけ。
良い酒盗でした。

20191018 00008.png

昨日ドラッグストアに買い物に行った際、レジに向かう途中で気になるお品に目が留まりました。
“睡眠の質を高めるチョコレート”
グリコ商品のミルクチョコレートです。





夕食後3粒食べれば高品質な眠りが・・・
ホコホコと買って帰り、早速食後に主人と1粒ずつ。
そして見事なプラシーボ効果、お風呂に入る前から眠いこと眠いこと。
お風呂上りのスーツなど夢見心地でフラフラと就寝。
すっきり目覚めるのが自慢な私が朝も眠いこと眠いこと。
これで3粒食べたら・・・

お単細胞は昔から。
さ、今日は17時から宴会ですよ、待ちに待った週末ですもの。
酒粕、酒盗、アボカドで拵えた日本酒の肴が朝からお待ちかねですよ。

2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2.gif
posted by しんさん at 16:28 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする