2019年08月27日

トマト食パンのサンドウィッチ〜酒粕レーズンとナッツ編

昨日焼いたトマトの全粒粉食パン ⇒ ☆彡
お水を使わずトマトの水分で全粒粉を捏ね、ペコリーノロマーノと乾燥ポルチーニを生地に混ぜ込んだ複雑な風味の食パンです。

昨日は端っこを使ってアボカドその他をサンドしてお弁当に。
1日経って生地もぐっと扱いやすくなりましたので、作ってみたかった酒粕レーズンサンド、ずっと気になっていたもののひとつです。

20190827 00004.png

クリーム状に練った酒粕にレーズンとクコの実をつけ込んでみました。
カリッとローストした胡桃とアーモンド、そしてプチプチした食感が楽しいドライフィグを一緒に全粒粉トマト食パンでサンドします。

市販の真っ白なふんわり食パンとは程遠い全粒粉の色黒トマト食パン。
全粒粉生地に混ぜ込んだペコリーノロマーノと乾燥ポルチーニが程よい塩味と複雑な風味を添えています。

20190827 00002.png

肌理がみっちり詰まった素朴な全粒粉パン、チーズの塩味、ポルチーニの風味、そしてちょっと酸味を効かせた酒粕レーズンの甘み、ナッツとドライフィグの食感・・・

20190827 00012.png

あ、これは主人も私も好きな味。

20190827 00006.png

噂通り、使い勝手の良い酒粕レーズンにご満悦といったところ。
うん、これでまた酒粕の消費量がぐぐんと急増しそうです。
また主人が近所の酒蔵にひとっ走りすることになるのでしょう。

20190827 00005.png

断面にチロリチロリと見えるクコの実の赤も可愛らしいアクセント。
酒粕レーズンは昨日のうちに仕込んでおきましたが、もう少しなじませた方が良いのでしょうね。
まだまだアルコールの存在感が漂っておりましたから。

20190827 00010.png





◆酒粕レーズンの材料と作り方
  1. 酒粕 100g
    レモン果汁 大さじ1
    白湯 大さじ1

    を合わせてしばらくおいてふやかし、バーミックスで滑らかに攪拌します。
    やわらかめの酒粕を愛用しております。
  2. レーズン (オイルコーティングしていないもの) 100g
    クコの実 15g

    を1に加えて混ぜ、半日以上冷蔵庫でなじませれば出来上がり。

    20190827 00001.png20190827 00003.png
    20190827 00011.png







◆サンドウィッチの作り方
  1. 全粒粉トマト食パンはスライスしてラップで包み、冷蔵庫に入れておきました。
    予め無塩タイプの醗酵バターを室温に戻しておき、食パンの表面に薄く満遍なくぬります。

    20190827 00013.png

  2. 酒粕レーズンをぽってりと上に盛りましょう。
    アーモンドと胡桃は予熱なしのオーブン160℃で10分ローストし、粗熱がとれたらざっくり刻んで散らします。
    ドライフィグも刻んで上に散らしましょう。

    20190827 00014.png

  3. トマトパンで挟み、軽く圧をかけながらぴったりとラップで包みます。
    軽い重石をしてしばらく冷蔵庫でなじませましょう。

    20190827 00015.png

  4. パンとフィリングがなじんだところでラップを外してワックスペーパーで包み直します。
    切る方向と直角になるようワックスペーパーをマスキングテープで留めます。

    20190827 00017.png

    マスキングテープごとパンナイフで2等分して出来上がり。
    冷やして食べるのがお勧めです。

    20190827 00016.png







table_s.gif






昨日、帰宅途中の食材調達を買って出た主人。
よほど朝のお味噌汁の具にお茄子がなかったのが不本意だったのでしょう。

買ってきた食材を見ると、茄子、お豆腐・・・うんうん、これらはお味噌汁の具ね。
そして人参?
聞くと、『だって、どぅみぃ(私のこと)、いつも人参を買っているイメージがあったから』
ちゃんと在庫があることは内に秘め、そっと片付けました。

そしてちょっと笑ってしまったのが細い華奢なキュウリ、しかも1本だけ。
キュウリとなまり節の酢の物がよほど食べたかったのでしょう。
主人なりに考えて、キュウリさえあれば作ってもらえるとワクワクしながらキュウリを1本、愛おし気に買い物カゴに入れる主人を想像すると可笑しくて可笑しくて・・・

20190827 00009.png

ご所望通り、お弁当のお菜は主人が愛して止まないなまり節とキュウリの酢の物。
ですが如何せん、細い器量の良い市販のキュウリ1本では・・・ねぇ。
いつも畑で収穫した武器のように成長した図太いキュウリを使っていましたので、うーん、キュウリ1本・・・うーん・・・

人参でカサ増ししたのが私の精一杯の愛情だと思って下さい。





  1. 鰹のなまり節は適当に切り、たっぷりの熱湯を回しかけてから大きくほぐします。
    自家製の塩麴をからめてひと晩おくと、パサつきがちななまり節がしっとり仕上がります。
  2. キュウリは薄切り、人参と生姜は千切りにし、合わせて少量のお塩を揉み込んでしばらくおきます。
    しんなりしたらしっかり絞り、お酢洗いをして土佐酢で和えましょう。
    なまり節と合わせて出来上がり。

    20190827 00018.png20190827 00019.png
    20190827 00020.png






作り置きしてあるお菜と一緒に詰めて、本日のお弁当完成です。






table_s.gif







朝、白湯を沸かしている間に窓を開け、滞ったキッチンの空気を入れ替えるのが今の習慣。
タイマーがなるまでの10分間、秋の澄んだ空気を取り込みながらのストレッチは本当に気持ちの良いものです。

そしてようやく朝の食卓に炊き粥が戻って参りました。

20190827 00008.png

今までは暑くてコトコトお粥を炊く気にもなりませんでしたから。
素麺やお蕎麦ばかりだった朝の主食、今朝は久しぶりの炊き粥。
干しシイタケとヒジキの旨味を存分にまとった十六雑穀米入りの炊き粥、お帰りなさいといったところ。





日中はまだまだ蒸し暑い日も多くてクーラーなしではいられない時間帯もありますが、それでも随分とクーラーの出番は減少致しました。
早くも主人は来月のお月見の計画を着々と立てているようです。
最近はお酒との付き合い方も二人でけん制しつつ、量も頻度も良い方向へと向かっております。
50も過ぎて飲み過ぎたぁ!では見苦しいですからね。

さ、今宵もお酒は控え、お風呂上りに映画をふたりで1本見て、9時に消灯。
明日に備えましょう。

pakira.gif
posted by しんさん at 14:03 | Comment(4) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする