2019年07月12日

プロテインクッキー 〜 ハーバライフクッキー編

少々バタバタ致しておりまして、2日前の水曜日に焼いたクッキーです。
名付けてハーバライフクッキー、遊び心満載です。

20190712 00005.png

ハーバライフのプロテインパウダーをたっぷり使ったおからのクッキーです。
プロテインパウダーがしっかり甘いので、お砂糖を加えずとも十分な甘さ。

クッキー生地の主材料はおからです。
おから10に対してプロテインパウダー7といった割合。
胡桃やオートミール、ドライフィグをここにちょっと足してみました。
もちろんバターやオリーブオイル等は使っておりません。

20190712 00008.png

随分と遊ばせてもらったハーバライフのプロテインパウダーですが、いよいよ3つのフレイバーのうちバニラが空になりました。

空になった容器をまじまじとみておりましたら、蓋にハーバライフマークのエンボス加工。
容器の蓋を型に使ったハーバライフクッキーという訳です。

20190712 00009.png

ところが想った程にはハーバライフマークが生地にスタンプされませんでしたので、急きょストロベリー風味のプロテインパウダーでデコレーション。

意外とハーバライフマークを保っていることに驚きです。

20190712 00006.png

但し材料は極めて健康的なこのクッキー、クッキーとは名ばかりでその食感はまるでおせんべい。
そしてその味はと言えば、私が幼少のころ大好きだった“カステラ煎餅”そっくりです。

不味くはありません、美味しいです。
ですがクッキーではありません。
ハーバライフマークは別として、まだまだ改善の余地ありのプロテインクッキーです。
生地そのものはフードプロセッサーでちょちょいのちょいですよ。





◆材料(ハーバライフのプロテインパウダー容器の蓋サイズ 8枚分です)
  • 生おから 100g
  • プロテインパウダー 70g
    (バニラ風味 20g、チョコレート風味 50g、計70g)
  • 胡桃 35g
  • ドライフィグ 30g
  • オートミール 15g

  • デコレーション用にストロベリー風味のプロテインパウダー 適量

    20190712 00007.png



◆作り方
  • 胡桃は予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。
  • ドライフィグは適当に刻んでおきましょう。

  1. 胡桃・ドライフィグ・オートミールをフードプロセッサーに合わせて粉砕します。

    20190712 00010.png20190712 00011.png


  2. おからとプロテインパウダーを加え、全体がしっとりそぼろ状になるまで攪拌しましょう。
    約30gずつの大雑把なお団子にします。

    20190712 00014.png20190712 00013.png
    20190712 00012.png


  3. 容器の蓋にラップを敷き、丸めた生地をのばします。
    スプーンの背を使って隅まできっちりとのばしたら、底が平らな瓶等を使って表面を平らにならしましょう。

    ラップをそっと外し、オーブンシートを敷いた天板に並べます。

    20190712 00015.png20190712 00016.png
    20190712 00017.png



  4. 180℃に予熱したオーブンに移し、設定温度 160℃で15〜18分焼きましょう。
    その後カリッとさせるため、500Wの電子レンジで1分、裏返して1分、計2分加熱して網の上で冷まします。

    20190712 00018.png

    微かにあったハーバライフマークはどこへやら。
    オーブンシートにハーバライフマークを転写して切り取り、茶こしでストロベリー風味のプロテインパウダーをふりかけて出来上がり。

    20190712 00019.png






table_s.gif





と、先日拵えたプロテインクッキーが本日のお弁当です。
ひとつひとつシリカゲルを同封して個別にラッピングしておきましたので、カリカリの食感はそのままでした。

そしてお菜はいつものテリーヌ風。
夏野菜とアガーのジュレをメイソンジャーに詰め込みます。

20190712 00003.png

自家製夏野菜ぎっしりのジャーテリーヌ。
蒸し暑いこの時期は毎日これでも良いくらい。
キュウリ、トマト、じゃが芋と玉ねぎ、そしてトマトとセロリとミョウガを順に詰め込みます。
とっても簡単ですよ。





  1. 沼津土産にいただいたこの “のどくろ出汁塩” を使います。

    合わせ出汁にのどくろ出汁塩を加え、さいの目に切ったじゃが芋とみじん切り玉ねぎをさっと煮ます。

    煮汁だけを別に取り、煮汁が熱いうちにアガーを極少量ふり入れます。
    沸騰直前まで温めてアガーを完全に煮とかし、さいの目に切ったキュウリを加えましょう。

    20190712 00020.png
    20190712 00021.png20190712 00022.png


  2. キュウリ、トマト、じゃが芋と順にジャーに詰め、最後は刻んだトマト、セロリ、茗荷を合わせて盛ります。
    アガー液をたっぷり回しかければ出来上がり。
    室温でかたまるアガーは本当に重宝します。

20190712 00004.png






間違いなくお腹が空きそうなお昼ご飯です。

20190712 00001.png






table_s.gif





朝食も夏野菜たっぷり・・・というより夏野菜だけ。

今朝はお出汁をたっぷり使った炊き粥を主食に。
ポットに昆布・干しシイタケ・鰹節・煮干しを合わせてお水を注ぐだけの簡単な合わせ出汁。

料理本のような細かなことは言いっこなしです、家庭料理ですもの。
簡単でストレスフリーで栄養たっぷりならばそれで良いと思っております。
幸い主人はこの大雑把なお出汁のお味噌汁が大好物ですしね。

20190712 00002.png

せっかくですので前々日、プロテインクッキーを焼いた日の朝食も。
この日の主食はツルツルっと素麺。

20190712 00023.png

素麺のスープはのどくろ出汁塩風味。
水出しした冷たいお出汁にのどくろ出汁塩を溶かします。
薄切りにしたキュウリ、茗荷を合わせて塩もみにし、水気をしっかり絞ってたっぷりトッピングすれば出来上がりです。





プロテインを摂取して頗る体調が良いと喜ぶ主人の反面、なぜか私は草臥れ気味。
疲れがどうも抜けなくて、出来ることならば家の中をごろごろ転がって移動したいくらい。

・・・もちろんそういう訳には参りませんけれど。
3連休、主人はインド料理を食べに行くと張り切っておりますが。
もちろん私も駆り出されるのよね、そうよね、きっと。

hituzi.gif
posted by しんさん at 14:58 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする