2019年04月19日

マッコリ食パン 〜 マッコリ胡桃サンド

先日焼いた全粒粉のマッコリ食パン ⇒ 2019年04月15日 ☆彡
姪っ子の韓国土産、マッコリで全粒粉を捏ねるだけでは飽き足らず、マッコリ・蜂蜜・千切り生姜を合わせた中に漬け込んだたっぷりのレーズンを生地に混ぜ込んでもっちりと焼き上げました。

ですが焼くだけ焼いて試食には至らず、冷凍保存のまま不本意な週末。
焼き上がった時のあの高揚感を忘れてしまいそうなので、冷凍庫のマッコリパンをいそいそ解凍。
今日のお昼はマッコリ食パンのサンドウィッチと致しましょう。

普通にレーズン食パンとして食べれば良いものを、どうしても何かしら手を加えたい性分です。
マッコリ食パンの間にたっぷり挟んだ真っ黒な謎の物体。

ふふっ、食べ物で遊んでいるつもりは毛頭ございません。
やっぱりこれもマッコリ。





マッコリにきな粉・黒胡麻・蜂蜜を加えてヌガー風に煮詰め、たっぷりの胡桃を和えてみました。
強いて名前を付けるなら、『全粒粉マッコリ食パンのマッコリヌガー胡桃サンド』 ・・・

そんなところでしょうか。





加熱することにより、マッコリの醗酵酵素は滅亡してしまっているでしょう。
マッコリはヌガーになることなど望んでもいないでしょう。
でもね、ごめん、姪っ子には申し訳ないのだけれど私、マッコリあまり得意な方ではないのですもの。





マッコリ週間と銘打ち、週明けに抜栓したマッコリを使って今週は様々なものを拵えました。
全粒粉のマッコリ食パンを皮きりに、マッコリ風味の茹で鶏、マッコリ風味の白味噌和え、そしてお気に入りだったのはマッコリ風味の白玉豆腐団子。

そして本日のマッコリヌガーできっちり使い切りました。

マッコリを煮詰めたからどうこうという訳ではありませんが、随分マッコリに楽しませてもらいました。
むっちりとしたマッコリヌガーに胡桃の食感、そして時々ドライフィグのぷちぷち食感。

言うほどお砂糖も使用致しておりませんし、ヌガーの大部分はマッコリ・黒胡麻・きな粉、そして胡桃ですもの、そう体にダメージを与えるものではないですよね、きっと、多分。

パンは解凍するだけなので、とっても簡単ですよ。





  1. 全粒粉マッコリ食パンは予め解凍しておきます。
    胡桃 (適量) はざっくり刻み、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。
    ドライフィグ (適量) はざっくり刻んでおきましょう。

  2. マッコリは300t。
    フライパンに移し、黒胡麻・きな粉・蜂蜜を各大さじ2加えてよく混ぜておきましょう。
    中〜強火で煮立てた後、弱〜中火に落として時々混ぜながらとろりとするまで煮詰めます。

    すかさず胡桃とドライフィグを加え、素早くからめたら火を止めます。

  3. 素早く食パンの上に移してスパチュラ等でならします。
    手の平で均一に圧をかけながらパンで挟み、軽めの重石をしてしばらくおきましょう。
    ヌガーが完全に冷めたらラップで包み、ラップごとパンナイフで切り分けます。











主人が 『鰹のなまり節』 に凝った頃が一時ありました。
なまり節と並んでその土地の名産 『ひじき』 が我が家にたっぷり備蓄されているのは、もちろん主人がなまり節と一緒に取り寄せたから。

そんな在庫豊富な立派なひじき、今日はチーズと合わせてサラダにしてみましょう。






  1. お水に浸して戻したひじきの水を切り、極少量のオリーブオイルで炒めます。
    マッコリ風味の茹で鶏もざっくりと裂き、ひじきと一緒にほんの軽く炒めましょう。
  2. セロリは繊維に沿って極細い千切りに。
    トマトはざく切り、市販の蒸し大豆も加えましょうか。
    ペコリーノロマーノはフォークで細かく砕きましょう。

    1もボールに加えて合わせ、黒胡椒をたっぷり挽きます。
    ペコリーノロマーノの塩気があるので加えるお塩は控えめに。
    丁寧に和えれば、はい、出来上がり。











畑仲間から頂いた白菜のおかげで、昨年から楽しんで参りました白菜キムチ。
今シーズンの白菜には本当にお世話になりましたが、頂いた白菜で漬けた白菜がとうとう今朝で最後になりました。

往生際悪く、今、新キャベツでキムチを仕込んでいるところでございます。
朝の納豆に添えるキムチ、この先しばらくはキャベツのキムチとなりそうです。





間もなくラッキョウも市場に出回ることでしょう。
毎朝の納豆に添える甘酢漬けラッキョウを切らしてもう随分になります。
今年は昨年の2倍、主人からはラッキョウを漬けるようそう言われております。
週末の畑、調子よく育っておりますそら豆がそろそろ収穫出来ると嬉しいのだけれど。

posted by しんさん at 14:24 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする