2019年03月07日

お豆腐と乾パンのブラウニー風ケーキ

乾パン、好きなんです。
主人は隣で怪訝な顔をしますが、お猪口やワイングラス片手に乾パンポリポリなんていつものこと。

ホイっとお口に放り込めるサイズと言い、時々フワッと香る黒胡麻の風味と言い、何ならワンショットグラス片手に乾パンでもイケるくらい。
なので乾パンは災害対策でなく入れ替え入れ替え常備してあります。

随分と前に開封した乾パンが今朝は気になりました。
フードプロセッサーで乾パンを粉砕し、ブラウニー風チョコレートケーキの土台に有効利用。

でもそれでは普通ですものね。
もう少し遊び心を盛り上げて、ブラウニー風生地には木綿豆腐をたっぷりと使ってみましたよ。
乾パンの土台、お豆腐生地のブラウニーです。

残っていた乾パンが想っていたより少量でしたので、バナナチップでカサ増ししてみました。
乾パン、バナナチップ、そして自家製のピーナッツバターを合わせた台の上に、マシュマロと胡桃を混ぜ込んだチョコレート風味のお豆腐生地を流して焼きました。

台に使用したバターを控え過ぎたのか、ホロホロと崩れやすい頼りない台になってしまいました。
ですがそこはいつものご愛敬。

乾パンを敷き詰めた上には、木綿豆腐をたっぷり使ったブラウニー風チョコレートケーキ。
うん、乾パンは今後も常備することでしょうし、お豆腐も大抵冷蔵庫に入っております。
フードプロセッサーでちょちょいのちょいですし、所々改善すれば定番になりそうな一品です。





以下の分量で野田琺瑯のホワイトシリーズ、レクタングル深型のLサイズひとつ分です。



  • チョコレート (ヴァンホーテン NEWダークチョコレート 54%を使いました) 80g
    無塩タイプの醗酵バター 10g

    をボールに合わせて湯せんし、溶かして滑らかに混ぜておきます。
    今後の為に、ここは醗酵バターでなく牛乳や生クリームの方が良かったかと存じます。
  • 上記とは別に、無塩タイプの醗酵バター 20g・自家製ピーナッツバター (☆彡) 20gを湯せんし、混ぜ合わせておきましょう。
    ここも改善ポイント、バターの量を少し増加した方が良さそうです。
  • 卵 1個は室温に戻しておきましょう。




先ずは乾パンを粉砕して容器に敷き詰めます。
  1. 乾パンは45g。
    バナナチップ 30gと合わせ、フードプロセッサーで粉砕しましょう。
    この袋タイプのサンリツの乾パンを常備してあります。

    ピーナッツバターと合わせておいた溶かしバターに加えてなじませます。

  2. オーブンシートを敷いた容器に移し、均一に敷き詰めましょう。
    しっかりと押しかためます。
    同シリーズの野田琺瑯の容器を使って押しかためると、隅まできっちり均一簡単です。




お豆腐生地を流して焼きます。
  1. 木綿豆腐は軽くふる程度に水を切って250g強。
    ザルにあげてしばらくおき、自然に水切りをしてからフードプロセッサーへ。

    滑らかに攪拌したところに、バターと合わせておいた溶かしチョコレート・室温に戻して溶きほぐした卵・デーツシロップ 大さじ1・ウィスキー 小さじ1/2加えます。
    滑らかに攪拌してボールに移しましょう。

  2. 粉類は予め合わせておきます。

    全粒粉薄力粉 30g
    ココアパウダー (無糖のバンホーテンを使用しました) 20g
    コーンスターチ 10g
    ざっくり砕いた胡桃30g
    小ぶりなマシュマロ 15g

    以上をビニール袋に合わせ、口をしっかり持ってふり混ぜておきます。
    これを1のボールに加えてスパチュラで混ぜ込み、容器に流して平らにならします。

    チョコレートをバターと合わせたものだから、生地が相当かためです。
    やはりチョコレートは牛乳、もしくは生クリームと合わせるべきでした。

  3. 容器の底を数回打ちつけて空気抜きをし、200℃に予熱したオーブンへ。
    設定温度を180℃にして焼くこと30分。

    マシュマロが溶けて出来た表面の穴ぼこに、更にマシュマロを押し込みます。
    余熱が残るオーブン庫内にしばらく放置し、マシュマロが程よく溶けたら容器のまま粗熱をとりましょう。

    完全に冷めたら容器から出して切り分けます。

    台がホロホロなので、パンナイフより断然包丁を使うのが賢明。
    改善点と言いながら、次回は今日のことなどすっかり忘れてイチから挑むのでしょう。











開封した牛乳が半分以上残っております。
週末、主人がどうしてもグラタンを食べたいと言ったのが原因ね。

そんな牛乳をたっぷり使って、今日はそうね、ちょっと冒険しておからを炊いてみましょうか。
牛乳で炊いたおからをお弁当のお菜と致しましょう。

おからに牛乳?その上ひじき?
主人への意地悪でもなく、意外とこれが美味しいの。





  1. おからは乾煎りして別皿に取り出しておきましょう。
  2. 空いたお鍋に極少量の胡麻油をたらし、たっぷりのみじん切り生姜・適当に刻んだベーコンを加えてじっくりと炒め合わせます。
    ベーコンの脂があるので胡麻油は極控えめに。
  3. 玉ねぎはみじん切り、ルッコラの軸部分は小口切りにして加えます。
    ひじきはお水で戻し、シイタケの軸の部分は裂いてカサ部分は細切りにして。
    だし醤油、お酒、みりんで味付けをして炒りつけましょう。
  4. 牛乳を注ぎ、おからを加えます。
    ぽってりと水気を程よくとばしたところで火を止め、ざく切りにしたルッコラの葉を加えてなじませます。

    すり胡麻をたっぷり加えて出来上がり。











今朝の主食は釜たまうどんの応用版。
釜たまうどんに鶏ささ身の茹で鶏とあおさをトッピング。
仕上げに熱々のチキンスープをちろりと回しかけました。

何となくわかります。
主人はいつもの釜たまうどんの方が好きだってこと。
ひと口めでわかります。
解りやすい人ですから。





今朝も主人が淹れてくれる柳桜園のほうじ茶が美味しゅうございました。

posted by しんさん at 14:07 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

金曜日〜今日までを早足で

2007年、専業主婦になったのをきっかけに始めたブログも早10年以上。
気付けば、Seesaaさんのディスク使用量上限の5GBをあっさり超過してしまっておりました。
最後の日記の画像がいつまで経っても反映されなかったのも、どうやらそれが原因だったようです。

まだまだ続けますよ、拙いブログ。
主人とふたり、うんと歳をとってから、もしくはどっちかが寿命を迎えてから、こんなことやってたんだね、こんなお料理作ってたんだね、バカなことしてたね、なんてしみじみ思い出に浸る為にも、ね。

そんな訳で備忘録の再開です。
小分けにすれば良いのですが、休日以外の日々備忘録が溜まってしまいますもの。
翌日以降の備忘録ってどこか気持ちが込められない、なので4日分をまとめて備忘録。





先ずは先週の金曜日。
2年ほどくすぶっておりました主人の憑き物が落ちたこともあり、久しぶりのラーモニーさんへ。
食事を終えた後の記念写真、めちゃ楽しそう。

河鱒は主人が愛して止まない焦がしバターのソースで。
グリーンが眩しいアスパラガスのサラダ。

ラーモニー風ガルビュール。

『マダム、ガルビュールって何?』
『スープみたいなものよ』

特大プリプリの蛤が下に潜んでおりました。
これ、好き、大好き。

フワっフワのヒラメに雪崩のようなクリームソース。
山村シェフのクリームソースだぁ。

艶々のソースをまとった鴨。

シャンパーニュで乾杯した後、バイザグラスで白ワインを数種。
その後、ラーモニーさんに向かう道中早くも主人が決めておりましたワイン、マイケル・クルーズを頂いてゆっくりデザートタイム。
久しぶりのイケムをチビチビすすりながら、山村シェフと談笑する主人。

改めて山村シェフのお料理は美味しいことを実感し、ご機嫌で帰途に着きました。










週末を経て月曜日。
頂いた 『生砂糖』 なる初めての食材、これが気になって仕方がないので・・・

週明け月曜日のお弁当はこうなりました。
前日が桃のお節句だったこともあって三色団子。
甘いタレをたっぷり添えたみたらし団子風の三色団子です。






  • 白玉粉をお豆腐で捏ねたお団子生地。
    極少量のお塩を加えて捏ねて丸め、さっと茹でれば出来上がりと高を括っておりました。

    が、お豆腐に白玉粉を加えたその段階で白玉粉が極少量しかないことが判明。
    生憎片栗粉も常備しておりませんので、失敗を覚悟して本葛粉を混ぜてみました。

    思いのほか上手く行くものです。
    抹茶とプレーン、そして食紅で色付けした三色のお団子。





そして何よりこれ、このみたらしダレが最高に良い出来でした。
これが生砂糖の威力なのでしょう。






  • お水 100cc
    生砂糖 80g
    本葛粉 15g
    みりん・お醤油 各大さじ1

    お水に本葛粉を加えてよく混ぜたところに他の調味料を加え、中〜弱火で透き通ってとろりとするまで煮詰めるだけです。

    このみたらしダレ、アイスクリームに添えても美味しいの。
    ハーゲンダッツの和みあずきとの組み合わせがお気に入りです。





主人のお団子も別容器でタレをたっぷり。






只今、畑の区画整理を実施中です。
昨年とっておいた分葱はあちこち無造作に植えられ、微妙にいがんでしかも狭い畝、同じ畝に共存するルッコラとケール。
芸術的に美しい畑を展開する几帳面なO氏が見るに見兼ね、区画整理を提案なさいました。

この範囲の分葱はお抜きなさいと諭され、旬を前にごっそり抜いて参りました分葱。
ホタルイカと合わせた大好きな分葱のぬた、日持ちはしませんが春らしい一品です。
  • 分葱はぬめりもそのまま使って風味の一部に。
    さっと茹でた分葱を醤油洗いして食べやすく切り揃え、こちらもさっと茹でたホタルイカと合わせます。

    生姜を効かせた酢味噌で和えれば出来上がり。






わさび菜はお塩で軽く揉んでから熱湯を回しかけ、醤油洗いをしてナムル風に。
ハッとするほど美しいわさび菜は、畑の区画整理長のO氏が育てたわさび菜。
知的で面倒見の良いO氏の区画整理、近々畑に柑橘類コーナーを造る計画が進んでおります。

今週の常備菜は緑一色です。










火曜日の主食は、山芋で全粒粉を捏ねたおかずマフィン。
ベジミートをたっぷり中央に盛った肉まん風のマフィンです。






  • すりおろして冷凍しておいたつくね芋を白湯でのばし、全粒粉と合わせて冷蔵庫でひと晩ゆっくりと醗酵を促した生地。
    想像していたよりずっとゆるい生地で、成形などとてもとても。
    胡麻油をぬったマフィン型に分け入れ、ベジミート餡を中央に埋め込んで焼き上げます。

    ベジミートはぬるま湯に5分ほど浸した後、しっかり絞って使います。
    刻んだパクチー、みじん切り玉ねぎ、自家製のドライ納豆等を合わせ、オイスターソース、蜂蜜、お塩、ナンプラー等で味付けを。






常備菜に緑の野菜が多いので、主食に添えるジャーサラダも緑寄り。

朝食の主食は、実家の母親が拵えた自称お座なり散らし寿司。
お料理嫌いの母が散らし寿司を作るのって・・・生涯で何度あるのかしら。
それだけ3姉妹の持ち寄りランチが功を奏しているということね。

マイワシが手に入らなかったので、昨日はルッコラ・新玉ねぎ・アボカド・しめ鯖の定番メニュー。
いつもは胡麻油をチロリと垂らしますが、赤ワインビネガーもなかなか良い味でした。










さぁ、追いつきましたよ。
3月6日、春を想わせる啓蟄、本日のお弁当です。

ここ数日不摂生が続いておりますので今日はジャーサラダだけ。
いつもの245tのジャーよりひと回り大きな480tのジャーを使ってたっぷりと野菜を摂取します。
畑で収穫した野菜が多いのでやはり食材は緑寄り。





ジャーのいちばん底には緑色のパスタ。
Amazonで割引になっていたのに惹かれて購入したスピルリナパスタ。

スピルリナ?知らないなぁ・・・
でも、このパスタモチモチしていて食感もまずまず。
レビューにあったように、パスタそのものは 『お線香』 にしか見えませんけどスゴいパスタのようですよ。






  • そんなスゴいスピルリナパスタは、お塩を加えず熱湯で茹でなさいとのこと。
    茹で時間も随分と短めです。
    麺同士がくっついてかたまってしまわないよう、お塩の代わりにオリーブオイルを極少量たらして茹で、熱々のうちにシイタケペースト (☆彡) をからめました。






暖かくなって畑のルッコラも薹立ちが始まっております。
薹立ちも初期のルッコラならば、お浸しにするのがお気に入り。
程よい辛さが残ったルッコラのお浸しは主人も大のお気に入り。
  • お塩を加えた熱湯でさっと茹でたルッコラを冷水にとり、熱が取れたらすぐに引き上げて醤油洗いをします。
    調味料を合わせてひと煮立ちさせて冷まし、切り揃えたルッコラを浸せば出来上がり。

    この時期、新聞紙に包んでいつも通り野菜室に保存していても人参が発芽しませんか?
    ピーラーで薄切りにして甘酢漬けにし、常備菜として保存します。






今朝の主食は主人お気に入りの鶏粥です。
昨日マックスバリュに行ったら綺麗なマイワシが並んでおりました。
3パックまとめて買って参りましたので、一気にお酢煮の作り置きも果たしました。

主人が淹れてくれる柳桜園茶舗のほうじ茶、私の好きな渋めなお茶です。





急ぎ足だけど長い備忘録はここまで。
明日からはまたいつもの、でもやっぱり長い備忘録に戻ります。

無料のSeesaaブログからプレミアムプランへ。
申し込み時に間違えて、来月300円余分に引き落とされることが悔やまれて仕方がありません。

posted by しんさん at 15:10 | Comment(0) | 旅行とお出かけの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ふわふわマシュマロとイチゴのサンドイッチ

今日から3月、そして今宵は主人とデートです。
デート前日の昨晩はふたりとも少々気分も高揚し、話も弾んでつい飲み過ぎてしまいました。
今朝はいつもより30分遅い起床でしたが、ちょっと浮かれてこんなの拵えてみました。

数日前に焼いて冷凍しておいたココア風味の全粒粉パン、そして可愛らしいイチゴの組み合わせ。
ほろ苦い全粒粉ココア食パン (☆彡)で甘酸っぱいイチゴをたっぷりサンドしました。

ココアの黒とイチゴの赤を一段と際立たせるのは、生クリームでもクリームチーズでもありません。
これ、ふわっふわのマシュマロなのです。





市販のマシュマロにヨーグルトのホエーを加えて泡立て、マシュマロクリームにしてサンドしました。
ふわっふわで艶やかなマシュマロクリームはアイシングとしても使えそう。

焼き菓子でも何でも、自ら拵えてみると驚愕するのがそのお砂糖の量。
市販のマシュマロで拵えたこのマシュマロクリームは、お砂糖を追加することも致しません。
言うならば市販のマシュマロをヨーグルトのホエーでのばしたといったところ。
なので、僅かながらではありますがお砂糖の量に対する罪悪感は軽減されるのではないかしら。

なので、イチゴの高さまでたっぷり盛ってしまいましょうか、マシュマロクリーム。

せっかくのマシュマロと溶かしたかと思えばまたかためる・・・
マシュマロにしてみれば不本意な行為かもしれませんね。






桃のお節句も近い今、華やぐ気分にぴったりなマシュマロとイチゴのサンドウィッチ。
泡雪のようなマシュマロクリームがココアとイチゴを引き立てます。






試しに拵えてみた市販のマシュマロを使ったマシュマロクリーム。
当初は電子レンジでマシュマロを溶かすつもりでおりましたので、ガラス製のボールを使いました。
が、金属製のボールを使った方が熱伝導率も良くて仕上がりも早いかと存じます。
  1. マシュマロは小ぶりなものを使いました。
    45gをホエー (ヨーグルトから出た水分です) 40gと合わせ、バーミックスで攪拌します。

    簡単にピュレ状になるかと思いきや、まぁ大変、マシュマロが飛び散ります。
    マシュマロをしばらくホエーに浸してふやかすとか、電子レンジで最初から溶かしてしまうとか、ここは要改善ポイントです。

  2. ボールを湯せんにかけてマシュマロを溶かしましょう。
    滑らかなマシュマロ液になりました。

  3. 今度は氷水でボールの底を冷やしながら、ひたすら泡立てます。
    ボールがガラス製ということもあって随分長いこと泡立てました。

    ですが、見事艶やかなマシュマロクリームに仕上がりましたよ。
    ・・・真っ白過ぎて、カメラのピントが右往左往しておりますけどね。






ココア風味の全粒粉食パンはこの日に焼いて冷凍しておいたもの ⇒ 2019年02月26日 ☆彡
  • ココア食パンを薄切りにし、マシュマロクリームをたっぷり盛ります。
    断面を考えながらイチゴを埋め込み、上にもマシュマロクリームをたっぷりと。
    ココア食パンでサンドし、形を整えながらラップでぴっちりと包みましょう。

    冷蔵庫でしばらく冷やしてラップを除き、ワックスペーパーで包み直します。

    そう、このコロンっとした2等分する前の姿に毎度毎度つい目を細めてしまうのです。

    ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。
    うーん、ちょっとイチゴの配置を誤ったかな?











今日のお菜も245tのメイソンジャーを使ったジャーサラダ。
もう毎回これで良いのでは?そう思う程の登場頻度です。

いつもは彩り重視で食材を順に詰め込むのですが、今日は最初からソースで和えた状態でジャーに詰め込みました。
なので見た目の美しさには欠けますが、食べやすさと美味しさはバッチリです。





今日は鶏胸肉の茹で鶏、ルッコラ、蒸し大豆、アボカドをピリ辛ソースで和えたチキンサラダです。
  1. 鶏胸肉の茹で鶏は昨日のうちに準備しておきました。

    胸肉を予め室温に戻しておき、脂肪や気になる血のかたまりを丁寧に取り除きます。
    全体をフォーク等で丁寧に突き、お砂糖⇒お塩の順にすり込みましょう。
    胸肉1枚に対し、お砂糖は小さじ1強、お塩は小さじ1弱といったところかしら。

    お鍋にたっぷりとお湯を沸かし、お酒を多めに加えて少し温度が下がったところで皮面を下にして鶏肉を加えます。
    2枚状茹でる時は、胸肉が重ならない大き目のお鍋で。

    弱火にし、ぴったりと蓋をして8〜9分。
    その後火を止め、蓋をとらずそのまま冷めるまで放置します。
    この鶏の茹で汁で炊いたお粥は主人の大好物。

  2. 茹で鶏を粗くほぐしてボールに移し、蒸し大豆 ・アボカド・ざく切りルッコラと合わせます。

    自家製ピーナッツペーストで拵えたカオマンガイ風ソース (☆彡) をヨーグルトでのばし、たっぷりのみじん切り玉ねぎ・シイタケペースト (☆彡) を加えてよく混ぜましょう。
    ボールに加えて丁寧に和えれば出来上がり。











主人が毎朝淹れてくれるほうじ茶。
長いこと一保堂のほうじ茶を使っておりましたが、昨日から柳桜園茶舗の茶葉に戻りました。

京都一保堂のほうじ茶は誰が淹れても100点満点、万人に好かれる美味しいほうじ茶。

ですがうんと渋いお茶が好きな私には少々物足りない、そして淹れる主人も面白みに欠ける。
一保堂の茶葉を使い切ったのをこれ幸いと、京都ですが風味もその気難しさも異なる柳桜園のほうじ茶葉を主人が同じ取り寄せてくれました。

これでまた毎朝私の好きなキュッと渋めのほうじ茶を毎朝楽しめます。





今朝の主食は実家の母が持ち寄りランチに持参した混ぜご飯。
週に2回の持ち寄りランチ、ご飯担当の母は新メニューの開発に日々悪戦苦闘しているようです。
でもそれって頭の体操には持って来いよね、きっと。





スーパーや農協の直売所で見かける新玉ねぎも随分立派になりました。
ということは、香りの良い玉ねぎの葉っぱをネギ代わりに使えるのもあと僅かな期間。

ネギより幾分やわらかな香りの玉ねぎの葉っぱ、お味噌汁にたっぷり加えるのが今の季節のお気に入り。
今日は春のような陽気です。
畑の玉ねぎも随分と力強くなっていることでしょう。

posted by しんさん at 15:10 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする