2018年10月29日

むかごのかき揚げ 〜 天むすver.

宅配野菜がお休みの週は、日曜の畑作業の後に作業着のまま主人と農協の朝市へと向かいます。
名残の夏野菜エリアがぐっと隅に追いやられたと思ったら、今やすっかり旬は晩秋の野菜。
野菜の旬の入れ替わり時、そう、見ていても楽しいものです。

『どぅみぃ (私のことです)って、むかご見ると絶対買うよね』
呆れたような主人の声を聞き流しながら、やっぱりむかごを買ってしまいました。
むかごは今シーズン2度目。
だって前回より断然大きくなっていたのだもの。

今シーズン初めてのむかごは炊き込みご飯にしましたので、今回はかき揚げなどいかがでしょう。
むかごをかき揚げにして、今日のお弁当は天むすです。

むかごのかき揚げの天むす。
なぜか1シーズンにいちどは拵えてしまう季節の定番料理です。
卵白をしっかり泡立てたサクッとした生地には、むかごを始め里芋、柿、胡桃、アボカドと具沢山。

はい、具沢山大好きです、欲張りな性分なもので。

十六雑穀を混ぜ込んだほんのりピンクがかったご飯、上にはうっすら青紫蘇ニンニク風味の醤油味をまとった素朴なむかごのかき揚げ。

主人曰く、 『ほんのりマヨネーズの味がする!』 ですって。
我が家にはマヨネーズは置いてありませんよ。
アボカド効果かしら?

マヨネーズの風味はピンときませんが、時折訪れる柿の甘みがお気に入り。
秋の味覚満載のかき揚げ、今年もそんな季節になりましたね。





かき揚げって、油の中に入れた途端にバラけてしまったりしてとっても苦手。
なので私はメレンゲにいつも助けてもらっています。
メレンゲにからめて揚げると、何故だか天ぷら種がバラバラにならないので。
  1. むかごはボールに水を張って何度もこすり洗いをします。
    更にすり鉢にこすりつけながら綺麗に洗い、しっかり水気をおさえておきましょう。

    里芋と柿は皮をむき、むかごと同じくらいの大きさのさいの目に。
    胡桃はざっくり割りましょう。
    アボカドはあまり小さく切らず適当な大きさに切ります。

    全てをビニール袋に合わせ、極少量の米粉を加えて全体にまぶします。

  2. 卵 1個を卵白と卵黄に分け、卵白にはお塩をひとつまみ加えてメレンゲ状に泡立てます。
  3. 卵黄には米粉と炭酸水を1:1の分量で合わせ、ゆるめのホットケーキ生地程度になるよう混ぜましょう。

    極少量のレモン汁・同じく極少量の白だし醤油を加えて薄めに味付けをし、1のビニール袋に合わせて全体にからめます。
    これを2のメレンゲに加え、スパチュラでさっくり合わせましょう。
  4. 太白胡麻油を低温に温め、3をスプーンですくってじっくりと揚げます。
    網の上でしっかりと油を切りましょう。

  5. かき揚げが熱いうちに、青紫蘇風味のニンニク醤油 (☆彡) を数滴たらしてからめます。
    味付けをしたかき揚げを芯に、炊き立てのご飯でふわりと包みましょう

    主人に何と言われようと買ってしまうむかご。
    言われてみれば何故かしら、ね。










昨日、農協朝市の帰りに寄ったスーパーで半額になっていた “はんぺん” を買いました。
お座なりなスフレを焼いてロゼを楽しんだのですが、欲張って2袋も買うものだから・・・

はんぺんの賞味期限は今日。
ならば楽をしてオーブンで甘い卵焼きなど焼いてみましょう。
お弁当の彩りにもぴったりですしね。

卵焼きって意外と手がかかる・・・と思うのは私だけ?
付きっ切りだし、意外と油は使うし、うん、やっぱり手がかかる。
オーブンならば放ったらかし、伊達巻のような甘い卵焼きが放ったらかしでちょちょいのちょい。





  1. 卵 4個をボールに割り入れ、はんぺん 1枚を手でちぎってここに加えます。

    合わせ出汁 大さじ6
    みりん 大さじ1
    お酒 大さじ1/2
    白だし醤油 小さじ1
    を加えてバーミックスで滑らかに攪拌しましょう。
  2. オーブンシートを敷いた型にザルで濾しながら卵液を流し、表面に浮いた泡を丁寧にスプーンですくい取りましょう。

    170℃に予熱したオーブンでゆっくり38〜40分焼きます。
    串を刺してみて、生の卵液がついてこなければ焼き上がり。
    そのままオーブン庫内で粗熱をとっている間に、派手にふくらんだ卵も落ち着きますよ。

    しっかり冷ましてから切り分けましょう。
    包丁を上から押さえつけるのではなく、前後に動かすように切ると断面が綺麗ですよ。











引っ越しを終えたばかりの畑、まだまだ収穫までには日にちが要りそうです。
ですが新しい畑は日当たりも良好で、以前の畑より場所にも恵まれています。
何より頼もしい先生が何かと世話を焼いてくれるのがありがたい。

畑の収穫がしばらくは見込めないので、農協の朝市でしっかり食材を買い込んできましたよ。
今週の作り置き料理は、夏の名残の夏野菜を使った2品。

今年の夏はこの2品ばかり作っていた気が致します。
やわらかく煮た茄子の煮浸し、そして煮汁を内側にいっぱい満たしたピーマンの煮浸し。
今年最後であろうピーマンの煮浸しは、万願寺とうがらしも一緒に。





夏野菜と冬野菜が入り混じった朝食が今週は続きそうです。
今週は丸々太ったイワシも手に入りましたからね。
主人が大好きなイワシのお酢煮も1週間分準備しましたよ。

週末、キノコ鍋とイノシシを食べに主人と多治見まで出かけました。
帰り道、栗きんとんで有名な “すや” さんに寄って朝食用の小さなお菓子を買ってきました。
その中から今朝は焼き栗を木匙の上に。





・・・不器用な主人。
焼き栗に四苦八苦していると思えば、手が真っ黒になっただのと不貞腐れる始末。
テーブルの上に焼き栗の欠片が散乱していますよ。

挙句、 『僕、この栗要らない!栗なんてもともと好きじゃないもの、これも要らない!』
・・・子供?
こちらは笑いが止まらないのだけれど。

主人曰く、数個残った焼き栗も皆要らないのだと。
残った焼き栗は皆どぅみぃの分だと。
思い出してまた笑いが止まりません。

posted by しんさん at 14:47 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする