2018年10月23日

ハリッサを効かせた具沢山サンドウィッチ

本日のお昼は大好きなサンドウィッチ。
オニオン・チーズ・ベーコンを混ぜ込んだ小ぶりな食パンに、フィリングをたっぷりとサンドします。
賑やかな断面には毎度のことながらつい心が弾みます。

本日のサンドウィッチ、名脇役は何と言ってもハリッサ。

クスクスの必需品と主人が取り寄せたこのハリッサは文字通りの万能調味料です。

以前愛用していたのはチューブタイプのハリッサでしたが、その差は歴然。
辛いものがあまり得意でない私でも抵抗なく使える奥深い辛味にふわりと燻製香、うん、抜群。
いつかはBelazuのRose Harissaを手に入れたいと思いつつ、こちらのハリッサを溺愛中です。





ハリッサをたっぷりぬった食パンに茹で鶏、アボカド、スライスオニオン、厚切りトマト。

小ぶりな食パンを使った小さなサンドウィッチですが、このフィリングならば主人と半分こでもお腹はいっぱいです。

週にいちどは登場する具沢山サンドウィッチ。

楽しいんですよね、サンドウィッチって。
作っても食べても。






近所のマックスバリュで手に入るタカキベーカリーさんのチーズ&オニオン食パン。
小ぶりでやや厚切りなので、具沢山サンドウィッチにして主人と半分こするのにぴったりなサイズ。
安くなったところを目ざとく購入し、冷凍保存して常備致します。
  1. ややしっかり目にトーストし、粗熱がとれたら室温に戻しておいた無塩タイプの醗酵バターをたっぷりと表面にぬりましょう。
    その上にハリッサをたっぷりとぬりひろげ、大きめに切ったラップのうえに並べます。

    このハリッサ、旨味はたっぷりですが見た目ほどの辛みはないのでご安心を。

  2. 鶏ささ身の茹で鶏は昨日のうちに準備しておきました。

    お湯を多めに沸かし、日本酒とお塩を少々。
    再度煮立ったところに、予め室温に戻しておいた鶏ささ身を重ならないよう加えます。
    再び煮立ったら火を止め、ぴったりと蓋をしてそのまま冷ますだけ。
    スジも取らずそのまま茹でて、お料理する時にスジを取り除きながら粗くほぐします。

    今日は、粗くほぐした茹で鶏を “マッシュルームのオリーブオイル漬け” に合わせましょう。
    日持ちしないマッシュルームですが、オリーブオイルに漬けておけば日持ちも十二分。
    旨味たっぷりのオリーブオイルも無駄なく使えますものね。

    たっぷりパンの上に盛ったら、アボカドを並べましょう。
    アボカドの変色防止に薄切り玉ねぎをたっぷりと。
    トマトは厚切りにし、種を除いてしっかりと水気をおさえてから重ねます。

  3. 食パンでサンドし、程よく圧をかけながらラップでぴっちりと包みましょう。

    しばらくおいてパンと具がなじんだところでラップを除き、ワックスペーパーできっちりと包み直します。

    パンナイフでワックスペーパーごと2等分して出来上がり。
    ハリッサの魅力を再確認する出来栄えです。
    ・・・クスクスに合わせる前にこのハリッサ、使い切ってしまいそうな程。











具沢山サンドウィッチに嬉しい具沢山スープ。
サンドウィッチに使ったトマトの種や端っこを有効利用したスープです。






  • 小ぶりの乱切りにした大根・人参・牛蒡を圧力鍋に合わせ、お水を注いで5分加圧します。
    実はこの段階で、このスープの上部では鶏胸肉が蒸されていました。
    蒸し料理と同時進行、鶏の旨味も無駄にしない一石二鳥のスープです。

    後は粗みじんにした玉ねぎ、ざく切りトマト (種も含みます) 、マイタケ等を足して2〜3分更に加圧し、トマトピューレやお塩、極少量のオイスターソース等で味を調えて出来上がり。
    仕上げに黒胡椒を挽きます。











お弁当用にはトマトベースで仕上げた具沢山スープ。
朝食用には和風に仕上げ、正真正銘の “豚汁” として朝食メンバーの一員に。






  • 圧力鍋とは別に胡麻油で豚肉を炒め、ここに加圧した根菜+茹で汁を加えます。
    後は戻した干しシイタケを戻し汁ごと加え、里芋・油抜きした油揚げ、酒粕を加えてことこと弱火。
    火を止めてお気に入りの麹味噌を溶き入れます。






こってりとした具沢山の豚汁に心身和む季節となりました。
イワシのお酢煮が作り置き出来なかった今週の朝は少々慌ただしくもありますが、冷凍してある丸干しイワシやしめ鯖、今日は何でどんなお魚料理にしようか考えるのもまた楽しいもの。

今朝はしめ鯖、アボカド、刻み玉ねぎの鉄板な組み合わせ。
母親が持ってきてくれた甘酢漬け生姜ともよく合います。
いえいえ、母が持ってきてくれたのは甘酢漬け生姜ではなく、具沢山な菜飯ですけどね。
甘酢漬け生姜はその付け合わせ。

・・・具沢山が好きなのは遺伝なのかしら。
さ、主人が仕事部屋を使いたがっていますよ。
パソコン前を片付けてお部屋を主人に譲りましょう。

posted by しんさん at 14:28 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする