2018年10月02日

青紫蘇のパッカンおにぎり 〜 しっとり鰹のなまり節ver.

ここ数ヶ月間鎮火したと思われていた主人の食材調達魂、何がきっかけか再発火したようです。
随分出荷が遅れている胡桃をよそに、最高級品の焼きあご、みりん、クスクス、ハリサ、オリーブオイル・・・毎日クロネコさんや佐川さん、郵便局の方々が何かしら荷物を届けてくれております。

近々鰹のなまり節も届くようですよ。
そう、我が家は目下空前のなまり節ブーム。
女性の体に良いものばかりだから、主人がそう言って取り寄せたなまり節。
実際は主人が食べたかっただけなのよね、単に、絶対そう。

いたくなまり節料理を気に入っている主人の為、今朝はなまり節のおむすびを拵えてみましたよ。
胡桃と一緒に甘辛く煮たなまり節をたっぷり、そう、いわゆるパッカンおにぎりです。

パサパサしがちななまり節ですが、甘辛い煮汁が程よくなじんで程よくしっとり。
一緒に煮からめた胡桃が抜群のアクセントです。

夜のうちにさっと煮たらひと晩ゆっくり味をなじませます。
翌日は煮汁を煮詰めてからめるだけ。
とっても簡単でご飯がもりもり進むこと請け合いです。
もちろん日本酒のお供にも、ね。





簡単ですよ。
  1. なまり節は1/2ほどを使います。
    適当な大きさに切ってザルに合わせ、たっぷりの熱湯を回しかけましょう。
    1.5cm角程度の角切りにしておきます。
  2. お水 100t
    お醤油・お酒・みりん・ 各大さじ1.5
    てんさい糖 大さじ1弱
    香酢 小さじ1
    たっぷりの千切り生姜

    以上を合わせて煮立て、1のなまり節を出来るだけ重ならないよう加えましょう。
    2〜3分軽く煮て火を止め、そのまま冷まします。
    夜のうちに煮て冷まし、冷蔵庫に一晩おけば楽ちんです。

  3. 今朝はここから。

    なまり節と煮汁を分け、煮汁に蜂蜜を少量加えて煮詰めます。
    少しとろりとしたところで胡桃を加えましょう。
    胡桃は予め150℃のオーブンで10分ほど (予熱は不要です) ローストしてあります。

    胡桃が煮汁になじんだら、なまり節を加えてからめます。
    はい、出来上がり。






  • いつも通りお米を洗い、十六雑穀を混ぜて市販の浸し豆を散らします。
    お水の代わりに鶏の茹で汁をいつもの量加えてご飯を炊き、ラップで小ぶりなまん丸おにぎりを作りましょう。

    形が落ち着いたところで、ニンニク醤油に漬け込んだ青紫蘇を軽く絞って上に被せます。
    青紫蘇を綺麗にひろげて再度きゅっと握り、形がおちつくまでしばらくおきましょう。

    ラップを除き、よく切れる包丁で中心にパッカンと切れ目を入れます。

    なまり節と胡桃をたっぷりと詰め、白胡麻をひねって出来上がり。











主人のおむすびさんはちょっと大きめ、なまり節もたっぷり詰め込みます。

全体に地味な色合いなので、人参のお菜を彩りに。
時短人参グラッセ、バターや油を使わないあっさりver.です。





  1. 面取りした人参を軽く電子レンジ加熱しておきましょう。
    お鍋に移してお水をひたひたに注ぎ、お塩をほんのひとつまみ。
    落し蓋をして10分弱ことこと煮ます。
  2. 人参が十分やわらかくなったらお湯を捨て、レモン汁、少量の蜂蜜、お塩、ドライフルーツ (黒イチジクとレーズンを使いました) を加えます。
    焦がさないようお鍋を揺り動かしながら水気が飛んで艶々になるまで。
    常備菜にもぴったり。











今まで、食材調達と言えばクリックショッピングが専門だった主人。
今回は更にグレードアップしたようで、仕事の帰りにあちこち寄っては果物を手に帰宅します。

立派なピオーネを買ってきてくれたと思えば、赤ちゃんの頭ほどもある巨大な梨を誇らし気に買ってきたりもします。
我が家の朝食が更に賑やかになりました。

面取り人参の切れ端は、胡麻油で炒めてお味噌汁の一員に。





今、冷蔵庫の中では焼きあごで美味しい出汁を抽出中です。
今宵はあごだしのおうどん・・・いえ、蒟蒻麺です。
減り過ぎたと思っていた主人の体重が偽装だったと判明した今、我が家の夕食は蒟蒻麺に逆戻り。
せめて平均体重まではこぎ着けないと、ね。

そろそろ主人の帰宅時間です。
仕事部屋を空けて、ベランダに干してあるシーツのお片付けに取り掛かりましょう。

posted by しんさん at 13:24 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

ハタケシメジの炊き込みご飯

秋になると炊き込みご飯が食べたくなります。
今年はまだ新米にこそ有り付いておりませんが、新米を想いながら古米で炊く炊き込みご飯も今の季節ならでは。
今朝はハタケシメジを炊き込んでみましたよ。

ハタケシメジとも丹波シメジとも呼ばれる大ぶりなシメジ。
スーパーでおなじみのシメジより軸部分が少々立派で、食感もしっかりとしています。
何より、お鍋の蓋を開けた時のその香りが抜群に良いのです。

ご飯、ハタケシメジの香りに加え、ふわっと鼻腔をくすぐるのは鶏肉の香り。
そう、いつものように鶏の茹で汁で炊いた炊き込みご飯です。
しかも近頃登場頻度急上昇中の紅茶鶏の茹で汁で、ね。

そもそもはインド土産に頂いた紅茶のティーパックを使い切る為の紅茶鶏。
紅茶で鶏肉を煮たから劇的にどうなるという訳でもないのですが、何だか美味しい気がするのです。

鶏肉は入っていないけれど、どこか鶏の存在漂うハタケシメジの炊き込みご飯。
身近なハタケシメジで秋の気分を楽しみます。





  1. 紅茶鶏はとっても簡単。
    頻繁に拵える鶏ささ身の茹で鶏、これを胸肉にして紅茶で茹でるだけ。
    この日の日記、中盤辺りに残してあります ⇒ 2018年09月12日

    この漬け汁ではなく、胸肉の茹で汁でご飯を炊いたりお粥を炊いたり・・・美味しいのです。

  2. お米をいつも通りに洗って十六雑穀を加え、鶏の茹で汁をいつもの水加減の量注ぎます。
    湯通しして短冊に切った油揚げ、ほぐしたハタケシメジを上に散らしましょう。

    ちらちら見える赤いものは人参ではなくトマト。
    ヘタ周辺の切れ端を刻んで加えました。
    本当は胡桃も足したかったのですが、残念な在庫切れ。

    いつも通り蓋をちょっとずらして強火にかけます。
    全体がしっかり煮立ったところでぴったりと蓋をし直し、弱火で10分間。
    火を止める直前に再度強火にして数秒数え、そのまましばらく蒸らします。

    蓋を開けた時のこの香りったら。
    ざっと全体をほぐしてお茶碗に盛り、刻みネギを・・・と思いましたが止めました。
    シメジの香りにネギは不要ですものね。
    思いとどまった中途半端なネギはそんな理由です。

    でもひねり胡麻は許してほしいな。










朝・夕は随分と肌寒くなった昨今、今頃になって畑のピーマンが豊作です。
まるでパプリカのような肉厚なピーマンがゴロゴロ実をつけています。

そんな自家製ピーマンを使って、近頃お気に入りのメニューが丸ごとピーマンの煮物。
ヘタだけを除いたピーマンを種もろとも圧力鍋でくったりと煮て、冷蔵庫で味をなじませます。
数日味をなじませたピーマン、頬張る度うっとりする美味しさです。

今週はオクラと一緒に浸してみました。
ツルムラサキのお浸し、空芯菜の豚バラ炒め、週末にまとめて用意した今週分の作り置き料理たち。






  • ピーマンのヘタだけを丁寧に取り除き、全体を爪楊枝等で突きます。
    合わせ出汁・お酒・お醤油を薄味寄りに合わせ、ピーマンを加えて1分加圧しましょう。
    煮汁ごと保存容器に移し、蒸したオクラも一緒に漬けこみます。
    僅かばかり赤色の存在感を残した赤オクラ、何だか有難い。

    食べる時はひと口で。
    お口の中で弾けるピーマンの中に入り込んだ煮汁、これが楽しくもあるのです。





週末、お猪口片手に頑張って仕込んだ作り置き料理たち。
おかげで今朝は楽々お弁当。











1日の月曜日、そしてNHK朝ドラの初回、台風一過の青空、気持ちの良い朝です。
丸々太って脂ののったイワシ、お酢煮の出来も上々です。

さ、月曜日。
今週も平日はお酒を控えて週末に備えましょう。





・・・って、いつもつい飲んじゃうのだけどね。

posted by しんさん at 14:27 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする