2018年09月05日

イチジクとリンゴのサンドウィッチ 〜 ライ麦食パンver.

近頃我が家では、果物が日々欠かせない食材のひとつになっております。

通い慣れた道でありながら、主人も私もその存在にようやく最近になって気付いた近所の葡萄農園。
今シーズンは本当にこちらの葡萄を沢山いただきました。
仕事帰りにナガノパープルとシャインマスカットを買ってくる、そう言って今朝も主人は出勤しました。

もう少ししたら彼は長野の洋梨、オーロラを取り寄せることでしょう。
その後は同じく長野の名月、りんごを取り寄せてタルトタタンを焼く (私が) のが秋の恒例行事。

そして目下のところ主人が密かな楽しみにしている果物がイチジク。
今朝はそのイチジクを使ってサンドウィッチを拵えてみましたよ。

ちょっと小ぶりなライ麦食パンにカラメリゼしたイチジクとリンゴ。
アーモンドと胡桃もカラメリゼして散らし、頼りない食感のイチヂクとリンゴにカリッとしたアクセント。
シナモンの奥から、バターに混ぜた乾燥ラベンダーがほのかに香って色を添えております。

名脇役はそっと忍ばせた自家製の塩レモン。
甘いフィリングに塩レモンの塩気、そしてレモンの風味、うんうん、思惑通りの仕上がりです。

今日のような忙しい朝は、ちょちょいのちょいっとサンドウィッチがいちばんです。

そう、昨日の台風のせいで今日は大変です。
主人が葡萄を手に帰宅するまでに台風の後片付けをしないとね。
リビングに避難させた物干しざおを元に戻して・・・いえいえ、その前に倒しておいた物干し台を元通りにしなきゃ・・・せっかくだからこの際大掃除を前倒しで・・・

今日は色々と忙しくなりそうです。





  1. ライ麦食パンは軽くトーストして冷ましておきます。

    無塩タイプの醗酵バターを室温に戻しておき、蜂蜜・ほんのひとつまみの乾燥ラベンダーを加えてクリーム状に練り混ぜ、ライ麦食パンの表面に満遍なくぬりましょう。

  2. フライパンの上全体にうっすらとてんさい糖を散らします。
    くし形に切ったイチヂクとリンゴをこの上に並べ、中〜弱火でてんさい糖を煮溶かしましょう。

    りんごは塩で揉み洗いしてから皮ごと薄めのくし形に。
    やわらかなイチジク、食感のしっかりしたリンゴ、同じように火が通るよう厚みを変えます。

    てんさい糖が溶けて沸々と泡だってきたら、焦がし過ぎないよう気をつけて。
    程よく色付いてきたところで、少量のてんさい糖をさっと全体にふります。
    全体を大きくざっと混ぜながら裏返し、様子を見ながらもう少し加熱します。

    最後に刻んだアーモンドと胡桃、刻んだ自家製塩レモン(☆彡) を散らしてからめましょう。
    アーモンドと胡桃は、予め合わせて150℃のオーブンで10分間ローストしてから刻みます。
    フライパンで乾煎りするより、低めのオーブンを使った方が美味しくなる気がします。

    シナモンパウダーをたっぷり散らし、ざっとひと混ぜして冷ましておきましょう。

  3. 2が冷めたら、用意したライ麦食パンの上にお行儀良く並べます。

    ラップでぴったりと包み、適度な重石をしてしばらくおきましょう。

    パンとフィリングがなじんだところで、ラップごとパンナイフで切り分けます。
    主人の分はラップごとワックスペーパーで包んで切り分けます。

    カラメリゼしたイチヂクとリンゴのライ麦パンサンド。
    ナッツと塩レモン、そしてほんのりラベンダーが名脇役です。










昨晩の夜使ったトマト缶が少量余っておりましたので、お弁当のお菜でこれをお片付け。
根菜がたっぷり入ったカポナータ風のサラダ、鯖缶が良い味を出しています。






  1. みじん切りにしたニンニク・鷹の爪・玉ねぎ・アンチョビをフライパンに合わせ、オリーブオイルでゆっくりと炒め合わせます。
    良い香りがしてきたら、半月に切った人参・蓮根を加えて炒め合わせましょう。

    油がなじんだところで、ほぐしたマイタケ・蒸し大豆 (市販品です) も加えます。
    ぴったりと蓋をし、しばらく蒸し焼きにしましょう。
  2. 全体にほぼ火が通ったところで、トマト缶・少量の赤ワインビネガーを加えます。
    今しばらく蓋をして蒸し焼きにし、全体がなじんだところで鯖缶の身を加えます。
    お塩・オイスターソースで味を調えて出来上がり。

    多めに拵えておいたので、今夜はこれで蒟蒻パスタと致しましょう。










今朝の主食は冷たいお蕎麦。
あと何度くらい冷たいお蕎麦が登場するのでしょうか。
そろそろ新蕎麦が気になる時分ですものね。

今年はゴーヤの出来が今一歩でした。
いつもはお料理が追い付かないくらい実家の緑のカーテンにゴーヤがぶら下がるのですが、今年は1個、いや2個もらったかな?程度で終わってしまいました。





  • それでも先日足を運んだ農協朝市で、立派なゴーヤをひとつ調達して参りました。
    ここはひとつ大好きなゴーヤの氷砂糖漬け (☆彡)
    実家の母親が作っていたレシピで、母はイカの燻製を使っておりました。
    私は干しエノキを使ったり、スルメを使ったり、どちらもない今回は昆布仕立てで。

    昆布ってしみじみ名脇役だと思える仕上がりです。





主人が帰宅しました。
ビジネスバッグより何より、大きな大きなナガノパープルとシャインマスカットが入った袋を大事そうに抱えて。

ベランダの掃除をしたら、今日のおやつはシャインマスカットと参りましょう。
台風のおかげの大掃除、窓もピカピカです。
お昼も過ぎて今やっと台風一過の青空がひろがり始めましたよ。

posted by しんさん at 13:53 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする