2017年05月09日

ブルーチーズとフルーツジャムの全粒粉クレープ

ゴールデンウイーク前、ジュニパーベリーを使い切ろうと思い立って拵えたフォカッチャ (☆彡)
その際、使いかけで冷蔵庫に片付けたブルーチーズのこと、今日まですっかり忘れておりました。

恐る恐るラップをめくって中身をみたら・・・あら、素敵、問題なし。
ですが早々に使い切った方が良いに決まっておりますものね、早速お弁当に使いましょう。
ブルーチーズとフルーツジャムのクレープなんていかがでしょうか。

ジャムとは申しましても、自家製のゆるいゆるいソースと言った方が良いくらいのジャムです。
甘さも相当控えめです。
が、やっぱりブルーチーズとフルーツジャムの組み合わせ・・・好きだなぁ。





ジャムは2種類。
“リサとガスパール” のワックスペーパーで包んだ方は、ブルーチーズとブルーベリージャム。
ほんのりとラベンダーを効かせた手作りのブルーベリージャム (☆彡) です。

もう一方の “ムーミン” 柄のワックスペーパーで包んだのは、ブルーチーズ+フェンネル風味のパイナップルジャムです。

全粒粉タイプの強力粉を使ったもっちりとしたクレープ生地は、少々厚めで素朴な味わい。
1枚のクレープ生地を半分に切って巻いてあるので、主人の体重にも響かないハズ。

溶かした醗酵バターを生地に混ぜ込むのが常ですが、今朝はココナッツオイルを使ってみました。
お土産で頂いたココナッツオイル、これもそろそろこれも使い切った方が良さそうですので。
バター使用のクレープ生地とは少々異なる食べ心地ではありますが、これはこれで、うん、美味しい。

甘さをぐっと抑えたフルーツジャムですので、ブルーチーズの存在感も健在です。





以下の分量でクレープ3.5枚分といったところ。
残ったクレープ生地はラップでぴったり包んで冷凍し、後日手抜きしたい時に活用致しましょう。
  1. 全粒粉タイプの強力粉 100g
    お塩 ひとつまみ
    をボールに合わせ、泡だて器でムラなく混ぜておきます。
    ここに全卵 1個を加え、泡だて器ですり混ぜましょう。

    牛乳 200tのうち、先ずは1/3量程度を加え、泡だて器で混ぜ合わせます。

  2. 全体がなじんだところで、残りの牛乳を少しずつ加えながら滑らかに混ぜ合わせましょう。

    最後にココナッツオイル 大さじ1 (溶けて透明になった状態で) を加えて混ぜ、ラップをして室温で30分以上おきます。

  3. キッチンペーパーを使って油をフライパンに丁寧にすり込みます。
    温めたフライパンに生地を薄くひろげ、片面に綺麗な焼き色がついたら裏返して両面焼きます。
    生地が分離しやすいので、フライパンに流すその都度しっかり底から混ぜて焼きます。

    薄力粉を使ったクレープより厚めですので、裏返す時は慎重に。
    生地の重さでうっかりすると破れてしまうこともありますので。
    焼き上がったものは乾燥しないようラップをかけておきましょう。

  4. 生地が冷めたら包丁で2等分し、フィリングを中央に乗せて包みます。

    ジャムが流れ出てこないよう先ずは底辺を折り込み、端から巻き終わりが下にくるように巻いていきます。

    倒れないようカップに立てれば、持ち運びも楽ちんです。
    そして何より、ブルーチーズのお片付けもこれで完了、一件落着。











時間はかかりますが、放ったらかしで出来てしまう “茹で鶏” が大好きです。
以前はささ身で拵えることが多かった茹で鶏ですが、実は主人がいちばん好きな部位は胸肉。
鶏胸肉が大好きな主人にとって、鶏ささ身の茹で鶏ばかりではちょっとお気の毒。

圧力鍋で蒸すことが多かった鶏胸肉でも茹で鶏が上手に出来るよう、目下試行錯誤の真っ最中。
今朝の手順で拵えた胸肉は出来も上々、きっと主人も気に入ってくれる筈。
しっとり茹で鶏をたっぷり使ったサラダをお弁当のお菜と致しましょう。

これからの季節、しっとり茹で鶏の棒棒鶏なんて良いのではないかしら。
主人の喜ぶ顔が目に浮かびます。





こちらのレシピを頂戴致しました ⇒

  1. 先ずは胸肉を室温に戻し、脂肪部分を出来るだけ丁寧に取り除きます。
    皮はついたまま。
    私のように実は苦手という場合、お料理の際こっそり主人のお皿に忍ばせてしまいましょう。
  2. ぴったり蓋の出来るお鍋に、お水 600t・たっぷりの千切り生姜を合わせて煮立たせます。
    ここにお酒 大さじ3・お塩 ほんのひとつまみを加え、再度煮立ったところにお水 200tを注ぎます。
    すぐに胸肉を重ならないように並べ、軽く沸々としてきたところですぐ火を止め蓋をします。

    そのまま蓋を取らずに30分以上放置すれば出来上がり。
  3. しっかり冷めたところでそぎ切りにし、甘夏・ひよこ豆・トマト・フェンネルと合わせます。

    オリーブオイル、スパイスソルト、黒胡椒、極少量のラベンダーを加えて和えれば出来上がり。
    残った茹で鶏は茹で汁に浸けた状態で冷蔵庫へ。
    主人、今夜は棒棒鶏ですよ。






クレープはプラスチックカップごとラッピングバックに入れて、ゆるゆるジャムでも漏れる心配なし。
ブルーチーズとブルーベリーの組み合わせは特にお気に入りです。











茹で鶏が最近お気に入りなのは、その茹で汁の幅広い用途も理由のひとつ。
鶏粥はもちろん、麺類のおつゆとしても大活躍してくれます。
本日の朝食・・・さて、茹で鶏の茹で汁はこの中のいずこに?

はい、朝食の要、主食に有効利用致しました。
昨日拵えたフェンネルのかき揚げ (☆彡) 、今朝はこれをリメイクした天茶、天ぷら茶漬けです。
お茶の代わりに茹で鶏の茹で汁をたっぷり回しかけます。





  • かき揚げはオーブントースターでカリッと温め、炊き立てのご飯の上に。
    茹で鶏の茹で汁を濾して煮立たせ、白だし醤油をほんの数滴。
    たっぷり回しかけて熱々を召し上がれ。






食べ物の画像の後で本当に申し訳ないのですが、あくまでもその時の感情も含め素直に備忘録致しておりますので・・・どうぞここからはお読みにならず。





連休中、肘に大きな出来物が出来てしまいました。
傷みもありましたので、連休の狭間の土曜日を狙って大混雑の皮膚科に行って参りました。

以前は神経質そうな女医さんの営む皮膚科に通っていたのですが、あまりの・・・えっと、文字通り腫れ物に触るようなその対応、の割には写真を撮ったりするだけで高額医療をご推薦、という訳でご年配の男性医師の元へとセカンドオピニオンを賜りに参りました。

ここがまた妙にしっくり肌に合って以来お世話になっている訳ですが、肘を見せるなり 『おぉおぉ、これは痛かったね、可愛そうに』 とすぐ処置をして下さり今に至っております。
当日はそれこそ不安な傷口でありましたが、日に日に回復し、昨日はカサブタが・・・

え?カサブタ!
カサブタなんて何年、いえ、何十年ぶり?
はい、久しぶりに見たカサブタに感動して文末の出来物話でありました。
昔はよく肘にカサブタ作っておりましたのにね。
さ、明日も美味しい食事で夫婦円満と参りましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 13:57 | Comment(4) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする