2017年05月05日

力技、サザエの肝ペースト 〜 そして更なる力技

ゴールデンウイーク前半に行って参りました紀伊長島。
美鈴さんでの一泊旅行を終えた今、ゴールデンウイーク後半は自宅でゴロゴロ過ごしております。

高速道路の渋滞情報を眺めながら、お昼から頂くお酒は何を飲んでも楽しいものです。
紀伊長島旅行で調達して参りました食材も、今や残り僅か。
力技で拵えた “サザエの肝ペースト” の備忘録など致しておきましょう。

“サザエの肝ペースト” のプンパニッケルサンドウィッチです。

紀伊長島の地元スーパーで調達致しました立派なサザエ。
当日はもちろんつぼ焼きにして日本酒、ほろ苦い肝が日本酒の肴にぴったりでした。
翌日は炊き込みご飯、肝は使わずサザエの旨味を堪能致しました。

そして残された肝、独特な風味に敬遠する方も多くいらっしゃると思います。
サザエの時期にも左右されるのでしょうが、これが意外な美味しさです。
何より、作った本人が驚いているのですから。
本来 “肝好き” の主人は言うまでもなく、肝に対する愛情が並な私でも、まぁ美味しく食べられます。

・・・もちろん、サザエの肝が難なく手に入る環境ならば、ってお話しですけどね。





ちょっと面白い肝対策ですので備忘録、と。
  1. サザエは予め下茹でしてあります ☆彡
    肝の部分を主に使いますが、肝の集結は相当グロい画像ですので遠慮しておきます。

    多めのオリーブオイル・多めのニンニク・乾燥唐辛子 (種も一緒に)・ローズマリーの葉先・ホールの黒胡椒
    以上をお鍋に合わせ入れ、弱火でじっくり加熱して香りをオリーブオイルに移しましょう。
  2. マッシュルーム、サザエの肝を加えます。
    同時に、ウィスキー・トマトピュレ・海塩・マンダリンオレンジのドライフルーツも加えましょう。
    少し煮詰めて火を止めます。

  3. 煮汁ごとフードプロセッサーに移し、質の良いオリーブオイルを少し足してピュレ状に。

    拒否反応は相当な確率かと存じます。

    が、もし、本当にもし、この時期のサザエの肝のお片付けに困った時、そして何より本来、肝がどうしても食べられないという方でなければ、案外お口に合う・・・かもしれませんよ。






  • プンパニッケルを軽くトーストします。
    トーストすると、崩れやすいプンパニッケルが若干扱いやすくなる気がしますので。

    片面に粒マスタードをたっぷりと塗り、スライスしたトマトを並べます。
    もう片面にはサザエの肝ペーストをたっぷり。

    プンパニッケルを重ねてぴったりとラップで包み、軽めの重石をしてなじませます。
    パンと具が落ち着いたところでラップごと切り分けて出来上がり。

    力技料理は相当こなしてきたつもりですが、これは過去最高の冒険だったかも。










紀伊長島柑橘系のフルーツでも有名なところ。
調達して参りました甘夏みかんを使って、お弁当のお菜にささっとサラダを拵えましょう。






  1. アボカドは包丁を入れてから未完熟であることが判明。
    急きょオーブントースターで皮ごと焼き、果肉が少しやわらかくなったところで皮をむいて切り分けます。
  2. 薄皮をむいた甘夏、ざく切りトマト、アボカド、パンプキンシードミックス、スパイスソルト、オリーブオイルを合わせて和え、仕上げにすりおろしたペコリーノローマーノをたっぷりと。
    はい、出来上がり。






そうそう、トマトも地元スーパーで買い求めたものだっけ。
美味しいトマトでした。

豆乳が余っていたので、にがりを加えて即席手作り豆腐を添えてみました。
主人はこれをプリンだと思ったらしく、最後の最後に食べたとか。
プリンだと思って食べた最初のひと口、ちょっと想像して笑ってしまいますわ。










道の駅で見つけた出汁パック 2種、早速お味噌汁に使っております。
昨日使った際は、ちょっとあれれ? な感想でしたので、今朝は煮干しの力を少し借りてみました。
これが大正解の仕上がりで、主人にべた褒めされて気分も上々。

主人は最近お出汁に興味深々。
あなたがまとめ買いした在庫豊富な出汁用鰹節。
これがもう少しお片付け出来るまで、他のお出汁のお取り寄せは禁止ですよ。





  • 炊き粥でサザエもおしまい。







何にもしない、と決めたゴールデンウイーク後半もそろそろ終盤です。
イワシが手に入らず、主人念願のフェンネルとイワシのパスタは先延ばしとなってしまいましたが、さて、今日は何を飲みましょうか。
ゴールデンウイーク明けには必ず禁酒生活をすると心に決めて、もう少しグダグダ過ごしましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link