2017年05月31日

トマトとマッシュルームの大雑把なパイ

少し青みがかっていたトマトを1日お日様の光に晒したら真っ赤に色付きました。
本日はそんなトマトをたっぷり使って、大胆なこんなパイを焼いてみましたよ。

たっぷりのトマト、たっぷりのマッシュルーム、その下にはたっぷりのアボカドが潜んでおります。

オーブンの天板いっぱいに焼いて切り分けるだけの大胆なパイ。
具沢山ですのでパイがサクサクっとはいきませんでしたが、それは今後の課題として。
美容院の予約時間が迫っておりますので、時間までの簡単備忘録。





  1. めん棒で伸ばしてからピケした冷凍パイシートに、アボカドソースをぬりひろげます。

    アボカド+レモン汁
    ざっくり刻んだクルミ
    アンチョビ+そのオリーブオイル
    ガーリックソルト+レモングラスソルト
    以上を混ぜ合わせてたっぷりと。

  2. トマトは輪切りにし、キッチンペーパーでしっかり水気を除きます。
    マッシュルームは薄切りにし、レモン汁とおろしたペコリーノローマーノをまぶしましょう。
    冷凍パイシートの上にたっぷり並べ、200℃に予熱したオーブンへ。

  3. 途中様子をみて温度を180℃に下げ、合計25分ほど焼けば出来上がり。

    冷めてからパイカッターで切り分けます。











お弁当のお菜はキュウリをくるりと巻いて。






  • 気になるキュウリの水分は、一緒に巻いたおぼろ昆布で問題解決。
    水菜はさっと茹でて醤油しぼり。
    人参は常備菜にしております、スルメと人参を漬け込んだイカ人参。






常備菜を有効利用する最近のお弁当、楽ちんです。











パイに使ったトマト、その端っこを朝食でも有効利用。
トマトの端っこと実が入り過ぎた畑のサヤエンドウを使った彩り鮮やかな炊き粥を主食に。






  • お粥が炊き上がったら、トマトの端っこはざく切りに、パツパツに育ってしまったサヤエンドウは中の実だけをお粥の上に散らします。
    蓋をしてしばらく蒸らせば出来上がり。
    自家製山椒の醤油漬けを散らして召し上がれ。







・・・という訳で、時間となりました。
お天気もなんとか持ちそう。
さ、バス停に向かいます。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 11:34 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする