2017年05月25日

不調続きの備忘録 〜 デストルーパー クッキースプレッドのブラウニー編

今週はどこかキレのない中途半端な出来のお料理が続いております。

こんな週は兎にも角にも頑張らないこと。
デンと構え、また自己満足なお料理を楽しめるよう肩肘張らずにスランプを楽しみましょうよ。
簡単な失敗しようのないお料理を楽しみながら・・・ね。

・・・なのに不作。
失敗のしようのないブラウニーで、世界いち不味いブラウニーを作ってしまった!

大好きなジュールスデストルーパー スペキュロス クッキースプレッドを使ったブラウニーです。
ナッツもドライフィグもたっぷり生地に混ぜ込んだ贅沢なブラウニーです。
なのに不味い。

食感もよろしくありませんが、とにかく甘み不足。
よくよく噛みしめているとその甘みが伝わってきますが、そんなことブラウニーに求めません。
食べてすぐその食感と甘みに酔いしれるのがブラウニー、これは完全なる粗悪品。

それでも主人は不味いとは言いませんでした。
『今の僕にはこれくらいの甘さがいちばんだよ、どぅみぃ (私のことです) は僕を思ってくれたんだね』
と甘いメッセージをくれました。

・・・そんな彼の為、明日こそ失敗のしようのない何かを拵えよう、うん、そうしましょう。





これだけ不味い不味いと申しておきながら備忘録をするその神経に少し誇らしさすら感じます。
ハチミツとかを足したら、また違う焼き上がりになるかしらとの期待を込めて。
往生際のとことん悪い備忘録。

型は野田琺瑯のレクタングル容器、浅型のSサイズを使っております。
  1. これが大好きなジュールスデストルーパー スペキュロス クッキースプレッド。
    考えようによっては、これだけ甘みが足りないということはこのスプレッドの糖分が過剰ではない、良心的な製品だということにはならないかしら。

    卵 2個と共に室温に戻しておきます。

    カシューナッツ・アーモンド・胡桃はそれぞれ20gずつ。
    乾煎りして冷まし、ざっくりと刻んだドライフィグ 60g弱と合わせておきます。

  2. ジュールスデストルーパー スペキュロス クッキースプレッド 100g
    牛乳 大さじ1
    をボールに合わせ、ぬるめの湯せんにかけながら泡だて器で滑らかに混ぜ合わせます。

    ここに卵をひとつずつ割り入れ、泡だて器で滑らかに混ぜ合わせましょう。

    更に1のナッツ類を加えてスパチュラで混ぜ込みます。
    最後に薄力粉 30gとお塩 ひとつまみを合わせてふるい入れ、さっくりと混ぜ込みましょう。

  3. 予め容器にオーブンシートを敷いておき、生地を流し入れます。
    底を数回打ちつけて空気抜きをし、パンプキンシードミックスをたっぷりと散らしましょう。

    180℃のオーブンで20〜25分焼きます。

    焼き上がったらそのまま冷まし、更に冷蔵庫で少し冷やしてから切り分けます。

    ・・・そうね。
    冷凍した分を食べる時は、甘いアイスクリームや生クリームを添えてみようかしら。











野菜はとにかくもりもりと食べたい性分です。
主人に言われて渋々お肉を手にするくらい野菜好き。
在庫の野菜を手当たり次第に詰めた大胆なサラダを本日のお菜と致しましょう。






  1. いちばん下はアボカドゾーン。
    みじん切りにした新玉ねぎとアボカド、そしてズッキーニの自家製ピクルス (☆彡) を刻んで加え、黒胡椒を挽いて和えます。
  2. その上にざく切りトマトを散らし、フェンネルゾーンと参りましょう。
    繊維を断ち切るように薄切りにしたフェンネルの鱗茎部分、オイルサーディン、ほんの少しのお塩を合わせて和えます。
  3. 最後は葉野菜をふんわりと。
    サニーレタスをちぎり、自家製のフェンネルペースト (☆彡) と黒胡椒で和えます。

    季節の野菜をたっぷり食べる、ストレスのない食生活がいちばんです。





主人のお誕生日に不本意なブラウニーを焼いてしまった。
まぁそれはそれで仕方がない。
夜は主人のリクエスト通り、ローストポークと致しましょう。
きっとワインも既に選択済みでしょうからね。











今朝のしめ鯖は、アボカド+フェンネルペーストで和えたスライスフェンネル。
主食はマイタケの炊き込みご飯です。
マイタケを炊き込んでご飯のカサを減らすのが目的。

今朝もジェールスデストルーパーのフロレンティンを木匙の上に。
朝のささやかなおやつです。





さ、今日は主人の誕生日。
きっと想像すらしていないでしょうけれど、主人に内緒でプレゼントを用意してあります。
ワインを飲みながらローストポークを楽しみながら、主人に喜んでもらいましょう。
気に入ってもらう自信がありますもの、私からの誕生日プレセント。

先程、主人宛にダイナースさんからプレゼントが届きました。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 15:41 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする