2017年04月11日

おからと酒粕入り、全粒粉ベーグルのベーグルサンド

不可欠な食材と言えば多々ありますが、我が家の場合 “しめ鯖” と並んで “酒粕” ではないかしら。

しめ鯖については、冷凍の在庫がなくなると、主人が大慌てで業務用をまとめて取り寄せます。
それ程彼にとっては必須な食材のようです・・・しめ鯖がね。

酒粕については派手に登場することはあまり多くはありません。
が、毎朝のお味噌汁に使いますからこれまた必須。
そんな酒粕を先日たくさん頂きましたので、今朝はベーグル生地に練り込んでみました。

酒粕効果か、もっちり肌理の詰まったほんのり甘いベーグルに仕上がりました。

全粒粉強力粉、ノーマル強力粉、そして “おから” を同量ずつ配合したもっちりむっちりベーグル。
おからは “おからパウダー” 等でなく、極々普通のおからを使用致しております。





サワークリームにやさしい食感の春キャベツを合わせ、彩り穏やかなベーグルサンドに仕上げました。
春キャベツ、大好きなんです。

お行儀よく整列したベーグルサンド。
本日のお弁当の主食でございます。

ベーグル生地はフードプロセッサー任せですので本当に簡単です。
ちょっと小ぶりな可愛らしいベーグル、以下の分量でふたつ分。

全粒粉、おから、酒粕に加え、少量ではありますがオートミールも混ぜ込んであります。
ちょっと体に良さそうなお料理って、作っていても楽しいものです。





  1. 全粒粉タイプの強力粉・ノーマルな強力粉・おから 各50g
    オートミール 10g
    てんさい糖 10g
    インスタントドライイースト 小さじ1/2

    以上をビニール袋に合わせ、口をしっかり持って丁寧に振り混ぜます。
    フードプロセッサーに移し、酒粕 40gをちぎって散らしましょう。
    高速で回転させ、全体がサラサラの状態になるようなじませます。

    湯冷ましを先ずは50t弱加え、同じく高速で回転させて粉類になじませましょう。

  2. 全体がミンチ程度のそぼろ状になったら、お塩をひとつまみ加えてなじませます。
    様子を見ながら湯冷ましを少量ずつ追加しましょう。

    酒粕やおからの状態によっても差があるでしょうが、今回は湯冷まし 小さじ1.5程を追加。
    速度をやや落とし、生地がひとつにまとまるまで回転させます。

    フードプロセッサーから出して軽く捏ね、包丁で2等分します。
    断面を包み込むようにそれぞれ丸め、お水で湿らせたキッチンペーパーとラップを被せ、室温で10分程生地を休ませましょう。

  3. 生地を打ち粉の上に移し、手のひらで押して平らにします。
    これを手前からきつめに巻き、両手の平で転がしながら細長く伸ばしましょう。

    片方の端を手の平で押さえて平らにし、軽く生地をねじりながらドーナツ状にします。
    平らな方の端でもう片方を包み込み、解けないようしっかり摘まんで綴じましょう。
    先程と同じくお水で湿らせたキッチンペーパー+ラップを被せ、室温で30〜40分発酵タイム。

  4. 醗酵タイムが残り10分程になったら、オーブンを220℃に予熱スタート。
    そしてベーグルがふたつ並んで入る大きさのお鍋に、ケトリング用のお湯を沸かし始めます。
    お湯が沸騰したら、1ℓに対し40g程度のお砂糖を煮溶かしましょう。

    ぐらぐら煮立たせない程度に火を弱め、片面30秒ずつ生地を同時に茹でます。
    さっと水気を切り、即座に予熱したオーブンへ。
    設定温度を210℃にし、焼くこと15分。

    手で触れられる程度に冷めたら、表面に薄くオリーブオイルを塗っておきます。

  5. フィリングを準備して仕上げます。

    サワークリームは室温に戻しておきます。
    春キャベツは千切りにし、極少量のお塩をふってしんなりするまでしばらくおきます。

    アボカドにレモン汁をまぶし、ここにサワークリームを加えて和えます。
    キャベツの水気をしっかり絞って加えましょう。
    スパイスソルトと黒胡椒をたっぷり挽いて加え、丁寧に和えます。

    半分に切ったベーグルにたっぷりと盛り、トリュフ塩をちろりとふってサンドしましょう。

    アボカドと春キャベツ、グリーンの野菜のベーグルサンド。
    ちょっと心が和みます。











そうそう、我が家では “しめ鯖” 、 “酒粕” に並んで “おから” も必需j品。
100gずつに小分けし、冷凍保存して常備しております。
使う時は冷蔵庫に移し、自然解凍してから様々なお料理に使います。

ベーグル生地に50g使ったおから、半量余ってしまいました。
フードプロセッサーも出したことですし、冷蔵庫には鶏胸肉。
簡略版ナゲットなんていかがでしょうか。

マイタケやワカメをたっぷり混ぜ込んだ揚げないヘルシーナゲット。
オーブンを使うので洗い物も少なくて楽々です。





  1. 鶏胸肉は皮を除き、適当に切ってフードプロセッサーへ。
    おからと少量の片栗粉、生姜も加え、ざっと攪拌します。

    様子を見ながら少しずつ溶き卵も加え、胡麻油・オイスターソース、お塩等で味付けを。
    同時に生ワカメ、マイタケ、酒粕も加えて攪拌します。
  2. 2本のスプーンをお水で軽く湿らせながら、肉種をすくって丸め、オーブンシートの上に並べていき、粉チーズを軽くふります。

    200℃のオーブンで25分強焼けば出来上がり。
    もうちょっと焼き色をつけても良かったかしら。






今日はお弁当箱を使わないお気楽ランチをお楽しみあれ。
10年後20年後、こんなお弁当持って、ふらりふたりお散歩出来るような生活していたら楽しいのに。

ね、主人。










そして申し上げております傍から “しめ鯖” 登場。
今朝は主人お気に入りのしめ鯖料理、若生昆布、アボカド、しめ鯖の組み合わせです。

新生姜が先日最終見切り価格になっておりましたので、まとめて購入して参りました。
たっぷり新生姜の甘酢漬けを仕込んでありますので、今日はこれもたっぷり一緒に巻いてみました。
胡麻油を極少量たらし、今朝は胡桃だれで頂きます。






  • ベーグル生地やナゲット生地をフードプロセッサーで攪拌する前に、フードプロセッサーでたっぷりと大根をおろしておきました。
    今朝の主食は、大根おろしたっぷりのおろし蕎麦です。

    ナゲット生地で残った少量の溶き卵は、お味噌汁の一員に。
    春キャベツと新ワカメの白味噌仕立てのお味噌汁、ふわりと溶き卵でまとめます。





無駄なくきっちり食材を使った後は、なんとも清々しい気持ちになるものです。
今日は朝から雨。
昨日畑に植えたバジルとクレソン、この雨でしっかり根付いてくれると嬉しいのだけど。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 14:00 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りベーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする