2018年01月23日

鯖缶トマトソースのマフィンサンド

雪による野菜の高騰が深刻になっているようです。

我が家の野菜室もなかなか深刻な状況ですが、それは単に今週は食材調達を控えると決めたからだけのことであって、ニュースを見ては申し訳ない程にのんびり構えております。
野菜室の中には、先日キムチを漬け込んだ残りの白菜が半分、そして日持ちするアボカド。
潔い程すっきりと致しております。

そんなシンプルな在庫食材をかき集め、本日のお弁当はマフィンサンドにしましょうか。

意外と当たり外れの多いアボカドは、綺麗なアボカドが並んでいる日に多めに購入してしまいましょ。
ひとつひとつラップに包み、ポリ袋に入れて野菜室に保存しておけば2週間は楽々持ちます。
未完熟なものは早めに野菜室から出してラップを取り、室温で追熟してお料理に。

アボカドの変色を抑えてくれる玉ねぎと一緒にサンドすれば、レモンも必要ありません。





そして食材として頼もしいのはやはりこの人、卵です。
常備菜としております筑前煮からシイタケをつまみ出し、細切りにしてオムレツを拵えフィリングに。
アボカドのグリーンと相性の良い卵の黄色、うんうん、気分良くお料理も進むというもの。

アボカドのグリーン、卵の黄色ときたら、やはりトマトの赤と続きたいところ。
ですが、基本的には旬の野菜をお手頃価格で手に入れたい、それが私のささやかなこだわり。

トマトの旬に安く買ったトマトを冷凍保存してあります。
冷凍野菜の賞味期限はとよく耳にはしますが、それはあくまで自分で設定して大らかに参りましょ。
半年近く冷凍保存しておいたトマトでトマトソースを拵えます。

挽肉の在庫はございませんので、そこは常備してあります鯖缶を使って。
鯖缶そぼろのトマトソースといったところでしょうか。
鮮やかな赤ではありませんが、兎にも角にも美味しいのでそこは譲歩。






オムレツ・鯖缶トマトソース・そしてアボカドとスライス玉ねぎのマフィンサンド。
ボリュームも野菜の量も充分、有り合わせながら私好みのサンドウィッチに仕上がりました。
簡単ちょちょいのちょいですよ。






  1. 先ずはオムレツ。
    卵・牛乳、そして今週の常備菜としております筑前煮の干しシイタケを千切りにして合わせ、丁寧に溶き混ぜます。

    フライパンに極少量のオリーブオイルを熱し、目玉焼きリングを使って小さな丸いオムレツを拵えましょう。
    一気に卵を流し入れると溢れてしまいますので、少し流しては混ぜながら焼きかため、半熟状になったらまた卵液を流し入れる、の繰り返しで。
    ある程度形がまとまったらそっとリングを外し、2個目を拵えます。

    100均ショップでも見かける卵焼きリングを随分前に処分し、その15倍以上の価格のリングに買い替えました。
    使うその度、使いやすさにうっとりしてしまいます。

  2. オムレツをそっと別皿に取りだし、フライパンをそのまま使ってトマトソースを拵えましょう。

    玉ねぎ・ニンニク、唐辛子をみじん切りにしてじっくりと炒め合わせます。
    トマトはヘタを丁寧に取ってひとつひとつラップでぴっちり包んで冷凍保存してあります。
    半解凍の状態でたっぷりざく切りにしてフライパンに加え、炒め合わせましょう。
    水気がたっぷり出てきますので、水分をとばすように煮詰めます。

    オイスターソース・ウスターソース・お塩・蜂蜜を加えて水気がなくなるまで更に煮詰め、鯖缶の缶汁を切ってここに加えましょう。
    鯖を崩しながらなじませ、最後に濃い口醤油を香りづけ程度に加えて出来上がり。

    残った鯖缶の缶汁は、朝食のお味噌汁に有効利用。
    いつもよりお味噌をちょっと控えめにするのが美味しさのささやかなミソ。

  3. 無塩タイプの醗酵バターを室温に戻し、粒マスタードを合わせて練り混ぜましょう。
    半分に割って軽くトーストしたマフィンの断面に満遍なくぬり、別皿に出しておいたオムレツを乗せます。

    鯖缶トマトソースを冷ましてオムレツの上にたっぷりと。

    薄切りにしたアボカドを更に重ね、アボカドの上にはスライス玉ねぎをたっぷり。
    玉ねぎを合わせるとアボカドの変色を防げますし、何よりアボカドと玉ねぎの相性は抜群ですもの。

    マフィンでサンドして出来上がり。

    週末、定期購入しております野菜のセットが届くまでは在庫食材で楽しみましょう。
    反って冷凍食材や乾物のお片付けになるので、私のような貧乏性には良い機会です。











常備菜として拵えた筑前煮。
これに使った牛蒡が少しだけ残っておりましたので、有り合わせ牛蒡のサラダを添えましょう。

真空パックで店頭に並ぶ調理済みの大豆、これも常備食材のひとつ。
牛蒡と大豆、アボカドのサラダです。






  1. 大豆をやわらかく蒸して真空パックしてある “蒸し大豆” 、種類も豊富で便利な食材です。
    フォークでざっくりとつぶし、アボカド・オリーブオイル・スパイスソルト・レモン汁を加えて和えましょう。
  2. 牛蒡は千切りにして電子レンジ加熱します。
    1に加えて和えれば出来上がり。
    ・・・となる予定でしたが、やや味付けが寂しいので筑前煮の鶏もも肉をほぐして加えます。

    うん、良い感じ。
    黒胡椒も挽いて出来上がり。











週末のワイン会で、ふたり揃って仲良く1キロ体重が増加致しました。

それに伴い、昨日は久しぶりのお味噌汁ファスティング。
朝は赤だし風味の具無しお味噌汁をじっくり味わい、お昼は麹が主張する豆味噌仕立ての具無しお味噌汁をポットに入れて主人に持たせました。
もちろん私も同様に。

夜は麦味噌と意欲に満ちておりましたが、流石に主人から苦情が出たので具入りのお味噌汁に。
ですが流石平日限定ではありますが日々の規則正しい食生活、主人の体重はストンと1キロ減。

おかげで今朝は、炊き粥が主食とは言えしっかりお腹に収めることが出来ました。





明日も在庫食材をかき集めてお弁当を拵えましょう。
こうして我が家の食材は片付いていくのです。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 16:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする