2017年12月14日

柿とピクルスとルッコラのサンドウィッチ

定期購入しておりますお野菜セットの中に、先週は何故だかキュウリが2本入っておりました。
キュウリ?
白菜や大根、冬野菜に混じってこの時期にキュウリ?
そんな意外性もこの野菜セットの魅力のひとつ、さぁ何に使いましょう。

蒸し鶏に合わせ棒棒鶏風にとも思いましたが、見るからに寒々しい佇まいを想像してあっさり却下。
ふと思いついたのが、随分と前に作ったことのある “お酢を使わない優しい酸味のピクルス ☆彡”
出来上がったピクルスを使って、本日のお弁当はサンドウィッチと致しましょう。

ちょっと意外な組み合わせかしら。
キュウリのピクルス・柿・ルッコラのサンドウィッチです。

甘い柿と酸味の組み合わせが大好きなので、ちょっと遊び心も加わったサンドウィッチ。
うん、この味、嫌いじゃぁない。
私個人としてはアリの味。

パンにぬったバターには、黒胡椒・粒マスタード・ディジョンマスタードを混ぜてみました。
これがなかなかの名脇役。
もう少しピクルスの酸味が強くてもと思いましたが、きっと主人にはこれくらいがぴったりね、うん。






季節外れのキュウリを使った簡単ピクルス。
お酢を使わず醗酵で酸味を促します。
  1. キュウリはさっと熱湯にくぐらせて水気をしっかり拭き取り、瓶に合わせて切り揃えます。
    今回はキュウリ2本を使いました。

    瓶に詰め込み、隙間に薄切りニンニク・タイム・フェンネル・唐辛子・ローリエ・クローブ・ブラックペッパー・コリアンダーシード等々、お好きなスパイスやハーブを詰め込みましょう。
  2. 500t程度の水をお鍋に煮立て、海塩 小さじ2を煮溶かします。
    お湯が溢れても良いようにキュウリを詰め込んだ瓶をボールに置き、お湯を瓶一杯に注いで蓋をしましょう。
    このまま室温に数日おいて醗酵を促します。
    小さな泡が立って酸味が生まれていれば、それで出来上がり。






出来上がったピクルスで早速サンドウィッチを拵えましょう。
  1. 食パンはオーブントースターでさっとトーストして粗熱をとっておきます。

    予め室温に戻しておいた無塩タイプの醗酵バターをクリーム状に練り、黒胡椒を挽きます。
    ディジョンマスタードと粒マスタードを加えて混ぜ、パンの表面に満遍なくぬります。

  2. 柿の皮をむき、種があれば取り除きながら薄切りに。
    キュウリはキッチンペーパーの上にしばらく並べて自然に漬け汁を切ってから薄切りに。

    パンにお行儀良く並べ、ルッコラと一緒にパンで挟みます。
    ワックスペーパーを2枚つなげてしっかりとキャラメル包みにし、後ほど包丁を入れる箇所を遮らないようにマスキングテープで留めましょう。

  3. しばらくおいてパンと具がなじんだら、ワックスペーパーごと半分に切って出来上がり。











本日はサンドウィッチにスープを添えましょう。
主人も職場で温めているようですし、この時期はやっぱり温かいものが嬉しいものね。
自家製の菊芋をたっぷり使ったスープです。

いつものようにスープストックを使うつもりでおりましたが、ふとキュウリのピクルスが目に留まりました。
スパイスやハーブが効いたこのピクルス液、むざむざと捨てることもないでしょう。
スープにこれを使えば、ニンニクやその他香草野菜を加える手間も省けるというもの・・・よね、多分。





  1. 玉ねぎは薄切りにし、少量のオリーブオイルをを加えてじっくり蒸し焼きに。
    ここに菊芋・ピクルス液を加え、菊芋が十分にやわらかくなるまで加熱します。
  2. ハーブやスパイスを取り除き、牛乳を少量加えてバーミックスでピュレ状に攪拌しましょう。
    牛乳でのばしながら軽く温めます。

    器に盛り、白胡椒を挽いて出来上がり。
    ピクルス液に塩気があるので、味付けは不要です。











今朝の主食はそぼろご飯。
昨日のお弁当にしたおから寿司 (☆彡) の残りのそぼろを朝食でお片付け致しました。

・・・そうそう、そぼろと言えば。





甘くてお醤油辛くて何となく塩分濃度が高そうな3色のそぼろ。
特に大根葉は湯豆腐にも添えるくらいの味付けなので、さぞや塩分も高いのでしょう・・・

という訳で、我が家にやってきました塩分計。
これがなかなか楽しくて、もはや半分ゲーム感覚。




今朝は片っ端から塩分濃度を調べては、納得するやら驚くやらで大盛り上がり。
ちなみに・・・
  • 自家製キムチ 1.28
  • イワシの煮汁 1.94
  • 菊芋の糠漬け 1.11
  • 赤味噌と白味噌のいちばん我が家で頻繁に登場するタイプのお味噌汁 0.93
問題の大根葉は3.8と言う結果でした。
塩分濃度に食べた重量(g)をかけ、100で割れば塩分量が計算できます。





・・・急に重量と言われても、ねぇ。
しばらくはこの塩分計、我が家ではちょっとしたおもちゃとして扱われそうです。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 14:59 | Comment(0) | お弁当日記 〜 市販のパンで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする