2021年09月22日

蕎麦粉のクレープ〜甘さ控えめ小豆餡と、キャラメルバナナとサツマイモ

小ぶりですが形の良いサツマイモを2本頂きました。
さて、煮て食べようか焼いて食べようか、それとももう少し追熟しようか。

あれこれ考えてはみましたが、可愛らしい芽が所々出ていることもあり早々に食べてしまうことと致しました。
開封済みの蕎麦粉がありましたので、昨日拵えた小豆餡と合わせてクレープなどいかがでしょう。

20210922 00005.png

我が家では思いの外登場頻度の高いクレープ。

クレープってね、好きなんです。
材料もシンプルですし、使用する小麦粉類も極少量で抑えられる点が何より魅力的。
専門のクレープパンなどはもちろん持っておりませんが、それでも普通のフライパンに薄く生地がひろがる様を見るのは楽しいものです。

在庫食材をクレープ生地で包んでしまえばらしく見えるのは、太巻き寿司に通ずるところもあるのではないかしら。

20210922 00006.png
人さまが焼いたクレープ、要するに自作以外のクレープを食べたことはありませんが、だからこそ定義知らずのクレープが楽しめるというもの。

昨日のかぼちゃプリン(☆彡)に添えた甘さ控えめの小豆餡に、バター香るキャラメル生地をまとったバナナとサツマイモ。
切り込みを入れた蕎麦粉のクレープ生地でくるくる巻けば、はい、出来上がり。

20210922 00004.png

小麦粉やオートミールのクレープとは風味も異なる蕎麦粉のクレープ。
ふわりと鼻先をくすぐるバナナの甘い香りとも相性抜群なのです。





◆材料(直径26センチのフライパンに2枚分、直径10センチ程度の小さなクレープ1枚のおまけつき)
  • 蕎麦粉 30g
  • てんさい糖 5g
  • お塩 ひとつまみ

  • 卵 1個

  • オーツミルク 100g

  • ココナツオイル 15g



    ◆フィリング用

  • てんさい糖 10g
  • 無塩タイプの発酵バター 10g

  • バナナ 1本
  • 胡桃とアーモンド 各適量

  • さつまいも 適量
  • オリーブオイル 適量
  • お塩 極少量


  • 小豆餡 適量




◆作り方

  1. クレープ生地を焼きましょう。

    蕎麦粉・てんさい糖・お塩をザルに合わせ、ボールにふるい入れます。
    中央に卵を割り入れ、中央から少しずつ泡だて器で崩しながら混ぜ合わせましょう。

    分量のオーツミルクを少しずつ加えて混ぜ合わせ、最後に液状になったココナッツオイルを加えて混ぜ合わせます。
    ラップをし、室温に30分ほどおいて生地を休ませましょう。

    20210922 00008.png20210922 00009.png
    20210922 00010.png


  2. 生地を焼きます。
    休ませた生地は、しっかり混ぜてからフライパンに流し入れます。

    20210922 00011.png

    先ずはキッチンペーパー等を使い、フライパンに極々薄く油をしっかりすり込んで温めます。
    温まったフライパンを一旦ぬれ布巾の上に置いて冷ましてから、生地をざっと混ぜて流し入れましょう。

    20210922 00012.png

    お玉を使うより、ボールからダイレクトにフライパンの中央目指して流し入れる方が私には向いているようです。
    素早くひろげたら弱火でじっくり、縁がチリリとめくれ上がった感じになるまで焼いて裏返します。

    20210922 00013.png

    裏面はさっと焼いて取り出し、乾燥しないようラップをかけておきましょう。

    20210922 00014.png

  3. クレープ生地を冷ましている間にフィリングの準備を。

    サツマイモは綺麗に洗い、皮つきのままさいの目に切ります。
    しばらくお水に晒してあく抜きをしたら、しっかり水気をふき取ってビニール袋へ。
    極少量のオリーブオイルとお塩を加えてなじませたら、予熱なしのオーブン 170℃で20分ローストします。

    残り10分弱になったら、ざっくり刻んだアーモンドと胡桃も加えてローストします。
    この、焼いただけのサツマイモが美味しいのです。

    面取りした切れ端も少々紛れ込んではおりますが、そこは気にしません。

    20210922 00015.png

  4. バターとてんさい糖をフライパンに合わせ、中〜弱火で色づくまで加熱します。
    全体が沸々としてキャラメル状になったら、3のサツマイモとナッツ類、輪切りにしたバナナを加えて素早く絡めましょう。

    冷ましておきます。

    20210922 00016.png

  5. クレープ生地に一か所切れ目を入れ、対角線状に小豆餡とナッツ類をひろげましょう。

    20210922 00007.png

    切れ目から小豆餡を包み込むように巻き、ナッツ類を巻き込んで巻き切ります。

    20210922 00017.png

    ナッツ類を少し残しておいて散らします。
    ワックスペーパーで包めば出来上がり。

    20210922 00018.png






w-line81-thumbnail2.gif





困った時のジャーサラダ。
在庫食材に各々味付けをし、順に詰め込むだけ。

20210922 00003.png





いちばん下には、さっと湯がいて水気を絞ったキャベツ。
その上には、市販の蒸し大豆・カシューナッツを合わせて佃煮風にしたマイタケ。

いちばん上には、山葵風味のアボカドサラダです。
山葵と白味噌、極少量の白だし醤油で、アボカドと山芋を和えるだけ。
仕上げにたっぷりと白胡麻をひねります。

20210922 00019.png






お休みが多い今週は、在庫食材の選別にもひと苦労です。
それが楽しみでもあるのですが。

20210922 00002.png





w-line81-thumbnail2.gif





頂いたサツマイモで、今朝の主食はサツマイモご飯と参りましょう。

20210922 00001.png






シンプルに少々のお酒と極少量のお塩、但しサツマイモは目いっぱい。

20210922 00021.png

ほのかな塩味とサツマイモの甘み、そしてお焦げ、一気に秋のムードに浸り始めましたよ。

20210922 00020.png





明日はまたもや楽しい休日。
なかなかタイミングが合わず延び延びになっておりますが、早朝の畑作業に行かなければ。
ビーツ、そして初めて挑戦する紅芯大根の種が出番を待ちわびでおります。



mono90-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 14:18 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

かぼちゃのプリンとお豆腐白玉〜お月見ver.

今宵は十五夜、中秋の名月です。
以前でしたら、別名『隠れ城』とも『月見寺』とも呼ばれる岐阜県南西部にある行基寺さんにて、中秋の名月を観賞するのが毎年の恒例でしたが、今は叶わぬお話。

連休明けで少々頭の回転が鈍ってはおりますが、今年もささやかなお月見気分に浸ってみましょうか。

20210921 00007.png

濃厚なカボチャのプリンの上には、甘さを控えた小豆餡。
白玉粉とお豆腐で拵えた真っ白なウサギをあしらってみました。

まん丸な十五夜お月さまに寄りそう2羽のウサギ、といったところでしょうか。

20210921 00005.png

かぼちゃのプリンはオーブンで湯せん焼き。
今や手慣れた我が家の定番 お豆腐白玉は、いつもの真ん丸からちょっと細長くして『芋名月』ver.に。

中秋の名月が満月と重なるのは8年ぶりだそうですよ。

20210921 00006.png





◆材料(iwaki製 100mlのプリンカップに控えめな4つ分です)


 ◆かぼちゃプリン
  • かぼちゃ 正味100g強(正確には106g)
  • アーモンドミルク カボチャと同量(106g)
  • 卵 1個
  • 生砂糖 20g
  • バニラビーンズペースト 適量

  • てんさい糖 20g
  • お水 小さじ1
  • 熱湯 小さじ1


    ◆小豆餡(多めに煮て、一部は冷凍、一部は冷蔵保存します)
  • 小豆 250g(約1.5カップ)
  • お水 小豆の倍量(約600t)
  • 生砂糖 適量
  • お塩 ひとつまみ


    ◆お豆腐白玉

  • 木綿豆腐 40g弱(正確には38g)
  • 白玉粉 お豆腐と同量(38g)
  • アーモンドミルク 適量


  • ひまわりの種
  • クコの実
  • 食紅

    各適量




◆作り方

  1. 先ずは圧力鍋で簡単小豆餡。

    小豆を洗ってザルにとり、しっかり水切りをしてから圧力鍋に移しましょう。
    中〜弱火で全体がさらりとするまで乾煎りしたら、小豆の倍量のお水を注いで加圧すること15分。

    圧が抜けたら蓋を開け、全体をざっくり混ぜて中〜弱火で加熱しながらお好み量のお砂糖を加えます。
    仕上げにお塩をひとつまみ。

    一部はお砂糖を加える前に小分けにして冷凍保存致します。

    20210921 00009.png20210921 00010.png
    20210921 00008.png


  2. かぼちゃプリンへと進みます。

    先ずはカラメル。
    てんさい糖とお水をお鍋に合わせて中火にかけ、全体が均一に混ざるようゆっくりお鍋を回しながら加熱します。

    全体がふつふつとして香ばしい香りがしてきたら火を止め、熱湯を加えてなじませましょう。
    耐熱容器に分け入れます。
    もう少し量が多くても良かったかしら。

    20210921 00011.png

  3. お鍋を洗わず、そのままかぼちゃのプリン本体へと参りましょう。

    かぼちゃは皮を厚めにむき、やわらかくなるまで電子レンジで加熱してザルにとります。
    自然に水気をとばしたら、分量の半量程度のアーモンドミルクを合わせてバーミックスで撹拌しましょう。

    20210921 00013.png20210921 00014.png


    お鍋に卵と生砂糖を合わせ、泡だて器でそっと混ぜ合わせます。
    ここに残りのアーモンドミルクを加え、湯せんでアーモンドミルクを人肌程度に温めながらそっと混ぜ合わせます。

    むらなく混ざったところで、カボチャペーストを合わせて混ぜます。
    横着をしてバーミックスを使ったので、大変泡立っておりますが・・・

    ザルで漉してバニラビーンズペーストを加え、2の容器にそっと注いで表面の泡をスプーンで丁寧に取り除きます。

    20210921 00015.png20210921 00016.png
    20210921 00012.png


  4. 天板にお湯を張り、予熱したオーブンに移します。
    設定温度 160℃で30分間湯せん焼きにしましょう。
    オーブン庫内で粗熱をとっておきます。

    20210921 00017.png

  5. 最後はウサギさんのお豆腐白玉。

    白玉粉と木綿豆腐をビニール袋に合わせ、お豆腐を崩しながらなじませます。
    極少量ずつ様子を見ながらアーモンドミルクを加え、耳たぶ程度の滑らかな生地に仕上げましょう。

    棒状にのばして包丁で4等分したら、里芋のような形に整えます。
    多めのお湯を煮立て、ぐらぐらと煮立たせないよう火を弱めてそっと白玉団子を鍋肌からお湯の中に。
    ふわりと浮いてきたら数秒おいてお水にとります。

    20210921 00018.png20210921 00019.png
    20210921 00020.png


  6. 白玉団子をお水からとり、たっぷりのお水で湿らせたキッチンペーパーの上で程よく水を切っておきます。

    20210921 00021.png

    蒸し上がったかぼちゃプリンの上にたっぷりの小豆餡。
    白玉団子を並べ、ひまわりの種を耳に。
    食紅を極少量爪楊枝の先にとり、チョンッと目を付けて出来上がり。

    20210921 00004.png






line60-thumbnail2.gif





圧力鍋を出したついでに、大根やごぼう、人参や残ったカボチャの煮物を拵えました。
面取りしたこれら野菜の切れ端、お味噌汁に入れてしまうだけではあまりに能がない。

・・・という訳で、お菜に有効利用。
野菜の切れ端を使ったトマトソースをこんにゃく麺に合わせます。

20210921 00002.png





人参や大根、皮も含めたカボチャの切れ端、玉ねぎ・・・
全てミルに合わせて細かく刻んでしまいましょう。

お鍋にオリーブオイル、鷹の爪、ニンニク等を合わせ、刻み野菜も加えてなじませます。
週末に拵えたカレーの残りのトマトソース、そして赤ワイン、その他オイスターソースやらお塩やらナンプラーやら適当に加えてトマトソースの出来上がり。

さっと湯がいたこんにゃく麺を加えて和えましょう。
スープジャーに分け入れ、黒胡椒をたっぷり挽いて出来上がり。

20210921 00022.png
20210921 00023.png20210921 00024.png








思い付きの割には、きちんとウサギに見えるのではないかしら。

20210921 00001.png





line60-thumbnail2.gif





3連休中の朝食はずっとプロテインでした。
それもあって、久しぶりのこのスタイルに主人は嬉しくてたまらないと言った状態。
先ずは落ち着かせるのに一苦労でした。

20210921 00003.png

夜からは曇り空になるとの予報も。
でも大丈夫。

毎朝、キッチンに行くと先ず窓を開けて換気をします。
4時起床ですので最近は真っ暗ですが、ひんやりとした朝の空気が心地良くもある大好きな瞬間。
今朝は西の空の低い位置にお月さまが綺麗でしたよ。





洗面所の主人に声を掛けました。
『お月さまが綺麗だよ』

20210921 00025.png

早朝、窓を開けてお月見をする主人。





さ、これで今宵は雲がひろがっても大丈夫。
片見月にはなりません。

・・・かな?



daisy2-thumbnail2.jpg








posted by しんさん at 15:07 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月17日

おから蒸しパン・オーブンver.〜しらすとアボカドとベジミートのサンドウィッチ

曇り空の金曜日です。
ですが明日からの三連休を控えておりますもの、気になりません、ちっとも。

そもそも畑以外の外出を最近は致しておりませんので、週末が雨でも何でも我が家にとって大した問題ではありませんもの。
週末はお家で主人とふたり、ワインでしょ、夏の名残のロゼでしょ、気分によっては秘蔵ワインを主人が選ぶこともあるかも。

そんな楽しみな連休に備え、本日のお昼はおからが主材料。
おから蒸しパンのサンドウィッチです。

20210917 00003.png

主人が仕事帰りに時々買ってきてくれるお豆腐屋さんのおから、100gずつに小分けしては常備してあります。

最近知ってしまった、凍ったままでも出来る自家製のおからパウダー。
オーブンでじっくり加熱したら、朝まで放置、その後ミルで粉砕して仕上げます。

そしてそんな自家製おからパウダーを使って、オーブンで湯せん焼きにする『おから蒸しパン』が最近のお気に入り。

20210917 00002.png

電子レンジで蒸し上げることが多いおから蒸しパンではありますが、私は電子レンジ調理が大の苦手。
加熱時間が短いのは魅力的ではありますが、その分『秒』で失敗すること多々ですもの。

ちょっと目を離した間に吹きこぼれる、とか、数秒の差で大失敗、とか、とにかく加熱中は他のことが出来ない、そんな私の電子レンジに対する苦手意識はどうにもなりません。

その反面オーブンって素敵。
湯せん焼きともなると更に素敵。
180℃で30分湯せんする予定だったのが、予熱のまま、200℃で30分湯せんしてしまっても失敗知らず。

返ってこちらの方が良いのでは?
そんな大らかなオーブンの湯せん焼きで仕上げるおから蒸しパンが大のお気に入りです。

20210917 00008.png

連休を前に今日は冷蔵庫のお片付け。

イオンネットスーパーでお買い得価格になっておりました釜揚げしらす、つい買ってしまったは良いけれど、朝食でいちど食べてその後の出番が見込めないまま。
先週の中頃に拵えたベジミートのそぼろ(☆彡)、まだ大丈夫かしら?大丈夫よね?

アボカドと海苔を合わせて、山葵マヨネーズでまとめます。


20210917 00009.png

前回拵えたおから蒸しパン(☆彡 2021年09月07日)もオーブンで湯せん焼きに致しましたが、蕎麦の実をオートミールにしたり、オーツミルクをアーモンドミルクにしたりと、ちょこちょこマイナーチェンジを加えております。
単に在庫食材を使っているだけなのですが。

ですが、明らかに異なるのはオーブンの温度。
前回は180℃で30分、今回はまさかのうっかりから200℃で30分の湯せん焼き。
結果、どちらでも大丈夫なこと、そして私の好みは200℃で湯せん焼き。
大らかなオーブン料理がやはり私の性に合っているようです。

20210917 00006.png





◆材料(野田琺瑯のレクタングル浅型Sサイズにぴったりひとつ分)

  • 自家製のおからパウダー 20g
  • サイリウム 5g
  • てんさい糖 5g
  • ベーキングパウダー 2g
  • お塩 ひとつまみ

  • オートミール 10g

  • 卵 2個
  • ココナッツオイル 10g
  • アーモンドミルク 80g



    ◆フィリング

  • マヨネーズ
  • 練り山葵
  • 全形海苔
  • 釜揚げしらす
  • アボカド
  • 寿司酢
  • ベジミートそぼろ(☆彡

    ※各適量




◆作り方

  1. 先ずはおからパウダーの準備から。
    100gの生おからが、30g程度のおからパウダーになります。

    前日の夕方、生おからを凍ったままオーブン庫内へ。
    後は時々様子を見てはざっくり全体をほぐしながら、130℃で1時間55分(これが我が家のオーブンの最長なので)
    オーブンが切れたらそのまま朝まで庫内に放ったらかし。

    朝を迎えてすっかり冷えたローストおからをミルで粉砕し、更にザルに通せば自家製おからパウダーの出来上がり。

    20210917 00012.png20210917 00011.png
    20210917 00007.png


  2. 出来上がったおからパウダーを計量し、サイリウム・てんさい糖・ベーキングパウダー・お塩と合わせておきます。

    20210917 00013.png

  3. ボールに卵・ココナツオイル・アーモンドミルクを合わせて泡だて器で混ぜ合わせましょう。
    ここに2をザルを通してふるい入れ、オートミールも加えて泡だて器で混ぜ合わせます。

    20210917 00014.png20210917 00015.png
    20210917 00016.png


  4. オーブンシートを敷き込んだ容器に流し入れ、四隅にしっかり生地を行き渡らせたら表面を平らにならします。
    天板にお湯を注ぎ、予熱したオーブンに移して200℃で30分間の湯せん焼きに。

    20210917 00017.png

    前回は180℃でしたが、今回はうっかりして200℃を貫き通してしまいました。
    が、これも怪我の功名でしょうか、今回の方が私好みの蒸し上がりです。

    20210917 00005.png

  5. 蒸し上がったおからパンを網の上で冷ましたら、厚さを半分に切ります。

    20210917 00018.png

    断面も、前回の蕎麦の実ver.より良い感じです。

    20210917 00019.png

  6. 双方の断面にマヨネーズをぬり、片方には山葵もぬっておきましょう。

    全形海苔をおからパンの大きさに切ってひろげ、予め寿司酢をからめておいたアボカドを並べます。
    アボカドの上にはベジミートそぼろをたっぷりと。

    20210917 00020.png20210917 00021.png
    20210917 00022.png


    更に、しらす干しもたっぷり盛りましょう。

    20210917 00010.png


  7. ラップできっちりと包み、おからパンとフィリングがなじんだところでワックスペーパーで包みなおします。

    20210917 00023.png

    ワックスペーパーごとパンナイフで2等分して出来上がり。

    サイリウムの効果でしょうか、ぱさぱさもしていないし、とても食べやすいおから蒸しパンです。
    一般的な食パンより扱いやすいかも。

    20210917 00024.png






il-plants5-thumbnail2.gif





金曜日ですもの、しかも連休前ですもの、冷蔵庫の中の作り置き料理の一掃に力を入れます。

野菜の煮物や煮びたし、煮なますなどを全部葛粉で寄せ集めました。
煮汁まで捨てられない貧乏性なお片付け料理です。

20210917 00004.png





煮びたし、煮物、煮なます・・・
彩り良くジャーに詰め込みましょう。

煮汁 300tに対して葛粉は10g。
しっかり混ぜて葛粉のかたまりをなくしてから、徐に火にかけとろりと練り上げます。
少し冷ましてからジャーにそっと注ぎましょう。

冷やしてようやくトロり食感となるギリギリの葛粉量です。

20210917 00025.png
20210917 00026.png20210917 00027.png







il-plants5-thumbnail2.gif





毎朝、朝食を何より楽しみにしております主人ですが、金曜日はまた格別。

イオンさんに届けて頂くイオンブランドのイワシの生姜煮、そして伊勢うどんの釜玉風。
これらが金曜の朝食の定番、主人のお楽しみでもあります。

20210917 00001.png

具沢山お味噌汁が話題になっているようです。
我が家のお味噌汁が、改めてお味噌汁の枠をぶち破っていることを他の方の画像を見て実感いたしました。
これはお味噌味の野菜の煮物、ですね。





連休前のささやかなお楽しみのひとつは、今宵の日本酒。
主人が厳選した日本酒がいつも揃ってはおりますが、本日は仕事帰りに主人が鯖寿司を買ってくるとか。
主人ほどには鯖に感情移入出来ない私のためにと、当お寿司屋さん特性の『イカの塩辛』も忘れず予約済みだそうですよ。

帰宅した主人と入れ替えに私は美容院に行ってきます。
すっきりした髪型で今宵は日本酒、鯖寿司、イカの塩辛。
我が家らしい3連休の幕開けですよ。


illust-rainydaybk-thumbnail2.jpg







posted by しんさん at 12:46 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月16日

干し芋ごろごろ〜渦巻きちぎりパン

SNSで知った無印良品のエッセンシャルオイル『おやすみブレンド』

主に医薬品を購入するのに使用しておりますサイトを早速覗き、早速のクリックショッピング。
しばらく使用していなかったイグニスのアロマライトの埃を払い、早速昨晩から使用してみました。
主人も私も朝までぐっすり、左手首のスマートウォッチが振動しなければ完全に寝過ごしておりました。

木曜日はパンを焼く日。
パン生地は昨日のうちに準備完了しておりますので、実は楽が出来る木曜日でもあるのです。
今週は、干し芋をたっぷり巻き込んだ全粒粉ちぎりパンですよ。

20210916 00005.png

前日の夕方にビニール袋で全粒粉生地を捏ね、ひと晩ゆっくり野菜室で発酵を促すいつものオーバーナイト発酵パン。
お水や牛乳の代わりに、家製豆乳ヨーグルトのホエーを使って捏ねるのも我が家のお約束。

最近はそれに加え、使用する全粒粉強力粉は100g、そんなお約束も自ら増やして規制を楽しんでおります。
なので、ちぎりパンと言えども『ひっつきもっつき』感はやや軽め。

20210916 00006.png

・・・ジャンボいなり寿司にも見えたのは、私だけでしょうか。

SNSで見るような、見るからにふわふわで可愛らしいちぎりパンではありませんが、全粒粉100%なりにふんわりしてもっちりとした生地は主人のお墨付き。

艶出しに使用する卵黄を端折ったのも、いなり寿司に見える要因のひとつなのでしょうね。
残った卵の利用方法を考える余裕が今朝はなかったものですから。

20210916 00007.png

器量が少々悪くても、自由に楽しめるパン作りはやはり楽しいものですもの。

オーバーナイト発酵の全粒粉渦巻きちぎりパン。
干し芋と甘栗、胡桃がぎっしり入った自然の甘さがたまらなく美味しいパンですよ。

20210916 00002.png





◆材料(底辺約200×70・H60のパウンド型に1本分、もうひと回り小さい型が理想的かしら)

  • 全粒粉強力粉 100g
  • スキムミルク 10g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト 1g

  • ホエー(豆乳ヨーグルトから出た水分です) 70g

  • 蜂蜜 5g
  • お塩 ひとつまみ
  • 無塩タイプの発酵バター(湯せんで溶かしておきます) 10g


    ◆フィリング

  • 干し芋(☆彡) たくさん
  • 甘栗 適量
  • 胡桃 適量
  • 無塩タイプの発酵バター 適量
  • パールシュガー 適量





◆作り方

  1. 生地の準備は前日の夕方に済ませておきます。

    全粒粉強力粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるように振り混ぜましょう。

    計量したホエーに合わせた粉類の半量を加え、菜箸でしっかりと混ぜ合わせます。
    蜂蜜も加えて混ぜ合わせましょう。
    次いで、お塩、溶かしバターの順に加え、その都度しっかりと菜箸で混ぜ合わせます。

    残った粉類にこれを戻し入れ、生地がひとつにまとまるまで軽く捏ねましょう。
    形を整えてビニール袋内の空気を抜き、端のほうで留めたらヨーグルトメーカーに。


    20210916 00008.png
    20210916 00009.png20210916 00010.png


    ヨーグルトメーカーに入れ、40℃で1時間発酵を促した生地です。

    20210916 00011.png

    再度軽く揉んで生地のガス抜きをします。
    形を整えてビニール袋内の空気を抜き、端のほうで留めて保存容器の蓋をしてひと晩野菜室へ。

    20210916 00012.png

  2. 今朝はここから。
    先ずは生地を野菜室から出して室温に戻しましょう。

    20210916 00013.png

    30分以上は室温においた生地を軽く揉んでガス抜きをしたら、生地をのばすようにまとめてビニール袋に戻し、15分間のベンチタイム。

    20210916 00014.png

  3. ビニール袋に入れたまま、長方形に生地をのばしましょう。
    強力粉が100gと少量なので、めん棒でなくすりこ木で十分のばせてしまいます。

    20210916 00015.png

    干し芋・甘栗・胡桃は予め刻んでおき、糊代を少し空けてたっぷりと散らしましょう。
    すごい量です。

    20210916 00016.png

    きっちりと巻いて巻き終わりをしっかりと摘まんで閉じ、包丁で4等分します。

    20210916 00017.png

  4. オーブンシートを敷き込んだパウンド型にきっちりと並べ入れます。

    20210916 00018.png

    きつく絞ったぬれ布巾とラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 40℃で40分間の最終発酵を促しましょう。
    小さく切ったバターとパールシュガーを上に散らし、210℃に予熱したオーブンへ。

    20210916 00019.png

    設定温度を180℃にして18〜20分。

    20210916 00020.png

    やはり卵黄はぬってあげた方がパンらしく焼き上がることを痛感致しました。
    器量を除き、味は大変私好みです。

    20210916 00021.png






table_s.gif





朝夕は少々肌寒いこの陽気のせいでしょうか。
最近は温かなスープを添えたくなるのが常。

ひと晩お水に浸さなくても、圧力鍋ならひよこ豆もお手の物。
ひよこ豆とキャベツ、タマネギ、要するに在庫野菜を寄せ集めたミルク味の優しい味わいのスープです。

20210916 00003.png





  1. 何はさておき、先ずは洗ったひよこ豆を圧力鍋へ。
    十分のお水、お塩ひとつまみと共に、15分間加圧しましょう。

  2. その間に人参は小ぶりな乱切り、玉ねぎはくし形、キャベツ大ぶりなくし形に。
    圧が抜けた圧力鍋に加え、もち麦を散らして加圧すること3分間。

  3. 圧が抜けたら蓋を開け、マイタケやオーツミルク、白味噌やオイスターソース等で仕上げます。
    ジャーに分け入れ、冷凍枝豆を莢から出して散らしたら、黒胡椒をガリリと挽いて出来上がり。

    20210916 00022.png





・・・やはり見えます、ジャンボいなり寿司に。

20210916 00001.png





table_s.gif





昨日、イオンさんに届けて頂いたお買い得価格のしらす干し。
わたし、大好きなのです、しらす干し。
今朝はご飯の上にたっぷりと。

今朝は塩鯖がとても良い焼き色です。

20210916 00004.png

昨晩ぐっすり眠ったからでしょうか。
今朝はいつも以上にお腹が空いて空いて・・・朝食をいつも楽しみにしております主人の気持ちが少しわかった気が致します。

塩鯖をひと口食べて、
『んまいっ!』
と主人。

・・・あら、ちょっと俳句っぽい?



col36-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 14:33 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月15日

バナナとろりのおからバー

何がどうなったのか、昨晩から鳥の鳴き声が気になります。

小さな山も近くにありますし、お隣のお宅はお手入れの行き届いた立派なお庭、季節になるとウグイスの声も聞こえる長閑なお土地柄。
鳥の声など珍しくもないのですが、あの鳴き声は初めてです。

雨も降っておりました昨晩など、真夜中(と言っても我が家の真夜中ですので10時ごろでしょうか)に泣く鳥が気になって。
主人など、私の知らぬ間に窓を開けて声のする方角を注視していたとかしないとか。

さて。
無意識ではありますが、何となく水曜日は『おから』の登場頻度が高いようです。
今日のお昼はグラノーラをたっぷりのせた『おからバー』ですよ。

20210915 00003.png

お手軽なのと、おからクラストの黄金比を自分なりに確立してしまったのもあり、最近ますます登場頻度上昇中のおからバー。

土台はざっくり食感のおから。
上のフィリングはその時の在庫食材によってまちまちではありますが、今日はいつも以上にお砂糖控えめです。

文字通りのお砂糖、我が家ではてんさい糖ですが、使用したのはおからクラストの5gだけ。
フィリングのグラノーラも、半量はオートミールにして甘さを控えめに。

いくらお砂糖を控えたところで、美味しくないでは主人も黙っていないでしょうからね。
そこは完熟バナナで甘みを補います。
たっぷり並べた完熟バナナ、そしてデーツシロップの甘さが、ほろ苦いココアパウダーによく合います。

20210915 00005.png

おからクラストの下焼きの段階、少量加えたきな粉の香ばしい香りに心は躍るのです。

とろりバナナのおからバー。
とても簡単で、心もお腹も主人の体重にも嬉しい今日のお昼ご飯です。

20210915 00004.png





◆材料(約15cm×15センチのセルクル型にひとつ分です)

  • 生おから 100g
  • きな粉 15g
  • コーンスターチ 15g
  • 白胡麻 15g
  • てんさい糖 5g

  • ココナッツオイル(液状に) 25g

  • 完熟バナナ 1本
  • レモン汁 5g
  • 蜂蜜 5g
  • シナモンパウダー 適量



    ◆フィリング

  • ココナッツオイル 30g
  • デーツシロップ 30g

  • オートミール(大粒のロールドオーツを使用しました) 50g
  • 胡桃とアーモンド 各15g

  • グラノーラ 50g


  • 仕上げのココアパウダー 適量




◆作り方

  1. 先ずはおからのクラストから。

    おから・きな粉・コーンスターチ・白胡麻・てんさい糖をビニール袋に合わせ、口をしっかり持って振り混ぜます。
    ここに液状になったココナッツオイルを加えてなじませましょう。
    全体が大ぶりなそぼろ状になればOKです。

    オーブンシートを敷き込んだセルクル型に移し、スプーンの背で特に四隅をしっかりと抑えます。
    ピケをし、予熱したオーブン庫内へ移しましょう。

    20210915 00006.png20210915 00007.png
    20210915 00008.png


    170℃のオーブンで30分焼きますが、20分ほど焼いたところで一旦オーブン庫内から取り出します。
    予め輪切りにしたバナナにレモン汁と蜂蜜を絡めておき、これを上に並べてシナモンパウダーをたっぷりふります。
    再度オーブン庫内へ移し、170℃で計30分焼いて粗熱をとっておきます。

    20210915 00009.png

  2. 早々とフィリングへと参りましょう。

    オートミール・胡桃・アーモンドは、予め予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。
    小鍋にココナツオイルとデーツシロップを合わせて煮立て、ローストしたオートミールとナッツ類、そしてグラノーラを一気に加えて素早くなじませます。

    1の上にひろげ、スプーンで程よく抑えましょう。

    20210915 00010.png20210915 00011.png
    20210915 00012.png


    粗熱がとれたら冷蔵庫に移して冷やしかためます。
    しっかりかたまったら、茶こしでたっぷりとココアパウダーをふって切り分けます。

    20210915 00013.png

    ほろ苦いココアにトロリばなな、ざっくりおからクラスト、次回のおからバーのフィリングは何にしようかしらね。

    20210915 00014.png






il-plants5-thumbnail2.gif





おからバーには、野菜たっぷりのスープを兼ねたこんにゃく麺を添えましょうか。
少量残っておりましたアンチョビを使い、仕上げは葛粉でとろみをつけました。

20210915 00015.png






こんにゃく麺はさっと茹でてお湯を切り、予めスープジャーに入れておきます。

刻んだアンチョビ・オリーブオイル・刻んだ鷹の爪を炒め合わせたところに、小ぶりな乱切りにした人参やキャベツを順に加えます。
スープストックを注いでしばし煮たら、アンチョビの塩気を考慮しつつオイスターソースやナンプラー等で控えめに味付けを。

水で溶いた葛粉でとろみをつけ、マイタケと刻みネギを加えてひと煮たち。
こんにゃく麺の上にとろりと盛ります。

20210915 00016.png20210915 00017.png






ココアパウダーで主人が咽ませんように。

20210915 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif





今朝は大きな梨が食卓に上がりました。
もちろん皮をむいて食べやすく切ってありますので、主人はその全貌を知りませんけどね。

昨日イオンさんから届いた立派な梨が10個。
皮をむきながら果汁がしたたる瑞々しい梨です。

『出来るだけそのまま食べようね、余計なことはしないでね』
主人からは早速釘を刺されました。

20210915 00001.png

今朝の主食は鯖のへしこ茶漬け。
さっと炙った鯖のへしこに、熱々の昆布だし、自家製柚子胡椒。

昨晩、就寝前の予定では、今朝の主食は主人お楽しみの釜玉うどんだったのですが、急きょ変更、こうなりました。

一瞬がっかりした主人の表情を私は見逃しませんでした。
朝食が終わった後の、満足げな顔も見逃しませんでしたけどね。






col32-thumbnail2.gif





ラベル:おからバー
posted by しんさん at 14:21 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする