2022年01月27日

コロコロ不安定な全粒粉バターロール〜グラノーラと干し芋と胡桃ver.

木曜日ですので、今週も手作り豆乳ヨーグルトのホエーを使ってパンを焼きました。
前日の夕方に生地を準備し、ひと晩ゆっくり野菜室で発酵させ、木曜の朝に焼くいつものオーバーナイト発酵全粒粉パン。

最近凝っております全粒粉バターロール、今週はスキムミルク多めでチャレンジです。

20220127 00008.png

もはや『バターロール』という定義をすっかりすっ飛ばしてしまった佇まい。

そもそもが豆乳ヨーグルトから出た水分、ホエーを有効利用するため週間ルーティンと致しましたパン作りですから、いつも使用する全粒粉強力粉は100g前後。
小ぶりな上、グラノーラやら胡桃やら干し芋やらを欲張って多めに巻き込もうとするものだから、まぁ危なっかしい、まぁ不安定。

4つのうちひとつは、側面が完全に上を向いた状態で焼き上がってしまったものですから、まるでシナモンロールのような佇まいです。

20220127 00009.png
『バターロール』と言うのだから普通に焼けば良いものを、そこは技量不足を隠す技。

少量残って手作りの干し芋やら、胡桃やら、ほんのり蜂蜜味がお気に入りのグラノーラやら、全粒粉生地でたっぷり巻くものだから、その出来上がりはずんぐりむっくりコロコロ不安定なお姿。

でも、そこがまた愛らしくもある手前味噌。

20220127 00004.png

ひと晩野菜室で発酵させた生地が、焼く前から何故だかふわりと良い香り。
そして焼き上がってみると、更にそれを上回る魅惑的な甘い香りに和むのです。

干し芋とグラノーラの穏やかな甘み、胡桃の食感が楽しいずんぐりむっくりな全粒粉バターロール。
週末が待ち遠しい本日木曜日のお昼ご飯ですよ。

20220127 00005.png






◆材料(小ぶりな自称バターロール4つ分です)

  • 全粒粉強力粉 90g
  • 全粒粉薄力粉 10g
  • スキムミルク 20g
  • てんさい糖 5g
  • インスタントドライイースト 1g

  • ホエー(豆乳ヨーグルトから出た水分です) 80g

  • お塩 ひとつまみ
  • 無塩タイプの発酵バター(湯せんで溶かしバターに) 10g



    ◆フィリングその他

  • 干し芋・胡桃・グラノーラ 各適量
  • 水溶き卵黄 適量

    ※グラノーラはカスカディアンファームのオーガニックグラノーラ?オーツアンドハニーを使いました
     



◆作り方

  1. 生地の準備は前日の夕方に済ませてしまいます。

    全粒粉強力粉・全粒粉薄力粉・スキムミルク・てんさい糖・インスタントドライイーストをビニール袋に合わせ、口をしっかり持って空気を含ませるように振り混ぜます。

    計量したホエーの粉類の半量を加え、しっかりと混ぜ合わせましょう。
    更にお塩・溶かしバターを順に加え、その都度しっかりと混ぜ合わせます。
    残った粉類にこれを加え、生地がひとつにまとまるまで軽く捏ねましょう。
    形を整え、ビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めてヨーグルトメーカーへ。
    40℃で1時間発酵を促します。

    20220127 00012.png
    20220127 00013.png20220127 00015.png


    ヨーグルトメーカーから出した生地を再度軽く揉み、形を整え同じようにビニール袋内の空気を抜いて端のほうで留めます。
    保存容器に入れて蓋をし、ひと晩野菜室へ。

    20220127 00014.png

  2. 今朝のスタートはここから。
    ひと晩を野菜室で過ごした生地を冷蔵庫から出し、室温に戻しておきましょう。

    20220127 00016.png

    室温に戻した生地を軽く捏ねてガス抜きをしたら、4等分して丸めます。
    ビニール袋に戻し、15分間のベンチタイムを設けます。

    20220127 00017.png

  3. ベンチタイムの間に、胡桃を粗く砕いて予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストしておきます。
    さいの目に切った干し芋・グラノーラと合わせておきましょう。

    20220127 00007.png

  4. ベンチタイムが終了したら成形へと参りましょう。

    ガス抜きを兼ねながら、そっと生地を楕円にのばします。
    2等辺三角形を作るイメージで両端を折り込み、底辺の部分も折り込みます。
    これを更に半分に折ったら、長い長いしずく型を作るイメージで両手で転がしながらのばしましょう。

    20220127 00018.png20220127 00019.png
    20220127 00020.png


  5. めん棒(私はすりこ木を使っております)で生地をそっと平らにのばします。
    フィリングを散らし、幅のひろい側に置いた干し芋をしっかり巻いて芯にしたら、後はふわりと巻いて綴じ目をしっかりと指でつまんで閉じましょう。

    20220127 00006.png

    巻き終わりを下にし、座りが良いよう少し押し付けるようなイメージで天板に並べます。
    きつく絞ったぬれ布巾とラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 40℃で45分間の最終発酵。

    20220127 00010.png

  6. 刷毛で水溶き卵黄をそっとぬります。
    生地に巻けずに残ってしまったグラノーラその他も、無駄なく卵黄をぬった上に散らしましょう。

    20220127 00011.png

    220℃に予熱したオーブンに移し、設定温度を190℃にして12分。
    案の定ひっくり返りましたね。

    20220127 00021.png

    それでも憎めない手作りのパン。
    ほんのり甘い美味しい全粒粉バターロール、香りが抜群に良いのです。

    20220127 00022.png





table_s.gif




パンを焼く木曜日。
毎回悩ましいのが、艶出しに使った卵黄の残りをどうするか、です。

今週はスープに使いました。
ちょうど残っておりましたおからパウダー(この日のおから蒸しパンの残りですね ☆彡)と残った卵を合わせてお団子に。
白菜をたっぷり使ったスープのアクセント、おからとひじきのお団子を浮かべます。

20220127 00001.png





  1. 残った卵に、乾燥ひじき・おからパウダー・ベジミートそぼろ(☆彡)・蕎麦の実等を合わせてお団子にします。

  2. お水・干し貝柱・おろし生姜・白菜・マイタケ等をお鍋に合わせて加熱しておきます。

    ついでに、おつまみで楽しんでおりましたエルブ・ド・プロヴァンス風味のかぼちゃの種もここに。
    程よい塩味を添えてくれます。

    白菜が十分やわらかくなったところに、水溶き葛粉を加えてとろみを添えます。
    お団子を加えてひと煮たち、スープジャーに盛って刻みネギとひねり胡麻を添えて出来上がり。

    20220127 00023.png20220127 00024.png





小ぶりなのに絶大な干し貝柱の存在感。
温かなスープにホッとする寒さですが、まだまだスープを楽しみたいのでもうしばらく寒さが続いてほしいとも思う昨今。

20220127 00003.png







table_s.gif





今朝の主食は冷凍うどんを半分こ。
すき焼きうどんに、こんがり焼いたお餅と温泉卵を添えました。

20220127 00002.png

昨年末、お中元で頂いた冷凍うどん。




お正月中に食べようね。
そう主人と話していたのですが、お節料理に飽きた頃にはそれお好み焼きだ、それ焼きそばだと、他のジャンクフードに先を越されて後回し。
冷凍庫を空けてくれないと金太郎イワシが買えない、そんな主人からの苦情に押され、とうとう朝食に登場することと相成りました。


20220127 00025.png

16センチのストウブにぴったりと収まる冷凍うどん。
なんだか楽しい。

20220127 00026.png






今日は甲状腺エコーの検査の日です。
もう少ししたら出かけましょう。
今日は上の階がリフォームの工事中、賑やかです。


col32-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:16 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月26日

野菜の押し寿司〜カラフル千枚漬け編

頂いた色も形も多種多様な大根、畑で収穫した紅芯大根。
我が家の冷蔵庫にはカラフルな大根で漬けた千枚漬けが並んでおります。
それらを使って、今朝は野菜だけの押し寿司を作ってみましたよ。

20220126 00004.png

最近ちょっと小麦粉使用のお昼ご飯が多いかな、ふとそう思いました。

週にいちど、特に月曜のお昼はご飯を使った主食をルーティーンにはしておりますが、小麦粉使用の主食は油やお砂糖を加えがち。
その楽しさからつい小麦粉を使ったお料理に走ってしまうのですが、折角ですもの、ご飯もしっかり食べましょうとにわかに思い立った今朝の押し寿司。

20220126 00005.png

圧力鍋で炊いたご飯で酢飯を用意し、既に漬け込んであるカラフルな千枚漬けを押し型に並べただけの野菜の押し寿司。
こんなカラフルな愛らしい色合いに仕上がるのなら、もっと多くの色合いの千枚漬けがあるうちに楽しんでおくべきでした。
これは楽しい。

20220126 00006.png

常備菜を並べるだけなので本当に簡単ではありますが、型から出して切り分けるのに技術を要することをすっかり忘れておりました。
ですがこの色合い、是非技術をみがいて我が家の定番料理にしたいものです。

20220126 00003.png





本当に簡単です。
・・・切り分ける工程を除けば、のお話ですが。

  1. ご飯を炊いて酢飯にします。
    お気に入りの寿司酢の配合です ☆彡

  2. ベジミートを熱湯に10分ほど浸してから、キッチンペーパーを敷いたザルにとって水を切ります。
    お酒・お醤油・みりんと合わせて炒りつけ、しっとりとしたベジミートそぼろに仕上げましょう。

    20220126 00007.png20220126 00008.png


  3. 押し型にラップを敷き込み、千枚漬けと柚子ジャムを並べます。

    20220126 00009.png

    次にアボカドの緑の部分を下に並べます。

    20220126 00010.png

    並べた具がずれないようそっと酢飯を重ねて均しましょう。
    ベジミートそぼろを上に散らします。

    この時、ベジミートそぼろを端ぎりぎりまで散らしてしまうと、切り分ける際にご飯が切断されてしまいます。
    端に余裕を残して。

    20220126 00011.png

    最後にご飯を重ねてラップで覆い、押し型で程よく押さえ込みます。

    20220126 00012.png

    しばらくおいて具がなじんだら押し型を上下返しましょう。

    20220126 00013.png

    ふふふ、この色合い。
    彩りに、冷凍してあったバタフライピーを添えました。

    20220126 00014.png

    そして切り分けます。
    ラップごと切り分けること、そして意外と包丁よりパンナイフを使うこと、今のところ私が言えるのはこの程度でしょうか。






il-plants5-thumbnail2.gif





主人の押し寿司は相当ダメージが強く、誤魔化すのに苦労致しました。

20220126 00002.png

昨日のおから蒸しパンサンド(☆彡)のフィリング、ひよこ豆のベジバーグをリメイクしたロールキャベツ。
蒸し干しにした紅芯大根のはりはり漬け。
同じく紅芯大根の葉っぱを使った煮びたし。





il-plants5-thumbnail2.gif





圧力鍋で炊いたご飯は、何故だか艶々に炊き上がります。

今朝のイワシは、先週煮たイワシのお酢煮の煮汁に新たなイワシを足して煮たもの。
今、イワシの旬なのでしょうか。
畑の帰りに店頭を覗くと、ちょうど良いサイズでお買い得価格のイワシが並んでおります。

20220126 00001.png

そうは言っても明日は木曜日。
舌の根の乾かぬ内から、明日焼くであろうパンのことを考えております。



kitchen1-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 14:15 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月25日

おから蒸しパンサンドウィッチ〜ひよこ豆のハンバーグ編

今日のお昼はサンドウィッチにしました。

すっかり我が家の定番となりました、オーブンでゆっくりと湯せん焼きするおから蒸しパン。
フィリングは、とろり濃厚なお気楽赤ワインソースをたっぷり絡めたハンバーグをゴロンとふたつ。
塩麴でやわらかな塩味を添えたキャベツもたっぷり。

20220125 00003.png

月にいちどのお客さまを訪ねた帰り、主人がいつも立ち寄るお豆腐屋さんがあります。

冷凍庫の空き具合を見て、その時いっしょにおからも買ってきてもらいます。
お豆腐屋さんのおからを100gずつに小分けして冷凍しておき、作りたい時に焼くおから蒸しパン。
意外とアレンジも豊富で、今日は極少量残っておりました、粉砕したペコリーノロマーノを加えたほんのりチーズ風味。

・・・多分主人は気づいていない程度のチーズ味ですけどね。

20220125 00006.png

今週末のお昼にカレーを拵えようと、お水に浸しておいたひよこ豆がありました。
ですがふと、今週はチキンソテーが食べたくなって主人もそれにあっさり賛同。

出来れば毎週カレーを作って欲しい。
そんな主人の気持ちは嬉しいけれど、それもね、なかなかね、叶う願いと叶わない願いがあること分かってほしいのです。

なので、戻したひよこ豆はハンバーグとなりました。
お肉を使用しないかわり、週末のチキンソテーの副産物、鶏油をこっそりひよこ豆生地に忍ばせて。
赤ワインとお好み焼きソースを使ったお気楽赤ワインソースをたっぷり絡めてボリューム満点のフィリングに。

20220125 00005.png

・・・そうそう、お正月用にと用意した『お好み焼きセット』もそろそろお片付けしなくては。

色々なお片付けの一環が寄せ集まった本日のお昼ご飯、ひよこ豆ハンバーグのおから蒸しパンサンドウィッチ。
無理強いしてハンバーグに落ち着いたひよこ豆ではありますが、鶏油のおかげか大変美味しいベジサンドと相成りました。

20220125 00004.png





◆チーズ入りおから蒸しパンの材料(野田琺瑯のレクタングル浅型Sサイズにひとつ分です)

  • おからパウダー 16g(生おから100gで30g程度のおからパウダーが出来ます)
  • ペコリーノロマーノ(ミルで粉砕して) 9g
  • サイリウム 5g
  • てんさい糖 3g
  • ベーキングパウダー 2g

  • 卵 2個
  • オリーブオイル 10g
  • オーツミルク 80g




    ◆ひよこ豆ハンバーグの材料

  • ひよこ豆(しっかり吸水させたもの) 
  • 高野豆腐
  • ひじき
  • オートミール
  • たまねぎ
  • 鶏油(鶏もも肉をソテーした時にでた脂です)
  • フルールドセル


  • 赤ワイン
  • お好み焼きソース
  • オイスターソース
  • 顆粒のコンソメパウダー
  • おろしにんにく
  • ガラムマサラ
  • シナモン
  • フルールドセル




◆作り方

  1. 前日のうちに生おからをオーブンで乾燥させます。

    凍ったままのおからをオーブンシートを敷いた天板の上にのせ、予熱なしの130℃で1時間35分。
    途中でフォーク等を使ってざっくりほぐし、オーブンが切れたら翌朝までそのままオーブン庫内に放ったらかし。

    完全に冷めてカラカラになったおからをミルで粉砕し、ザルでふるっておからパウダーの出来上がり。
    計量し、ペコリーノロマーノ・サイリウム・てんさい糖・ベーキングパウダーと一緒にザルに合わせておきます。

    20220125 00008.png
    20220125 00009.png20220125 00010.png


  2. 卵とオリーブオイルを合わせて泡だて器で混ぜます。
    オーツミルクを少しずつ加えて泡だて器でませましょう。
    今日はオーツミルクですが、アーモンドミルクでも豆乳でも、試してはおりませんが牛乳でも大丈夫かと。

    合わせておいたおからパウダーその他をザルでふるって加え、泡だて器で混ぜ合わせて準備完了。
    オーブンシートを敷いた琺瑯容器に流し入れて生地をならしたら、220℃に予熱したオーブン庫内へ。

    天板にお湯を張りって200℃で30分間ゆっくりと蒸し焼きにし、そのままオーブン庫内で粗熱をとります。

    20220125 00011.png20220125 00012.png
    20220125 00013.png


  3. おから蒸しパンはオーブンにお任せし、フィリングのひよこ豆バーグへと参りましょう。

    しっかり吸水させたひよこ豆の水を切り、ミルで粗く粉砕します。
    続いてざく切りにした高野豆腐もミルで粉砕し、合わせておきます。

    20220125 00015.png20220125 00014.png


  4. フライパンに粗みじんにした玉ねぎ・鶏油を合わせ、ゆっくりと炒め合わせましょう。
    3のボールに加え、乾燥した状態のひじき・オートミール・卵・お塩等を合わせ、しっとりするまでしっかりと捏ねましょう。

    形を整え、極薄く油をひいたフライパンに並べ入れて、先ずは片面を中火でしっかりと焼きかためたら火を弱め、蓋をしてじっくりもう片面も焼きましょう。

    20220125 00017.png20220125 00018.png
    20220125 00016.png


  5. 両面に焼き色をつけたひよこ豆バーグを一旦取り出します。
    赤ワインその他を加え、とろりとするまで軽く煮詰めたらひよこ豆バーグを戻し入れましょう。
    全体にソースをしっかり絡めて火を止めます。

    20220125 00020.png20220125 00019.png
    20220125 00021.png
  6. 千切りキャベツに少量の塩麴を合わせてなじませ、しばらくおいて水気をしぼります。

    20220125 00025.png

  7. 厚さを半分に切ったおから蒸しパンの表面に、マヨネーズとディジョンマスタードを満遍なくぬりましょう。

    20220125 00022.png

    キャベツをたっぷりのせてひよこ豆バーグを並べます。

    20220125 00023.png

    おから蒸しパンでサンドしたら、2枚繋げたワックスペーパーできっちりと包みます。

    20220125 00024.png

    ワックスペーパーごと半分に切って出来上がり。

    20220125 00026.png






table_s.gif





意外と手順が多岐にわたったので、今日のお菜は簡単に済ませましょう。
アロエドリンクとアガーを合わせたゼリーに、柚子のジャムとレモンのシロップ煮を添えたあっさりゼリー。

20220125 00007.png





  1. 予め柚子のジャムを容器に入れておきます。

  2. お水 120gとハーバライフ製のアロエドリンク 30gをお鍋に合わせ、しっかり混ぜたところにアガーを小さじ1/2ふり入れてよく混ぜます。
    アガーをしっかり溶かしたところで火にかけ、沸騰直前まで温めそっと容器に流し入れましょう。
  3. 表面に浮いた泡を取り除き、レモンのシロップ煮を添えます。
    後は室温に置いておけばフルッとかたまりますよ。





こってり赤ワインソースのサンドウィッチにぴったり。
柚子とレモンがほろ苦いあっさりゼリー。
おから蒸しパンはしっかりお腹がふくれますから、この組み合わせがベストかと。

20220125 00002.png





table_s.gif





今朝の主食は、ミルをフル稼動させた山芋とろろをお蕎麦にのせて。
お魚はしめ鯖とアボカド・スライス玉ねぎの組み合わせ、火曜日の定番です。

20220125 00001.png

どう使おうかと思っておりました鶏油がすっきり片付き、只今達成感に満ち満ちております。
まだまだお片付けすべき食材は山盛りですが、まぁ明日また頑張りましょう。

今日はお酒を控え、プロテインで軽く夕食を済ます火曜日です。
明日の朝食が普段以上に楽しみな火曜の夜。
そろそろシーツの乾燥が終了した頃合いでしょうか。



illust-handmade1-thumbnail2.jpg




posted by しんさん at 14:24 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月24日

アンチョビと干し貝柱の炊き込みご飯〜タコのから揚げ天むす風

金曜の昼下がり、ちょっと寄り道をして鰆のお刺身と『タコ』を手に帰宅した主人。

鰆のお刺身はもちろん主人がぺろりと平らげました。
お刺身を口にしない私にと、主人が買ってきてくれた『タコ』を残しておいて本日月曜日のお弁当に。

ふわりと握ったご飯の上には、タコのから揚げ。
今日のお昼は、タコカラの天むす風ですよ。

20220124 00005.png

しっかりと生姜風味をまとったタコのから揚げ。
つまみ食いをした主人の目が輝きます。

タコのから揚げも良いけれど、ご飯にも注目してほしいところ。
週末に使用した開封済みのアンチョビをご飯に炊き込んでみました。
アンチョビだけではつまらないと、同じく週末のチキンソテーに添えたマッシュルームも。
ふと思いついて、干し貝柱も入れて炊き上げたご飯。

20220124 00003.png

アンチョビとマッシュルームと干し貝柱の炊き込みご飯。
アンチョビの風味が吉と出るか凶と出るか、そんな不安は取り越し苦労。

20220124 00006.png
言われればアンチョビかな?
程度の、アンチョビの存在感のなさが程よく美味しい、艶やかなご飯が炊き上がりましたよ。
そして意外と顕著な干し貝柱の旨味。
炊き込みご飯って本当に面白い。

そんな炊き込みご飯でタコのから揚げをふわりと包んだ小ぶりな三角お結び。
主人が気に入らないハズがない、そんなお昼ご飯で今週はスタートです。

20220124 00007.png





コツも手順もあってないようなもの。

いつも通りに洗って水切りをしたお米、十六雑穀に押し麦、もち麦、蕎麦の実を合わせてストウブに。
お酒を足していつも通りの水加減にし、干し貝柱にマッシュルーム、刻んだアンチョビを散らします。
アンチョビのオイルもちろりと回しかけましょうか。

20220124 00008.png

後はいつも通りに炊いて蒸らすだけ。

20220124 00009.png

蒸らしが終わって蓋を開けた瞬間のこの満足感。

20220124 00010.png





タコのから揚げも本当に簡単。

  1. ぶつ切りにしたタコをビニール袋に。
    お醤油とおろし生姜(桃屋の刻みしょうがをぞっこん愛用中)を合わせて揉み込み、しばらくおいたら米粉を加えて全体にまぶします。
    突如マッシュルームが乱入しておりました。

  2. 中温に熱した太白胡麻油でカリッと揚げれば出来上がり。
    油がハネるので、油はね防止ネットの使用を強くお勧めします。

    20220124 00011.png20220124 00012.png
    20220124 00013.png




タコのから揚げがチョコンっと顔を出すよう、ふわりとご飯で包んで三角お結びに。

20220124 00014.png







il-plants5-thumbnail2.gif





日曜の畑の帰り、綺麗なイワシをマックスバリュで見かけました。
早速前回のお酢煮の煮汁を有効利用、梅干しを足し、日本酒も足しして、ぶつ切りにしたイワシを煮つけました。

そのまま鍋代わりにもなる琺瑯製の保存容器って本当に便利。

20220124 00004.png





畑と言えば、今シーズン絶好調だった紅芯大根の栽培もおしまいです。

全部抜いて、大根は蒸し干し大根に、葉っぱはさっと下茹でして冷凍しておきました。
紅芯大根の葉っぱ、茹でる前はちょっとチクチクして、はてさてこれは食材として大丈夫かしらとも不安でした。
いえいえ、きちんと冷凍すれば本当に便利で美味しい、そして彩りにもなる頼れるヤツなのです。

紅芯大根の葉っぱ、最近お気に入りの料理が煮びたし。

  1. お酒・みりん・だし醤油・お出汁を琺瑯容器に合わせて煮立てます。
    今日は細切りにした干しシイタケも追加して。

  2. 紅芯大根の葉っぱは、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、巻きすを使ってしっかり絞った状態で冷凍してあります。
    半解凍の状態でラップを外して食べやすい長さに切りそろえます。

    煮立てた合わせ調味料の火を止め、熱々の状態で半解凍の紅芯大根の葉っぱを漬け込むだけ。
    はい、冷めれば出来上がり。

    シャキッとした食感、鮮やかな緑、箸休めにもぴったりなのです。

    20220124 00015.png20220124 00016.png






もう一品、鴨蕎麦にした合鴨のロースト(市販品)の残りを使って、合鴨とネギの治部煮風。

  1. ネギの白い部分はぶつ切りにし、油をひかずにお鍋でコロコロ転がしながら焼き色がつくまで焼きます。

  2. お鍋にお出汁・お醤油・みりんを合わせて煮立てましょう。

  3. 合鴨のローストに米粉をまぶします。
    横着して、タコのから揚げに便乗させてもらいました。
    煮立ったお鍋に加えてさっと加熱して、ハイ、出来上がり。

    20220124 00017.png20220124 00018.png
    20220124 00019.png





あら、なんだかとってもお弁当らしいお弁当です。

20220124 00002.png





il-plants5-thumbnail2.gif





先週は鯖の味噌煮やイワシのお酢煮、なかなか焼き魚の出番に恵まれませんでした。
今朝は久しぶりの西京漬け、久しぶりの鯖・・・

気合だけが先走ってしまったのでしょうか。
トホホな真っくろ焦げ。

20220124 00001.png

大丈夫だよ、致命的ではないよ、美味しいよ。
そう慰めてくれる主人。
そうよ、あなたのはまだマシな焼き色だったのだから。





タコのから揚げ、このいわゆる居酒屋メニューを主人は大変お気に召した様子です。
そして大変嫌な予感。

主人が『タコ』を大量に購入する、そしてもはやその計画を着々と進めている・・・
そんな気がするのは私の間違いであってほしい。
冷凍庫の中には、まだまだ『アジフライ』が大量に眠っているのですから。




・・・予感は的中。
年末の特定健診の結果を聞きに行ったかかりつけ医の待合室で、ピロロと主人からのメッセージ。
『タコ、いっぱい買うからね』


2018-06-28T14_19_54-fb2ae-thumbnail2-78ff6-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:13 | Comment(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

うっかりタルト〜オートミールのタルトカップ・お砂糖不使用のかぼちゃ麹餡

今年の年明け早々、主に製菓食材の調達で時折お世話になっております『cotta〜コッタ』でお買い物を致しました。
たいへん幸運なことに新春セール真っ只中、以前よりちょっと気になっておりました品物を格安で購入することが出来ました。

早速それらを使って本日のお昼ご飯。

20220121 00008.png

小さな小さなひと口サイズのタルトです。

cottaさんで購入したのは、シリコン製のメッシュ状シートで出来たタルト型。
そしてちょっと大ぶりなクッキー型。

20220121 00004.png

このタルト型、やわらかなメッシュ状シートで少々頼りない気も致しますが、とんでもない。
大変優れたお品で、兎にも角にもタルトが気楽にストーンなしでピケもなしで簡単に楽して出来る、頼りになる小道具なのです。

クッキー型で抜いた生地を敷き込んで焼いても良し、また型を逆さにして生地を型の裏側に沿わせて焼いても良し、と。

そんな新しい小道具についのぼせ上がってしまったのでしょうか。

オートミールをたっぷり使ったざくざくクッキー生地のタルト台。
つなぎ程度に薄力粉を加える予定が、あららうっかりミス、全粒粉強力粉を加えておりました。

極少量残っておりました手作りの黒胡麻ペーストを生地に混ぜ込んで、風味良く焼き上がったオートミール生地のタルトカップ。
これで薄力粉と強力粉を間違えなければ、いったいどんな生地に仕上がっていたのか、そう思っても後の祭り。

20220121 00005.png

予定ではタルト型にオートミール生地を敷き込んで、底の深いタルトカップを焼くはずでした。
ですがそういった訳で生地を敷き込むのに無理が生じ、仕方なくタルト型をひっくり返して焼いたオートミールのタルトカップ。

見た目よりはフィリングがたくさん入ってひと安心。

・・・そうそう、フィリングはお砂糖を使用せず、麹と合わせて発酵させ甘さを引き出した『かぼちゃ麹餡』です。
先週のベーグルサンドにも使用した(☆彡 2022年01月13日)かぼちゃの麹餡を、オートミールのカップにたっぷりと詰め込みました。


20220121 00006.png

せっかく麹で発酵させたかぼちゃ麹餡、出来れば加熱しないで麹の威力を存分に発揮させてあげたいもの。
焼かずに、オーブンの余熱で溶かしたチョコレートとナッツ数種で仕上げます。

これならゆるいかぼちゃ麹餡が主人の移動中に流れ出ることもなく、麹の恩恵に十分に与ることが出来ますものね。


20220121 00007.png





◆オートミールのタルトカップ(直径6センチのタルト型に8つ分と、おまけのクッキー付き)
  • オートミール 60g
  • アーモンドプードル 15g
  • 全粒粉強力粉(次回は薄力粉で) 40g
  • てんさい糖 20g
  • 卵 1個
  • 黒胡麻ペースト 10g
  • ココナッツオイル 20g



◆かぼちゃ麹餡(作りやすい材料です)
  • かぼちゃ 正味320g弱
  • お水 150g

  • 米麹 60g




◆作り方


  1.  ※先週のベーグルサンドの際に使用したかぼちゃ麹餡。
      当日の備忘録に手順を記載し損ねてしまったので、ここに残しておきます。

    先ずは皮をむいたかぼちゃとお水をお鍋に合わせ、ぴったりと蓋をして20分、かぼちゃが十分にやわらかくなるまで加熱します。

    これをスパチュラでつぶし、60℃程度に冷ましてから米麹を加えよく混ぜます。
    ヨーグルトメーカーに移し、60℃で7時間。

    20220121 00009.png20220121 00010.png
    20220121 00011.png


    ブレンダーでピュレ状にして出来上がり。
    穏やかな甘さのかぼちゃ麹餡、言うなればかぼちゃの甘酒ペーストといったところでしょうか。

    20220121 00012.png

  2. タルトの備忘録へと戻りましょう。

    オートミールはミルで粉砕します。
    アーモンドプードル・全粒粉強力粉・てんさい糖も加えてミルで撹拌しましょう。

    ボールに卵と黒胡麻ペーストを合わせてよく混ぜます。
    合わせたオートミール粉末を加え、スパチュラで切るように混ぜ込みましょう。
    湯せんで液状にしたココナッツオイルを加え、さっくりと混ぜ込みます。

    20220121 00014.png20220121 00015.png
    20220121 00016.png


    大きめにカットしたラップの上に移し、形を整えながらぴったりとラップで包みひと晩冷蔵庫へ。

    20220121 00013.png

  3. ようやく、ここからが今朝の作業です。
    ひと晩ゆっくりと冷蔵庫で休ませたオートミール生地をめん棒でのばします。

    20220121 00017.png

  4. タルト型を裏返し、クッキー型で抜いたオートミール生地をそっと型の中央にかぶせましょう。
    切れ端を重ねてめん棒でのばし、型で抜いては型にかぶせていきます。

    20220121 00018.png

    最後に残った生地は小さな小さな丸型で抜いておまけのクッキーに。

    20220121 00019.png

    予熱したオーブンに移し、設定温度 160℃で30分・・・
    ・・・のハズがここでもケアレスミス、設定温度が170℃になっておりました。

    こんがり色黒なのは、黒胡麻ペーストのせいだけでもないですよね、きっと。

    20220121 00020.png

  5. 焼き上がったオートミールカップにかぼちゃ麹餡を詰めます。
    絞り出し袋に入れるのをお勧めしますが、そこは気楽に。

    ビターなチョコレートを上にのせ、余熱が残るオーブン庫内へ。

    20220121 00021.png

    チョコレートがとろりととろけるまで庫内に放置しましょう。

    20220121 00022.png

    ナッツ類は必要なものは予め予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストして冷ましておきます。
    とろりととろけたチョコの上に散らし、後は自然にチョコレートが冷えてかたまるのを待てば出来上がり。

    20220121 00023.png






w-line84-thumbnail2.gif





さて。
今日も温かなスープを拵えました。
以前からいちど作ってみたかったスープ、冷凍あさりを使ったお気楽クラムチャウダーです。

あり合わせではありますが、これは絶対に主人が大喜びするタイプのスープですよ。

20220121 00003.png





  1. バター・玉ねぎ・小ぶりな乱切りにした人参をお鍋に合わせ、ゆっくりと炒め合わせましょう。
    ここにざく切りにした白菜も加えて炒め、しんなりしたところで米粉を加えて全体になじませます。

  2. アーモンドミルク(もちろん豆乳や牛乳でも)を加えてなじませたら、スープストックでのばします。
    冷凍あさりとマイタケを加えてひと煮たち。
    お塩・オイスターソース・ナンプラー・極少量の白だし醤油で味付けをしてスープジャーに盛付けましょう。

    白胡椒を軽く挽いて出来上がり。

    20220121 00024.png20220121 00025.png
    20220121 00026.png






使い捨てのプラスチック容器をさかさまにして。
これならゆるいかぼちゃ麹餡でも安心して持ち運び可能、重ねることも出来るのでお弁当でも大丈夫。

20220121 00001.png





w-line84-thumbnail2.gif





今朝の主食は伊勢うどん。


毎週金曜日の朝は伊勢うどんの釜玉風、これが我が家の週間ルーティンだったのですが大変な事態となりました。
イオンネットスーパーでいつも買っておりました釜玉うどんが、最近突如取り扱い中止となったのです。

20220121 00002.png

さぁ大変。
『よし、僕に任せたまへ』
そう胸をたたいた主人が取り寄せてくれた伊勢うどんが10個、早速今朝から試してみましたが・・・

がっくりと首を垂れる主人と私。
違う、これじゃぁない。





冷凍あさりの品切れに続き、伊勢うどんまで販売中止のイオンネットスーパーさん。
ま、しばらくは代替品で楽しむと致しましょう。

代替品の美味しくない伊勢うどんがあと9袋残っていますけどね。


col36-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 14:24 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする