2019年06月26日

プロテインラボ脱線編 〜 アロエドリンクゼリーとバニラプロテインのお星さま

訳あって、ハーバライフのプロテインパウダーを使ったお料理 (主にスイーツですが) を楽しんでおります。
名付けてプロテインラボ、もちろん研究員はわたしひとりですけどね。

先週でプロテインラボの活動は一旦休止するつもりだったのですが、プロテインを使用したレシピを考えるのが面白くてつい。
当初の目的そっちのけで、完全にこれら高価なプロテインパウダーで遊び始めてしまったようです。

本日のプロテインスイーツはこちら。

20190626 00001.png

可愛いでしょ?
愛用致しておりますプロテインと同じハーバライフさんの製品、 “アロエドリンク” をアガーでかためたゼリーです。
畑で収穫したビーツの茎部分を使い、ほんのりピンク色に染めてみましたよ。

そして今日の自慢はこちら。

20190626 00003.png

バニラ風味のプロテインパウダーを同じくアガーでかため、お星さまにして散らしてみましたよ。
名付けて “お星さまになったお義父さん”

・・・あ、ごめんなさい、不謹慎だったかしら。

20190626 00002.png

残念なことに、いちばん食べてもらいたかった義母の口には入らなかったことだけが心残り。
今日は主人が色々立て込んでいて実家には寄らないのですって。

20190626 00004.png

バニラ風味のプロテインパウダーのお星さま、マンゴー、ブルーベリーをたっぷり散らしたほんのりピンクのふるふるアロエドリンクゼリー。
プロテインラボ、今日は少々脱線編です。






◆材料(245tのメイソンジャーに控えめふたつ分 + 200tのサンプル分)

  • バニラ風味のプロテインパウダー 大さじ2
  • アガー 小さじ2
  • 豆乳 200t

  • アロエドリンク 大さじ4
  • お水 100t
  • アガー 小さじ2
  • 炭酸水 250t
  • ビーツの真っ赤な茎部分 適量
  • 冷凍ブルーベリー・冷凍マンゴー 各適量

    20190626 00008.png
    本日使用したハーバライフ製品はこのふたつです。




◆作り方
  1. お星さまのプロテインゼリーから。

    プロテインパウダーとアガーをお鍋に合わせてよく混ぜ合わせます。
    ここに人肌程度に温めた豆乳を少しずつ加え、スパチュラでダマにならないよう混ぜながら沸騰直前まで温めます。
    泡だて器だと鍋底の隅にプロテインパウダーが残りがちなので、スパチュラをお勧めします。

    容器(野田琺瑯レクタングル浅型 Sサイズにぴったりです)にザルで濾しながら流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に移して冷やしかためましょう。

    20190626 00011.png20190626 00012.png
    20190626 00013.png
  2. アロエドリンクのゼリーに進みます。

    アロエドリンクとお水をお鍋に合わせて人肌程度に温めます。
    アガーを出来るだけかたまらないようにふり入れ、スパチュラで混ぜながら沸騰直前まで温めてアガーを完全に煮溶かしましょう。
    ビーツの茎を加えてひと呼吸おき、徐に室温の炭酸水を注いで人肌よりやや熱めに温めます。

    20190626 00014.png

    炭酸水を加えたらサイダーゼリーっぽくなるかと思ったのですが・・・
    普通のお水でも多分変わりないかと。

  3. アロエゼリー液を少量そっと器に注ぎます。
    氷水で冷やしながら、少しかたまったところにお星さまで抜いたプロテインゼリー・冷凍マンゴー・冷凍ブルーベリー等を散らします。

    20190626 00015.png

    アロエゼリーがかたまったらその他を散らす、を数回繰り返しながら全体に彩りよく仕上げましょう。

    20190626 00009.png

    涼し気なアロエゼリーの出来上がり。

    20190626 00010.png




table_s.gif





今日は主人がいつもより30分早く出勤する日です。
そんな時助かるのが手間のかからないクスクス。

炭水化物ダイエットをしている訳ではないので、当然炭水化物を使ったお料理も添えないとね。
クスクスに在庫食材を足してサラダ風に。

20190626 00007.png





  1. クスクス適量をボールに移し、オリーブオイルとフルールドセル各適量をふります。
    スープストックを煮立て、クスクスと同量分を上から回しかけましょう。
    泡だて器で混ぜ合わせ、蓋をして10分間。

  2. その間にアーモンド適量を予熱なしのオーブン160℃で10分ローストし、粗く刻んでおきます。

  3.  
  4.  
  5. 1のクスクスをふんわりと混ぜてほぐし、アーモンド・たっぷりのみじん切り・さいの目に切ったズッキーニ・刻んだビーツグリーン(ビーツの葉っぱ、ここでは真っ赤な茎部分だけを使いました) を加えて和えれば出来上がり。

    容器に移し、ピクルスにしたビーツや作り置き料理の夏野菜らを添えます。

    20190626 00016.png20190626 00017.png
    20190626 00018.png




さて、不本意ながらひとつ余ってしまったアロエドリンクゼリー。
後ほど赤紫蘇を摘みに畑に向かう予定でおりますので、多分畑にいるであろう母親に食べてもらうと致しましょう。

20190626 00006.png





table_s.gif





今朝の主食は冷たいお蕎麦。

先程、主人が何か月も前から楽しみに致しておりました高級素麺が届きました。
今宵は素麺をすすりながら日本酒でしょうか。
そして明日はするするっと素麺主食の朝食でしょうか。

20190626 00005.png

ビーツを収穫するともれなくついてくるビーツグリーン、要はビーツの葉っぱです。
大根や蕪をご自身で育てたことのある方なら経験あるかと存じますが、根菜類の葉っぱってやがては邪魔者扱いされることが多々あります。

特にビーツは実が小ぶりな割に葉っぱは大ぶり。
その色合いのせいもあってお料理方法を選ぶ食材ですので、実は私も少々ビーツグリーンの扱いに少々飽きてきた頃合いです。




なので今朝はちょっと横着。
お味噌汁の中に刻んだビーツグリーン、ゼリーの着色やクスクスに使ったビーツグリーンの残り、葉っぱ部分を刻んでこっそりと忍ばせてみました。

毒々しい赤色が溶け出ることを想定した赤味噌多めのお味噌汁。
もちろん主人はいつも通り、いえ、いつも以上に “美味しい” を連発しておりました。
しめしめ。




さ、今夜からの雨に備えて畑で赤紫蘇を摘んで参りました。
梅干し第2工程へと移ります。

kit32.gif

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 14:30 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする