2017年06月29日

常備菜の有効利用

盛夏の暑さではない、梅雨の季節特有の暑さに早くもぐったりしております。

“無理しなくていいからね、お弁当もお休みしてのんびりしなよ” そんな主人のお言葉に、じゃ、心置きなく甘えさせていただくと致しましょう。
頂いたじゃが芋、茄子を琺瑯容器に詰め込んで、ちょちょいのちょいのお弁当。

オーブンの熱くらいは我慢しないとね。
色とりどりの野菜を詰め込んで、オーブンで焼けばそれで出来上がり。
タイムの風味を効かせた夏野菜のオーブン焼きです。





オリーブオイルに浸けたマッシュルーム (☆彡) に助けられました。
常備菜や保存食って本当に頼りになります。
そして野田琺瑯の容器にも。
  • マッシュルームを浸けたオリーブオイルを容器に流し、野菜をぎゅうぎゅうに詰め込みます。

    じゃが芋は切り離さないように細かな切れ目を入れ、予め加熱をしておきましょう。
    目下のところ、我が家の電子レンジは相当の確率で使えません。
    こんな時頼りになるのがやっぱり圧力鍋、3分加圧で程よい火の通り具合。

    じゃが芋を真ん中にし、トマト・パプリカ、細かな切れ目を入れた茄子・・・どんどん詰め込みます。
    タイムの枝を上にあしらい、マッシュルームを浸けたオリーブオイルを上からも回しかけます。

    隙間にマッシュルームを詰め込んで、180℃に予熱したオーブンで20分も焼けば出来上がり。
    お好みで黒胡椒をたっぷり挽きます。











幼少期、幼稚園の給食で出されてどうしても食べられなかったお料理、茄子の姿煮。
その真っ黒なお料理に、どうしても食が進まず頑なに拒否した記憶があります。
でも、今考えてもこれはメニュー構成に問題があったのではないかと自分を正当化致しております。
子供にこれはありません、真っ黒で長い茄子がごろんっとアルマイトのお皿に乗っている、ってねぇ。

もちろん今は大好きです。
圧力鍋を出したついでに、お出汁を張って切れ目を入れた茄子とシメジ、3分加圧して出来上がり。

常備菜が冷蔵庫に詰まっておりますので、この茄子、朝食の一員には致しません。
冷蔵庫で冷やして、味が十二分に馴染んだ夜にまた再会致しましょう。





バテ気味だと申しつつ、しっかり朝食は並んでおります。

具沢山のお味噌汁のお隣には、主食のお素麺、夏はやっぱりお素麺。
すりおろしキュウリをたっぷりあしらい、大胆に明太子を添えてみました。
意外な組み合わせですが、なかなかいけます。
但し、敢えて明太子を買ってまではしませんけどね。






  • しめ鯖で拵えた夏野菜の南蛮漬け風。
    今朝は更に新たにしめ鯖を足して、合わせ酢まで綺麗にお片付け。
    昨日のように揚げ物をする気力には欠けますので、片栗粉を薄くまぶしてオーブントースターへ。

    意外とかりっと仕上がるものです。





蒸し暑いだ何だとボヤいてはおりますが、ベランダのアジアンハーブ達はすこぶる元気です。

発芽率が驚異の120%との評判を聞きつけて購入致しましたホーリーバジル。
噂通りの発芽率。

畑に植え替えた後、残った種を撒いて第2段に挑んだところ、更なる発芽率を披露してくれました。
今年の夏はガバオライス、聖なるバジルで心も体も浄化する所存でございます。





あまりに弱々しいカモミールに見切りをつけ、主人が放ったらかしにしてあったパクチーの種を重ねて撒いてみました。
前回主人が撒いた時は、日照不足でスプラウト状態のまま息絶えた可哀そうなパクチーら。
一斉に芽を出しました。

文字通り日に日に成長する逞しいパクチー連。
畑のパクチーの旬が終了した今、期待はこの子らに注がれております。





さ、明日は待ちに待った金曜日。
なんだか蒸し暑さも気にならなくなりました。
上の画像より目に見えて成長しているパクチーに、ふてぶてしさすら感じております、可愛いヤツめ。

Sponsored Link

Sponsored Link

posted by しんさん at 16:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする