2020年09月25日

小麦粉、お砂糖、バター使いません〜ざっくざくオートミールクッキー

週末です。
今週頭に明けた4連休中に飲み過ぎた埋め合わせも順調に運び、主人の体重を含め体調は二人ともがまずまず良好。
今宵は金曜日、ちょっとだけお酒を多めに飲むことでしょうし、お昼は軽めのクッキーにしましょうか。

20200925 00005.png

今まででいちばんお気に入りの焼き上がり、ざっくざくのオートミールクッキーです。
小麦粉、バター、ついでにお砂糖を使用せずに焼いたザクザク、そして何より簡単なクッキー。
甘さはぐっと抑えてありますが、じっくり噛むことでドライフルーツやオートミールの素朴な風味が活きる私好みの味に仕上がりました。

20200925 00004.png

あまりに簡単なので今朝はちょっと時間にも余裕がありました。
ちょっと積んでみたりして。

ボールにどんどん足して混ぜていくだけなので本当に簡単ですよ。

20200925 00003.png





◆材料(小ぶりなクッキー7〜8個分といったところかしら)

  • オートミール 40g
  • ナッツ 45g(胡桃・カシューナッツ・アーモンドを各15gずつ使用)

  • 卵 1/2個(よく溶きほぐした状態で30g)
  • ココナッツオイル 大さじ2

  • プロテイン(ザバス〜SAVAS〜ウエイトダウンヨーグルト風味使用) 15g
  • アーモンドプードル 15g

  • ドライフィグ 15g
  • バナナチップス 15g





◆作り方

  1. オートミールとナッツは合わせてローストします。
    予熱なしのオーブン 160℃で10分間、我が家のオーブンではこれがお約束。

    20200925 00009.png

  2. よく溶きほぐした卵にココナッツオイルを2回に分けて加え、その都度泡だて器でしっかりと混ぜ合わせましょう。
    アーモンドプードルとプロテインを加え、スパチュラで混ぜ込みます。

    20200925 00008.png

  3. 1のナッツ類をざっくり刻み、オートミールと一緒に加えます。
    バナナチップス、刻んだドライフィグも加え、スパチュラで混ぜ込みましょう。

    20200925 00010.png

  4. ぎゅっと強く握って生地をまとめてからざっくり成型し、オーブンシートを敷いた天板に上に並べます。

    20200925 00011.png

    200℃に予熱したオーブンへ移し、設定温度を170℃にして30分。

    20200925 00012.png

    焼きあがったらそっと網の上に移して冷ませば出来上がりです。
    ざっくざくですよ。

    20200925 00006.png





line19.gif





1/2個分残った溶き卵、極僅かではありますがボールに残ったオートミールやナッツ類、双方まとめてお片付け。
鯖缶バーグでお片付け。

20200925 00001.png





  1. ボールに蒸し大豆とアンチョビを合わせ、フォークでざっくりとつぶします。
  2. 水を切った鯖缶、粗みじん玉ねぎとマイタケ、乾燥ひじき(戻さずそのまま)、溶き卵、コーンスターチを加えてよく捏ねまとめ、茶こしで米粉をふった青紫蘇の上に。

    20200925 00016.png20200925 00013.png
    20200925 00007.png


  3. フライパンに極薄く胡麻油をすり込み、手でぎゅっと握って青紫蘇を鯖缶生地に密着させながら並べます。
    両面こんがり焼いたら最後は味付け。

    20200925 00014.png

  4. 甘酢漬けみょうがの漬け汁にお醤油・オイスターソースを足して煮詰めます。
    鯖缶バーグに絡めて出来上がり。
    週末恒例のお片付け料理は今宵の日本酒のお供にも。

    20200925 00015.png






line19.gif





今朝は冷凍ご飯でさらに楽をさせてもらいました。
各地から取り寄せては自分たち好みの味を目下探求中のサバ、尾鷲のサバは今日で最後です。

20200925 00002.png

いつもね、サバの向きが気になるのです。
Googleさんに相談してもイマイチ明確な回答は得られません。

毎朝焼き魚を盛りつける際、朝食目前でワクワクが止まらない主人にどちらが良いかを尋ねます。
主人は大抵中骨のない上身を選ぶのですが、今朝、主人はほんのわずかな大小の差に惑わされ中骨のついた下身を本能的に選択しました。

2枚おろしにした上身のサバの盛り付け方。
こんなことも分からないまま半世紀以上過ごしてしまいました。





さ、今日は月にいちど、歯医者さんの定期健診です。
帰りに西友さんに寄って、主人が好きなカツオのお刺身かたたきを調達して参りましょう。
今夜はお待ちかねの日本酒です。



mono122.gif
posted by しんさん at 13:27 | Comment(0) | プロテインラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

これで最後、カラフル4色白玉団子パフェ

冷蔵庫の隅で所在なげに鎮座しております資生堂のコラーゲンドリンク、いよいよ最後の1本となりました。
コラーゲンの黄色、バタフライピーティーのブルー、ビーツのピクルス液を使った赤、そしてお豆腐の白、4色の白玉団子もこれが最後。
今日は黒胡麻と豆乳のフルフルブラマンジェと合わせてみましたよ。
最後のカラフル4色白玉パフェです。

20200924 00003.png

発売当初から日々愛飲して参りました同品ですが、些細な不具合によりサントリー製を試した結果あっさり過ぎる鞍替え。
依頼サントリー製のコラーゲンドリンクを愛飲しております。
それに伴い、資生堂製コラーゲンはお片付けしたいものリストの仲間入り。

主人と半分こしてみたりお名残り惜しさもありましたが、コラーゲンが残り数本となったところで白玉団子に使うという荒技を見出しました。
淡い黄色のコラーゲン白玉は味もほんのりピーチ味(かな?)、見た目も味もお気に入り。
4色の白玉団子が並ぶ姿に目を細めるのもこれで最後でしょう。

20200924 00007.png

白玉団子の下には、アガーでフルッとかためた豆乳ブラマンジェ、そして黒胡麻ペーストを加えた黒胡麻ブラマンジェ、2色のブラマンジェが層になっています。

合わせた餡は緑豆餡。
緑豆、もち麦、ココナッツシュガー、ココナッツミルクを使った甘さ控えめの餡を小分けにして冷凍しておきました。
解凍して添えるだけなので楽々です。

20200924 00002.png





◆少々値の張る黒胡麻ペーストはミルで手作り

  1. 黒胡麻と少々の胡桃を合わせ、予熱なしのオーブン 160℃で10分ローストします。
  2. ミルに移し、しっとりするまで撹拌します。
    しっとりしたところで太白胡麻油を少しずつ加えてペースト状に仕上げましょう。

    20200924 00010.png
    20200924 00011.png20200924 00012.png


    黒胡麻ペースト完成、バタフライピーティーの蒸らしも終わりましたよ。

    20200924 00009.png






◆アガーを使った簡略版豆乳ブラマンジェへと進みます。

  1. 乾いたお鍋にてんさい糖 15g、アガー 6gを合わせてよく混ぜ合わせます。
    豆乳 400tのうち、先ずは100t程度を加えてよく混ぜ合わせましょう。
    その後残りの豆乳を注いでよく混ぜてから、徐に中火にかけて沸騰直前までゆっくり混ぜながら温めます。
  2. 出来上がった黒胡麻ペーストを25g程度ボールにとり、豆乳を少量加えてよくなじませます。
    黒胡麻がよくなじんだところで半量程度の豆乳を加え、デーツシロップをちろりと加えてそっと混ぜます。

    20200924 00013.png

    容器にそっと注ぎ、氷水をあてて冷やしかためましょう。

    20200924 00014.png

  3. 黒胡麻ブラマンジェがかたまったら、豆乳ブラマンジェ液をそっと注ぎます。
    お鍋の中でかたまってしまっていたら、軽く温めればすぐ液体になります。
    粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、しっかりと冷やしかためましょう。

    20200924 00005.png

  4. その間に4色白玉団子の準備へ。

    白玉粉と液体は大体同量、1:1ではありますが、液体は僅かに控えめにして様子を見ながら足すのがよろしいかと。
    白玉粉 30gに対し、コラーゲン・バタフライピーティー・ビーツのピクルス液は各25g加えて先ずは捏ねます。
    その後極少量ずつ液体を足して程よいかたさに仕上げましょう。

    お豆腐白玉は、白玉粉 1に対してお豆腐 2弱。

    それぞれ耳たぶ程度のかたさにまとめ、包丁で等分して丸めましょう。
    たっぷりの熱湯でそっと茹でて氷水にとりますが、ビーツ白玉だけはいちばん最後に。
    色移りしてしまいますからね。

    20200924 00016.png20200924 00015.png
    20200924 00017.png


  5. 2食の豆乳ブラマンジェもかたまり、緑豆餡も解凍完了。
    これで準備完了です。

    20200924 00008.png

    後はブラマンジェの上に白玉団子を並べ、中央に緑豆餡を盛って出来上がり。
    いつもならば胡桃もトッピングするところですが、今日は黒胡麻ペーストに使用しましたからね。

    20200924 00004.png

     




table_s.gif





黒胡麻ペーストをミルで仕込む前に、毎朝の納豆に忍ばせるチアシートを粉砕しました。
そんな余計なことをしているから時間に追われるのです。

おまけに今朝は何だか不運続き。
せっかくフルッとかたまった黒胡麻ブラマンジェを氷水の中で転覆させてしまうし、豆乳ブラマンジェを注いだ後も派手に氷水浸水の不運。
すべて私が悪いのですが・・・

20200924 00001.png

と、言う訳で今日のお菜は作り置きしておいて助かった人参サラダ、これだけです。





table_s.gif





そう、我が家の食事は絵にかいたような尻すぼまりです。

朝は炭水化物もたんぱく質も発酵食品もがっつり。
お昼は一応炭水化物も少々。
そして夜は炭水化物なし、量も控えめ、主人は寝る前から翌日の朝食を楽しみにしております。

今朝は作り置き料理でもある山芋の漬け活用編。
漬け汁ごとミルでとろろ状にしてお蕎麦の上にたっぷりトッピング、漬け汁もろともお片付けといった塩梅です。

20200924 00006.png

夏の間は平日毎日拵えた茄子のお味噌汁。
胡麻油で焼き色がつくまでしっかり炒めた茄子のお味噌汁が主人のお気に入りでしたが、そろそろ茄子終わり大根に替わる頃合いでしょう。

イオンのネットスーパーでは茄子は品切れ、代わりに青首大根がお手頃価格になっておりました。
今日は木曜日。
3時過ぎたら土曜日の午前中に届けて頂くお買い物を完了しなければ。




daisy2-thumbnail2.jpg





posted by しんさん at 14:14 | Comment(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

お家で過ごした連休明け、慣らしのカラフル太巻き寿司

笑ってしまうくらいお家から一歩も外に出ないまま、2020年のシルバーウイークが明けました。
新型コロナに伴う外出自粛以降いちばんの人出だと、SNSやテレビの賑わしい画像を横目にずっとお家。

朝ごはんを軽く済ませたら主人はお昼までお部屋にこもってひたすらお仕事。
私はその間に軽く家事を済ませたりでいつも通りの生活。
あ、いえいえ、一歩も外に出なかった訳ではありません。
畑に行ったり、その帰りに寄り道をして段ボールを捨てたり、主人に至っては地下室までワインを取りに行ったり。
マルチを張ってビーツやほうれん草の種撒きも終え、なかなか充実したストレスフリーな連休でありました。
そして今日はお酒は控えよう、そうかたく心に決めております。

連休中、イオンのネットスーパーでお願いした国産レモンが届きました。
主人が仕事に没頭している午前中、気楽に焼いたマドレーヌです。

20200923 00008.png

いろいろレシピはありますが、やはり私は『nonnoお菓子百科 』を見て最初に焼いたマドレーヌのレシピがいちばんしっくりくるのです。
生クリームを使うレシピですが、生クリームを省いてバター増量も可というくだりを今更ながら発見してどうしても焼いてみたくなりましたよ。

生憎真っ白な小麦粉やお砂糖を常備しておりませんので、そこは全粒粉とてんさい糖で。
色々気になる点はありますが、バターをたっぷり使った自家製のマドレーヌは納得の美味しさなのです。
型をくるっと返すだけでポロポロと転がるように落ちる型離れの良さにも惚れ惚れ。
やはり松永製作所のマドレーヌ型は偉大です。

20200923 00009[.png





◆松永製作所のマドレーヌ型2枚には少々多めの生地です

  • 無塩タイプの発酵バター 110g
    (50〜60℃の湯せんにかけて溶かし、使うまで保温しておきます)

  • 卵 2個
    (室温に戻しておきます)

  • てんさい糖 110g

  • 全粒粉薄力粉 90g
  • アーモンドプードル 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ2/3
    (合わせてふるっておきます)

  • レモンの皮 1/2個分
  • ブランデー 小さじ1


    型用

  • バター
  • 強力粉




◆作り方

  1. 卵をよくほぐしたところにお砂糖を一気に加え、もったりするまで泡立てます。
  2. レモンの皮をすりおろして加え、泡立てないようそっと混ぜます。
    ブランデーもここで加えます。
  3. ふるった粉類を一気に加え、練らないようさっくりと混ぜ込みましょう。
  4. 保温しておいた溶かしバターも加えます。
    バターが底に沈むので、底からすくうようにして混ぜ込みましょう。
  5. 型には予めバターをぬり、強力粉を薄くまぶしておきます。
    生地を控えめに流し入れたら200℃に予熱したオーブンへ。

    20200923 00011.png

    180℃で15分焼いたら熱いうちに型から出して網の上で冷ましましょう。

    オリジナルは160℃で15分でしたが、主人の好みを考慮して180℃で強気に攻めてみました。
    生地が少々多めでしたので型から溢れるくらいに流してしまいましたが、ま、これも良しと大らかに。

    20200923 00010.png






hsb5-thumbnail2.gif





お昼ご飯で宴会スタート、そんな連休がようやく明けた本日。
あと1日連休が続いたらお酒が嫌いになれたかも。

そして献立に困ったときの太巻き寿司。
ビーツカラーの酢飯が印象的というか貧乏性というか。

20200923 00006.png

我が家ではビーツのピクルス液にはお砂糖を使いません。
お酢とお水を同量、ほんのひとつまみのお塩、それだけです。
ビーツの甘みが強いので、このシンプルなピクルス液で十分美味しく漬かります。
はちみつとお塩をちょっと足して簡略版の寿司酢に。

20200923 00004.png

具はいつものあり合わせ。
あり合わせでも作り置き料理でも、何を巻いてもちょっと豪華に見えてしまうのが太巻き寿司の偉いところ。
大葉、アボカド、薄切り玉ねぎ、お醤油漬けにした長芋、そして生姜を効かせたベジミートそぼろ。

20200923 00003.png

そうそう、ここしばらく蜂蜜を常備していなかったのです。
ちょっと私が使うには値が張り過ぎる蜂蜜を止め、朝のヨーグルトに添える酢レーズンもデーツシロップに頼ることここ数年。

ですがイオンのネットスーパーに届けてもらったマックスバリュブランドの蜂蜜。
もちろんお手頃価格な蜂蜜ではありますが、真っ黒なデーツシロップと比べるとお料理を選ばず使い勝手も上々。
久しぶりに拵えた蜂蜜の甘さも顕著な人参サラダの彩りに目を細めることしばし。

20200923 00007.png





久しぶりに拵えた蜂蜜風味の人参サラダ、お塩の代わりに自家製塩麴を使いましたよ。
千切りにした人参に塩麴をからめてしんなりするまでおき、自然に軽く水気を切ったらレモン汁、蜂蜜、オリーブオイルで和えるだけ。
ローストした胡桃も加えて食感アップ。

20200923 00013.png







作り置き料理と一緒にお弁当箱に詰めて主人の分もあっさり出来上がり。
連休明けは慣らし程度に気楽なお弁当がいちばん。

20200923 00005.png





hsb5-thumbnail2.gif





朝とお弁当の主食が共にご飯の時は本当に楽ちん。
今朝は主人大喜びの卵かけご飯ですよ。

20200923 00002.png

太巻き寿司の具にもしたベジミートそぼろ。
納豆に添えてタレ代わりとしても。

20200923 00001.png





ミンチタイプのベジミートはたっぷりの熱湯で5分ほど戻してから、キッチンペーパーを敷いたザルに移して水を切ります。

冷凍保存してある鶏ガラスープ、たっぷりのおろし生姜、お酒、みりん、お醤油を合わせて煮立て、水を切ったベジミートを加えて水気がなくなるまで炒りつけるだけ。
仕上げに胡麻をたっぷりひねって出来上がり。

ちょっと濃いめの味付けで色々使える優れもの。

20200923 00014.png20200923 00015.png
20200923 00016.png






太巻き寿司に使った長芋の醤油漬け、余ったアボカドもタマネギと一緒に漬け込んでしまいましょ。
これでまた作り置き料理ひとつ追加。






最近気に入って使っております野菜保存袋。
新聞をとっていない我が家では、野菜の保存のため実家から新聞紙をもらうことも多々。
なにか良い手はとGoogleさんに尋ねたところの大ヒット。

イオンさんに届けて頂いたバナナで実験。
違いは明らか。
また我が家の常備品がひとつ増えました。

20200923 00012.png






週末、昨年種を撒いてじっくり育ててきた下仁田ネギの植え替えを終えました。
同じ時期に種を撒いた九条ネギ植え替えはもう少し後で。
今満開のバタフライピーが枯れたら、そこを九条ネギの新たなゾーンにしようかと思っております。

下仁田ネギを掘り起こす際、数株ですが様子見のために九条ネギも掘り起こしてみました。
今週はその九条ネギをお味噌汁の薬味に致しましょう。
イオンのネットスーパーでは茄子の販売が終了し、いよいよ我が家の夏も終了といったところです。




illust-sinple1-thumbnail2.gif







posted by しんさん at 14:22 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

オートミールのクレープ〜レモン風味のアスパラver.

8月生まれなので、先月はお誕生日割引のメールがたくさん届いておりました。
割引だろうと無料だろうと要らないものは要らない、とばかりにほとんどのメールは削除してしまいました。
が、1社気になったのがアイリスオーヤマさんの割引メール。

我が家のフライパン、そろそろ草臥れてきたしなぁ・・・これを機に買い換えようかなぁ・・・

結局はAmazonや他社と価格を見比べ、悩み、有耶無耶になってフライパンの買い換え時期を逃し今に至っております。
そして今朝、フライパンを買い換えなかったことを大変後悔致しました。

20200918 00005.png

今日のお昼はクレープです。
これ、小麦粉も米粉も使っていないオートミールのクレープなのです。
材料はオートミール、卵、豆乳、そしてわずかなコーンスターチ、いわゆるロカボ、低炭水化物クレープです。

オートミールのクレープ生地でシンプルにローストしたアスパラガスをくるりと巻いて。
味付けは自家製の塩レモン、これだけです。

20200918 00006.png

クレープ生地の端っこが何気に破れています。
実はちょっと破れたとかではないのです。
オートミールのクレープ生地、しっかり油をすり込んだものの派手にフライパンにくっついてしまいました。

品薄状態が多分いまだに続いているであろう(お買い物に行かないので状況が分からないのです)オートミール、フライパンにこびり付いた生地をスクレーパーでこそげ取りながら、何故にあの時フライパンを新調しなかったのだろうと非常に後悔致しました。

20200918 00003.png

それでもまぁお昼の分のクレープ生地はちゃんと確保出来たことですし、明日からの連休中にじっくり吟味して使い勝手の良いフライパンを新調したいと思います。

そうそう、肝心なオートミールのクレープ生地、これ、美味しいですよ。
後ほどの画像でもお分かりいただけると思いますが、派手に破れたクレープ生地ですがちゃんとこうして着地しておりますし。
フライパンにくっつく、この点だけを改善すれば大変よく出来た生地だと思うのです。

20200918 00004.png





オートミールのクレープ生地、何より魅力的なのは簡単である点。
前日の夕方に生地を準備し、ひと晩ゆっくり冷蔵庫で生地を休ませてから焼きます。

◆材料(底の直径が約23pのフライパンで3〜4枚分)

  • オートミール 45g
  • コーンスターチ 5g
  • お塩 ひとつまみ
  • 卵 1個
  • 豆乳 200g




◆作り方

  1. 材料を全て合わせてバーミックスで滑らかに撹拌するだけです。
    ラップを密着させ、冷蔵庫でひと晩ゆっくりと休ませましょう。

    早めに冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。

    20200918 00009.png20200918 00010.png
    20200918 00011.png


  2. フライパンを温め、キッチンペーパー等を使ってしっかりとオリーブオイルをフライパンにすり込みます。
    ぬれ布巾の上にフライパンを移していちど冷ましてから、オートミール生地をフライパンいっぱいに薄く均一に流し入れましょう。
    生地が沈殿しているので、焼くその都度しっかり生地を混ぜてからフライパンに流し入れます。

    徐に弱火にかけ、縁がチリッとめくれ上がった感じになるまでゆっくり焼きます。
    派手にくっついてしまいました。

    両面焼くのは危険と判断し、片面だけしっかり焼いて危険回避。
    生地を少しずつ折りたたむようにしながらフライパンからはがします。

    20200918 00012.png20200918 00013.png
    20200918 00014.png


  3. 焼きあがったクレープ生地はひろげて網の上に重ね、冷ましておきましょう。
    その間にアスパラガスの準備。

    アスパラガスを洗い、根本の方から5ミリ幅程度の小口に切りましょう。
    筋っぽさがなくなったところで小口を止め、アルミホイルの上に移します。
    オリーブオイルを少量垂らし、転がしながら全体にしっかりと絡めましょう。

    20200918 00015.png

    180℃のオーブンで10分焼き、粗熱をとっておきます。
    派手に破れて修正不可能なクレープ生地は、明日からの連休中の朝食にしましょう。
    スムージーのトッピングに有効利用します。

    20200918 00016.png

  4. クレープ生地に刻んだ塩レモンをぬり、アスパラガスを巻けば、ハイ、出来上がり。
    黒胡椒を挽いても良かったかな?

    20200918 00007.png

    生地に関しては、我ながら上手く誤魔化したものだとホクホク致しております。
    主人の分はワックスペーパーで包みます。

    20200918 00002.png






il-plants5-thumbnail2.gif





小口に切ったアスパラガスの根本部分。
筋張っているからと言って皮をむいてしまっては、この華奢なアスパラガス、食用部分が大幅に減少してしまいます。

ちょっと小耳に挟んだ情報ですが、アスパラガスは根元部分の方が風味が良いのだとか。
小口に切ってしまえば筋も気になりません。
オーブンで焼いて具沢山なサラダにしましょう。

20200918 00001.png





  1. 小口に切ったアスパラガスの根本部分、人参、オリーブオイル、刻んだアンチョビを合わせて全体をむらなく和えます。
    アルミホイルを敷いた天板の上にひろげてオーブンに移し、180℃で10分弱焼きましょう。
  2. マイタケ、ナッツ類を上に散らし、更に160℃で10分ほど焼きます。
    マイタケにはお片付け料理でもある濃いめに味付けをしたひじきを絡め、軽く味付けをしてあります。
  3. ボールに移し、刻んだドライフィグ、アボカドを加えて和えれば出来上がり。

    20200918 00018.png20200918 00019.png
    20200918 00017.png






il-plants5-thumbnail2.gif





今朝のご飯は冷凍ご飯を解凍して2種盛りに。

新型コロナの影響でキャンセルした東と西のアメリカ旅行、昨日はちょうど帰宅予定の日。
それを悲嘆して昨晩盛大に行われた主人とふたりの残念会。
ちょっと飲み過ぎて今朝はいつもより1時間遅い5時の起床、それでもどうにかなってしまうのが我が家の謎。

20200918 00008.png

豆乳で拵える我が家の定番ふるふるお豆腐は、昨晩の宴会用に拵えたものの予備。
主人が食べるかな?と多めに拵えたのが功を奏しました。






残念会は今宵も開催されます。
・・・確実に飲みたいだけだな。




daisy2-thumbnail2.jpg



posted by しんさん at 13:59 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

アスパラガスとふわふわ卵のサンドウィッチ

9月も半ばを過ぎました。
本来ならば今ごろ帰国直前、最終日のカリフォルニアで最後の手荷物をまとめながら大わらわしている頃合いでしょうか。
リビングのカレンダーに2週間に渡る矢印と共に太字で書かれた『アメリカ』の文字がちょっと切ない。

ニューヨークで観るミュージカルも、レッドソックスvs.ニューヨーク・ヤンキースの試合も、ティファニーの結婚指輪も、のんびり西海岸でレンタカー散策も、すべて無期限の延期となった今。
主人はこれっぽっちも懲りることなく文字通りの目下充電期間中。
はてさて、海外旅行解禁となるのが待ち遠しいやら恐ろしいやら。

さ、本日のお昼はアスパラガスたっぷりのサンドウィッチですよ。

20200917 00005.png

先日焼いたセミドライトマトとペコリーノロマーノの食パン(2020年09月10日 ☆彡)をサンドウィッチ用にスライスして冷凍保存しておきました。
それを昨日のうちに冷蔵庫に移して自然解凍し、今朝はフィリングを準備して仕上げるだけ。
久しぶりに主人のタイマーに起こされ、いつもより30分ほど遅い起床でもちょちょいのちょいです。

フィリングはOWL(アウル)さんで購入した農家さん直送のアスパラガス。
ふわふわの卵と一緒にたっぷり並べます。

20200917 00007.png

ふわふわ卵をアスパラガスの列でサンドし、更にそれをパンでサンド、そんなフィリング重視のサンドウィッチ。
この量のアスパラガスを一気に食べられるなんて、そうそうありものではありませんものね。
爽快です。

20200917 00003.png

ふわふわな卵はノンオイル。
油やバターを使わず、湯せんでのんびりスクランブル状に仕上げます。

生クリームや牛乳を使わずヨーグルトを使用したのは初めてですが、うん、これはなかなか良いですよ。
卵の為だけに牛乳(我が家は豆乳ですが)を開封するのもちょっとね。
1週間分の豆乳ヨーグルトをちょっと拝借で済むのなら、断然こちらが効率的ですもの。

20200917 00004.png

コロコロと並んだアスパラガスが楽しいボリュームサンド。
美味しいうえに食べやすい、そして何より簡単と魅力がいっぱいです。

20200917 00006.png





  1. パンは自然解凍しておきます。

    テフロンコーティングの小鍋に卵、ヨーグルト(我が家は豆乳ヨーグルトです)、エルブ・ド・プロヴァンス、フルール・ド・セル、すりおろしたナツメグを合わせてよく混ぜ合わせましょう。

    食パンは野田琺瑯の容器を型にして焼いております。
    同じ容器にラップを敷いてスタンバイ。

    20200917 00008.png

  2. たっぷりお湯を沸かし、卵液が入った小鍋を湯せんにかけましょう。
    お湯を沸々と煮立たせながら、湯せんでゆっくり卵に火を通します。
    常に混ぜている必要はありません、ゆっくりそっと折を見ては混ぜ、鍋底にスパチュラの跡が残る程度にまで火を通したら火からおろして予熱でほろりと火を通します。

    容器に敷いたラップに移して包み、お湯に容器ごと浮かべて粗熱をとりつつ形を安定させましょう。

    20200917 00009.png20200917 00010.png
    20200917 00011.png


  3. 卵の粗熱をとる間にアスパラその他の準備を。
    食パンには室温に戻しておいた発酵バターとマスタードをぬっておきます。

    アスパラは筋張った根本部分から5ミリ強の小口に切っていき、筋感がなくなったところでお鍋に入る長さに切りそろえましょう。
    圧力鍋に極々少量のお水を沸かし、ザルに入れたアスパラをザルごと移します。
    加圧直前に火を止めて1分ほど蒸らせば、艶やかな蒸しアスパラの出来上がり。

    20200917 00012.png

  4. 食パンの上にアスパラを並べましょう。
    本来ならばアスパラに多少の塩味等欲しいところでありますが、食パンにたっぷりペコリーノロマーノを使ってあります。
    塩味はパンのチーズで十分です。

    20200917 00015.png

    並べたアスパラの上に卵をのせ、更に卵の上にもアスパラを並べましょう。

    20200917 00014.png

  5. ぴったりとラップで包んでしばらくおき、パンと具がなじんだらラップを外してワックスペーパーで包みなおします。
    ワックスペーパーごと2等分して出来上がり。

    20200917 00013.png






table_s.gif





小口に切ったアスパラガスの根本部分、もちろん捨てたりなど致しません。
こちらのアスパラガス、華奢なので根本部分も皮をむかず細かめに刻んで余すことなく頂いております。

昨日は筋張った根本部分をかき揚げに致しました。
今日はスープ、アスパラガスとお豆腐のポタージュです。

20200917 00001.png

本来ならばマイタケなどキノコ類も使いたかったのですが、せっかくのアスパラの綺麗なグリーンが損なわれてしまいそうでしたので。
お豆腐と押し麦でもったり感を演出します。




  1. 圧力鍋にオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎを合わせてじっくり炒めましょう。
    ここに小口に切ったアスパラの根本部分を加えてなじませ、スープストック、押し麦を加えて加圧すること2〜3分。
  2. 圧が抜けたら蓋を開け、白味噌・お豆腐を加えてバーミックスで滑らかに撹拌します。
    豆乳でのばし、お塩と極少量のオイスターソースで味を調えます。

    器に盛り、冷凍枝豆を莢から出して蒸しアスパラと共にトッピング。
    フェンネルパウダーをふり、オリーブオイルをちょと垂らして出来上がり。

    20200917 00016.png20200917 00017.png







table_s.gif





今朝の主食は圧力鍋で炊く炊き粥です。
ほんの数分の加圧を2〜3回、じっくり蒸らせばそれだけで十六雑穀、もち麦、押し麦を炊き込んだとろり炊き粥が完成です。

昨日拵えたアスパラの軸部分のかき揚げ、まとまらずバラバラになってしまった失敗作をトッピングに。

20200917 00002.png

お粥に揚げ物?
いえいえ、中華粥に添えてある・・・あの?何?主人が大好きな揚げたお麩みたいな・・・油条?油条っていうの、あれ?

ちょっと分かりませんが、ひと口もらって食べたら美味しかったもの。
かき揚げにほんのちょっとお醤油をたらしてお粥の上にトッピング。
あっさり食べるのがお粥だと思っていたら驚きますが、お粥に油もの、美味しいのです。





アメリカ旅行最終日のはずだった本日。
主人の提案で今宵は残念会です。
シルバーウイークに続く明日の金曜日を前に、我が家では長期宴会が始まるようですよ。

間もなく帰宅途中で美容院に寄った主人が帰宅します。
宴会に向けてまっしぐら、初日の今日は日本酒ですよ。


2018-06-27T13_23_19-52bb8-thumbnail2-1d2f8-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 14:58 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする